VAT納税者のステータスを変更する際の商品のVAT修正

サービス税

起業家は、VAT免税の対象となる販売制限を超えたため、年間を通じてVATについて報告することがよくあります。このような登録により、商品のVATが調整される場合があります。仮払消費税の修正はどのようにすればよいですか?中間在庫として表示しますか?商品のVAT修正がどのように表示されるかを確認します。

いつVATに登録する必要がありますか?

会社の登録は通常、アクティブなVAT納税者として登録する即時の義務とは関係ありません-売上高によるVAT免税を利用することが可能であり、制限は現在年間200,000PLNです。年度中に営業を開始した場合、限度額は適切な割合で計算されます。アートで。 113段落。 VAT法の13には商品とサービスが記載されており、その販売は、達成された売上高に関係なく、VATに登録する義務を意味します。

起業家が自発的にVATに登録することに対する禁忌はありませんが、その芸術に留意する必要があります。 VAT法の43には、VATが免除される商品とサービスのリストが含まれています。このタイプの販売では、VAT免税を適用する必要があります。

非VAT納税者をVAT納税者に変換する

年間200,000ズウォティの販売制限を超えた場合、起業家はVATに報告する義務があります。有効なVAT納税者として登録するには、税務署にVAT-Rフォームを提出する必要があります。

芸術に基づく免税の権利を失った納税者。VAT法第113条は、VAT免税活動に使用する目的で取得された商品、つまりこの免税の恩恵を受けながら購入され、実際に課税活動の遂行にすでに使用されている商品、つまり負けた後の物品に対する仮払消費税を修正する権利があります。 VATの免税を受ける権利。

アート91秒VAT法の7:
「段落の規定1-6は、納税者が使用する商品またはサービスに対する仮払消費税の全額を控除する権利を有し、そのような減税を行った場合、またはそのような権利を有しなかった場合に、必要な変更を加えて適用するものとします。 、そして、その商品またはサービスに対する仮払消費税の額によって、税額を減らす権利が変更されました。」

決済モードを免税納税者から有効VAT納税者に変更する際の商品のVATの修正

VAT修正は、商品または原材料、および会社の株式に含まれる材料に適用されます。これらは、アクティブなVAT納税者として登録された後、課税対象の販売に使用されます。

商品のVAT修正は、フィールド「」のVAT-7申告に1回表示されます。他の買収に対する仮払消費税の修正」控除可能なVATの金額で。この調整は、商品や材料の使用目的が変更された課税期間、つまり納税者がVAT免除の権利を失ったときに提出された納税申告書で行われます。

商品のVAT調整-中間在庫として表示されますか?

現在、課税年度中にアクティブなVAT納税者として登録している起業家は、在庫を準備する必要はありません。商品や材料の仮払消費税を控除するには、VATを修正するだけで十分です。

ただし、納税者が自主的に中間在庫を作成し、それに基づいて商品のVAT調整を行うことに対する禁忌はありません。

紐を付けずに30日間の無料試用期間を開始してください!

アートに準拠。 29秒1納税者は、実地棚卸に含まれる資材および商品を、購入価格または取得価格、または在庫日からの市場価格で、購入価格または取得価格よりも低い場合は評価する義務があります。半製品(半製品)の在庫、完成品および自家生産の不足は製造原価で評価され、活動の過程で使用中に本来の価値を失ったユーティリティ廃棄物は、結果として生じる価値で評価されます。さらなる使用への適合性を考慮した推定から。

仮払消費税調整とPIT

仮払消費税は、起業家が商品やサービスに対する課税を免除される商品を生産または再販または提供するために、VAT免除または購入した商品やサービスの恩恵を受ける場合の税控除可能な費用です。仮払消費税の修正が準備されているため、以前は費用に含まれていたVATは、収支の税務台帳に適切に記録する必要があります。

起業家が以前の会計期間にこの税金を控除する権利がなく、税金費用に含まれていた商品のVATの修正は、一部の控除されたVATの金額だけ現在の収益を増やす必要があることを意味します。税金が以前に控除されていたもの。税金控除可能な費用に含まれています。

例としてPKPiRに税の修正と記録を入力します

例1。

2019年10月に靴屋を経営しているアネタさんは、VATの個人免除の対象となる販売制限を超えたため、アクティブなVAT納税者として登録しました。起業家は、VAT免税の過程で購入した商品を持っており、アクティブなVAT納税者として登録した後に販売されます。

適用される規制に従い、アネタ女史は、VAT免除活動に使用する目的で取得され、課税活動の遂行に使用された商品に関連する税金を修正する権利を有します。訂正は、アネタさんがVAT免税の権利を失った期間、つまり2019年10月に提出されたVAT-7宣言に示されている必要があります。

一方、付加価値税を免除された事業を営むアネタさんは、総収入と支出の税務台帳に商品の購入を示したため、VATの金額は商品の仮払消費税の修正に含まれていました。税金費用に含まれるものは、活動からの収入を構成します。収益は、2019年10月のVAT-7申告の提出日に認識され、PKPiRに含まれる必要があります。

概要

要約すると、課税年度中にVAT免税が失われると、起業家は商品のVAT調整を行うことができ、同時に中間在庫を準備する義務がなくなると言えます。ただし、以前は税金費用に含まれていたVAT修正の結果として差し引かれる税金は、営業利益としてPKPiRに開示する必要があることに留意する必要があります。