年明けの収益調整-本での認識

サービス税

事業体の事業の過程で、収益の調整を必要とする可能性のある状況が存在する可能性があります。このような事象は、税法および企業の会計に関連する規制の両方に基づいて特定の影響を及ぼします。以下の記事では、会計記録で年明けの収益調整をどのように認識するかについて説明します。

貸借対照表法における歳入修正の原則

最初に、会計法の規定は、税法の規定とは異なり、年の変わり目にどのように歳入を調整すべきかという問題に直接対処していないことを指摘しなければなりません。

ただし、企業は会計法に起因する一般規則が維持されていることを念頭に置く必要があるため、このような調整を行うことができないという事実は変わりません。

そして、アートに従ってそれを示すことができます。 6秒上記の1法の規定では、企業の会計帳簿には、支払日に関係なく、特定の会計年度に発生した、それに起因するすべての収益と、これらの収益に関連するコストを含める必要があります。

また、アートに準拠。 42秒法第2条では、営業成績は、補助金、割引、リベート、その他の増減を含む、製品、商品、材料の販売による純収入の差です。ただし、付加価値税や売上高に直接関連するその他の税金は除きます。およびその他の営業収益および販売された製品、商品および材料の価値は、製造原価または購入または購入価格で評価され、一般管理費、製品、商品および材料の販売、およびその他の営業費用の合計により増加します。会計年度。

しかし、それはアートの内容から続くように。 20段落会計法第1条では、この報告期間中に発生した各イベントは、報告期間の会計記録に入力する必要があります。

上記の規制に照らして、前年度に関連し、財務諸表の作成日までに発生した収益の調整は、収益が発生した会計年度の帳簿に認識されるべきであり、日付ではありません。調整を引き起こしたイベントの(例えば、修正請求書の発行日)。 収益の修正が必要なイベントは、収益の修正が発生した会計年度の帳簿に記録する必要があります。この規則は、企業の財務諸表の作成前にイベントが発生した場合に適用されます。

企業の財務諸表の作成後の収益調整

財務諸表が作成された後に収益調整を正当化するイベントが行われる場合、わずかに異なる規則が適用されます。

アートに従ってそれを思い出してみましょう。 52秒会計法第1条では、事業体の長は、貸借対照表日から3か月以内に年次財務諸表の作成を保証し、適用される法規制、法令の規定に従ってそれらを管轄当局に提示します。または契約(COVID-19の流行の状態により、この期間は2020年に延長されました)。

財務諸表の作成日以降に所得調整の必要性を生じさせる事象が発生する状況は、アートに記載されています。 54秒会計法の1。

この規定の文言は、年次財務諸表を作成した後、承認前に、企業が財務諸表に重大な影響を与える、または企業の継続企業の前提を引き起こす事象に関する情報を受け取った場合、それは正当化されないと述べています。それに応じてステートメントを修正する必要があります。同時に、関連する会計年度の会計帳簿に適切なエントリを作成し、レポートを監査または監査した法定監査人に通知します。貸借対照表日以降に発生した事象が貸借対照表日現在の状況を変更しない場合は、適切な説明が注記に含まれています。

この場合、貸借対照表と税収に差があります。つまり、繰延所得税に影響を与える一時的な差に対処しているということです。 収益調整の原因となる事象が財務諸表の作成日以降に発生した場合、企業は同時に作成された財務諸表に変更を導入し、これらの財務諸表が参照する年度の会計帳簿に適切な記入を行う必要があります。

企業の財務諸表の承認後の収益の調整

別のケースは、財務諸表の承認後に収益を調整する必要があることを示すイベントが発生した状況に関係している可能性があります。

アートに準拠。 53秒会計法の1、パラグラフの対象となる企業の年次財務諸表。 2Bは、貸借対照表日から6か月以内に承認機関によって承認されるものとします。

アートから明らかなように。 54秒上記2法の規定により、企業が年次財務諸表の承認後にこれらの財務諸表に重大な影響を与える事象に関する情報を受け取った場合、その影響は情報を受け取った会計年度の会計記録に認識されます。 収益調整の原因となる事象が財務諸表の承認日以降に発生した場合、企業はこの事象を当会計年度の勘定で認識する必要があります。

税法における年明けの歳入の改正

比較のために、税法の下で歳入がどのように調整されるかを考えてみましょう。アートになります。 12秒CIT法と芸術の3j-3m。 14秒PIT法の1m–1p。

規則によれば、所得修正が会計上の誤りまたは他の明らかな誤りによって引き起こされない場合、それは、修正請求書が発行された決済期間に達成された収入を増減することによって、または請求書がない場合に行われます。 、訂正の理由を確認する別の文書。上記の課税期間において、納税者が歳入を達成していない場合、または歳入が減額額を下回っている場合、納税者は歳入が減額されていない額だけ税控除可能な費用を増額する義務があります。

例1。

納税者は12月に請求書を発行しました。 1月に、彼が誤って商品の間違った価格を入力したことが判明したため、修正請求書を発行する必要がありました。この場合、修正は12月、つまり元のイベントが発生した期間に起因する必要があります。

例2。

納税者は12月に請求書を発行しました。 1月に、彼は購入者に割引を与えることを決定しました。その結果、修正請求書を発行する必要がありました。この状況では、修正は継続的に、つまり1月まで適用する必要があります。

税法は、会計規則とは異なり、年の変わり目に収入を調整するための規則を明示的に指定し、調整システムを修正の必要性を引き起こす理由に依存させます。基本的に、請求エラーやその他の明らかなエラーが原因ではない場合は、修正請求書が発行された会計期間に獲得した収益を増減することによって修正が行われます。 実行された分析を要約すると、会計規則の文脈において、年の変わり目に収益調整を認識する原則は、このイベントが発生した瞬間に依存することを示すことができます。このような状況が報告書の承認前に発生した場合は、報告書が作成された会計年度の帳簿に記録する必要があります。一方、報告書の承認後に状況が発生した場合は、現在の会計記録に含める必要があります。