IDの税務監査-それは可能ですか?

サービス税

事業を営む際には、税務監査を考慮に入れる必要があります。それは税務署の職員によって実行されます。主に、税務署との納税が正しく行われているかどうかを確認することです。 IDの税務調査は可能ですか?

税務監査中の納税者の権利

原則として、納税者は税務監査を開始する意図を通知されるべきです。税法の規定は、税務当局がそうしない場合の例外を規定しています。このような状況では、検査を開始した後、そのような通知を受け取らなかった理由が通知されます。

検査は、検査を開始する意思の通知が届いた日から7日以上30日以内に開始するものとします。 7日が経過する前に検査を開始するには、あなたの同意または要求が必要です。

通知の配信日から30日以内に検査が開始されない場合、検査の開始には別の通知が必要です。

例1。

納税者は、3月12日に検査を開始する意向の通知を受け取りました。検査官は4月12日まで検査活動を開始しませんでした。したがって、納税者を管理できるようにするために、税務当局は管理の開始の新しい通知を発行する必要があります。

ほとんどの場合、税務調査は、検査対象者に実施許可を渡し、実施者からサービスカードを提示することによって実施されます。このような検査を実施する許可には、その期間中の検査対象者の基本的な権利と義務に関する注記が含まれます。

管理された権利

税務監査は、被管理者の一連の義務だけではありません。その間、彼には多くの力があります。それらは、制御が適切に実行されることを保証するためのものです。さらに、法律は、管理対象エンティティによる管理活動への参加を保証することです。査察への参加は、証拠の取得、申請書の提出、および税務当局の職員への問題に関する彼らの立場の提示について意見を表明する可能性を保証します。検査中、納税者は実際の弁護士によって代表される場合があります。

アートに含まれる検査中の一般的な行動規則。税法の120〜129-以下、税法と呼びます。

  1. 検査に積極的に参加する権利(税法第285条第1項)。

  2. 証拠手続に参加する権利(税法第188条および第190条)。

  3. 被支配者にその権利と義務について通知する(税法第283条第2項第8項)。

  4. 検査実施許可の提示(税法第284a条)

  5. 管理の任意の段階で事件ファイルを検討する権利(税法第178a条)。

  6. 証拠の取得を要求し、説明を提供する権利(税法第188条)。

  7. 証拠手続における除外は、当局の従業員が公平でないことが証明された場合に最も頻繁に適用されます(税法第130条)。

  8. 執筆の原則(税法第126条)。

検査官の責任

検査を開始する検査官も適切な方法で行動する必要があります。とりわけ、それは行きますだいたい:

  1. 検査を開始する意図について通知する義務(税法第282b条)。

  2. 当局の従業員が検査を開始し、検査活動を行う際に身元を証明する義務(税法第284a条)。

  3. 被支配者または被支配活動が行われた者に、被支配中の権利と義務について通知する義務(税法第283条第2項第8項)。

  4. 被支配者またはその権限を与えられた者の立会いのもとで検査活動を行う義務(税法第285条)。

  5. 被検査者の座席または事業活動の場所で、労働時間中または被管理者による経済活動の実際の実施中に検査を実施する義務(税法第285a条)。

  6. 効率的な方法で活動を行い、おそらく管理された起業家の機能を妨げない義務(起業家法第52条)。

  7. 起業家の管理簿に記入する義務(起業家法第57条)。

紐を付けずに30日間の無料試用期間を開始してください!

IDの税務監査

例外的なケースでは、税務監査はいわゆるID。この場合、事前の通知や正式な承認は必要ありません。税務調査は、財政違反または税務違反に対抗するため、またはその委員会の証拠を確保するために検査活動が必要な場合に、検査対象者に公式の身分証明書を提示することで開始できます(税法第284a条第1項を参照)行為)。

重要なのは、IDチェックの場合、納税者またはその代理人が不在の場合でも、IDチェックを実行できることです。このような状況では、検査を受けた従業員にサービスカードを提示したとき、または引用された証人の面前で開始される場合があります。この法律は、アートの意味の範囲内で、一般の人々に奉仕することを目的とした企業の敷地内で活動的な人物と見なされる可能性のある従業員を規定しています。民法の97。

IDカードで検査が開始されると、納税者には次のような特定の権利が制限されます。

  • 同時に起業家の活動の複数の制御を行うことが可能です、

  • コントロールの期間に制限はありません、

  • 起業家法に違反して、管理活動の実施と実行に異議を唱えることはできません。

「身分証明書で」税務調査を開始する場合は、検査開始日から3日以内に納税者または権限のある人に承認を提出する必要があります。 要約すると、IDチェックは特別な状況でのみ開始できます。この場合、納税者には特定の権利が制限されています。ただし、検査官は開始から3日後に検査許可を提出する必要があります。実際には、それらはあまり頻繁には発生しません。