居住証明書のコピー-いつ使用できますか?

サービス税

長年にわたり、税務上の居住証明書のコピーの所持は、税務当局と市民の間の論争の対象となってきました。所得税法の規定の改正により、納税者は居住地のコピーを簡単に使用できるようになります。税務上の居住証明書とは何ですか?どうしても原本を使う必要があるのはいつですか?また、在留証明書のコピーで十分なのはいつですか?この記事で調べてください!

居住者証明書の定義

居住証明書は、納税者の​​居住地の州の管轄税務当局によって発行された、税務上の居住地の証明書として理解されるべきです。言い換えれば、それは彼の税務上の居住国についてです。納税者の場合、法人所得税に関する限り、居住証明書は、納税者の​​居住地の州の管轄税務当局によって発行された、税務上の納税者の居住地の証明書として理解されます。住居。
上記の定義に照らして、居住証明書は、この文書を提出する人(または提出するエンティティ)が特定の州で無制限の納税義務の対象となる証明書を構成することを認識しておく必要があります。

在留証明書の国際モデルはなく、ポーランドの支払人は受け取った証明書の内容に影響を与えません。ただし、居住証明書の目的は、非居住者が所得を得て源泉徴収税が発生した時点で居住地を確認することであることに注意してください。

居留証明書の有効性

アートの規定から。 26秒1i – 1l PDOP /アート。 41秒9a-9d PDOFは、次の場合に続きます。

  • 一定期間発行された税務上の居住証明書の場合、納税者の​​居住地の州の管轄税務当局によって確認された期間のみ有効です(この期間中は、発行日、同様に2016年8月23日の解釈では、IBPB- 1-2 / 4510-737 / 16-1 / AP);
  • 納税者(すなわち外国の事業体)の税務上の居住地は、その有効期間を含まない居住証明書で文書化されており、納税者(すなわちポーランドの事業体)は、発行日から次の12か月。
  • 居住証明書の発行日から12か月以内に、納税者の​​税務上の座席の場所が変更された場合、納税者は新しい居住証明書を使用して税務上の座席を直ちに証明する義務があります。新しい居住証明書は、別の有効期間がない限り、12か月間有効です。

例1。

外国の請負業者は、ポーランドの会社に英国での居住地を確認する証明書を送付しました。外国の取引相手の居住を確認する期間を示すものではありません。英国の税務当局は2019年4月20日に証明書を発行しました。外国の請負業者への支払いのためのポーランドの会社は、4月20日から定額所得税率を下げるか、税金を徴収しないために居住証明書を適用することができます。 2019年から2020年4月19日まで。 居住地の文書化は、支払いの前後の両方で行うことができます。ただし、支払い後に証明書を取得する場合は、支払いが行われた期間の居住地を証明する必要があります。

居住証明書または原本のコピー

該当する規則に従い、2018年12月31日まで、二重課税の回避に関する関連協定の規定に従って優遇税率または免税を適用するには、元の居住証明書が必要でした。 。居住者証明書の電子形式の使用は、証明書が外国の納税者の所在地の国の税務当局によってこの形式で発行された場合に可能でした。

原則として、ポーランドの支払人は外国の請負業者に元の居住証明書を要求する必要があります。外国文書の合法化に関する規則で義務付けられている場合は、アポスティーユのスタンプが付いた居住証明書の証明されたコピーを提出することが許可されています。この慣行は一部の税務当局によって疑問視されていることに注意する必要があります(2018年5月23日のKIS局長、No。0114-KDIP2-1.4010.191.2018.1.Jの解釈を参照)。

2019年1月1日から支払人は、特定の種類の債権に対する源泉徴収税を徴収する際に、納税者の​​居住者証明書のコピーを含める権利があります。以前の法的状態では、居住者証明書のコピーを使用することは不可能でした。これは、FacebookやMicrosoftなどの大企業から価値の低いサービスを購入する際の問題でした。その結果、ウェブサイトに掲載されている外国企業の居住者証明書を取得しても、源泉徴収税の免除や源泉徴収税率の引き下げは発生しませんでした。

証明書のコピーを適用できるサービスのディレクトリ

税務上の居住証明書のコピーを使用するという導入された可能性は、ポーランド共和国の領土に登録事務所または管理者を持たない事業体によってポーランド共和国の領土で支払われる選択された収入に適用されます。ただし、簡略化はアートに示されているもののみを対象としていました。 29秒PIT法と芸術の1ポイント5。 21秒CIT法の1ポイント2a。定額所得税を徴収しない、または居住者証明書のコピーをお持ちの場合は優遇税率で徴収することができる債権のカタログがあります。これには、給付金の売掛金が含まれます。

  • アドバイザリー、
  • 会計士、
  • 市場調査、
  • 法律サービス、
  • 広告サービス、
  • 管理と制御、
  • 情報処理、
  • 従業員の採用および人材調達サービス、
  • 保証と保証と
  • 同様の性質の利点。

他のタイトルからの撤退の場合は、元の居住証明書が必要になります。

例2。

ポーランドの会社は、関連する外国の会社とローン契約を結んでいます。 2019年5月のローン返済に支払われる利息の額は6,000ズウォティです。税務上の居住証明書のコピーを使用するために立法者によって作成されたカタログに利子が適合しないという事実のために、会社は、関連する合意から生じる優遇定額所得税率を適用するために二重課税を回避するために、元の外国請負業者の居住証明書を所持する義務があります。

紐を付けずに30日間の無料試用期間を開始してください!

居住証明書のコピーを使用するための制限

居住者証明書のコピーを使用するための追加条件は、上記の売掛金がポーランドに場所または登録事務所を持たない人によって達成された状態、および同じエンティティへの支払い額であることに注意する必要があります。売掛金は暦年で10,000PLNを超えませんでした。提出された居住者証明書から得られた情報が事実の遵守に疑いを生じさせない状況では、居住者証明書のコピーを使用する可能性があります。さらに、暦年で10,000ズウォティの制限を超えると、居住者の元の証明書を取得する必要があります。

例3。

ポーランドの会社は、購入した法律サービスに対して海外の売掛金を支払います。 2019年1月から3月まで、同社は8,000ズウォティに相当するサービスの購入費用を負担しました。 4月の外国請負業者への支払いについては、会社は定額所得税の徴収を免除するために居住者証明書のコピーを使用する権利がありました。 2019年5月、同社は同じ事業体から7,000ズウォティの法律サービスを購入しました。上記のサービスの支払いは、居住者証明書のコピーの使用に対して10,000ズウォティの制限を超えます。外国企業の元の居住証明書がない場合、ポーランドの納税者は、ポーランドの所得税法に基づく定額の所得税率、つまり20%を適用する義務があります。