管理契約と商品およびサービスに対する税金

サービス税

経済慣行では、管理契約は、管理者が報酬に対して、クライアントの企業の管理を恒久的に行使することを約束する大陸法契約であると想定されています。委任事項の規定は、サービス提供契約としての管理契約に応じて適用されるものとします。

VATの対象となるものは何ですか?

アートに準拠。 5秒商品およびサービスに対する課税に関する2004年3月11日の法律の1ポイント1、以下、VAT法、上記の課税税金は、国内の領土内での商品の有料配送とサービスの有料提供の対象となります。

冗談で。 7秒VAT法の1は、アートで言及されている商品の配達を通じてそれに従います。 5秒1は、所有者として商品を処分する権利の譲渡を意味します。

アートに準拠。 8秒アートで言及されているサービスの提供によるVAT法の1。 5秒1ポイント1は、自然人、法人、または法的な人格のない組織単位に提供されるサービスとして理解され、芸術の意味での商品の供給を構成するものではありません。 7、含む:

  1. 法的取引が行われた形式に関係なく、無形資産への権利の譲渡。
  2. アクションの実行を控える義務、またはアクションや状況を容認する義務。
  3. 公的機関またはその代理として行動する団体の命令または法律から生じる命令に従ったサービスの提供。

サービス提供の概念は非常に広い範囲を持っています。それらは、行動すること(行う、他の人の利益のために何かをすること)と行動しないこと、行動することを控えること(しないことまたは容認すること)の両方からなる可能性のある行動として理解されるべきです。サービスとしての規定の性質を評価する場合、商品およびサービスに対する課税に関する法律には、サービスのグループに、そのアートに従った供給ではない規定が含まれていることに留意する必要があります。 7.ただし、本サービスは、金銭的利益の恩恵を受ける直接の消費者、サービスの受領者が存在するサービスのみであることに注意する必要があります。

したがって、この活動は、義務契約に基づいて行われる場合にのみ課税され、取引の当事者の1人がこの活動の直接の受益者と見なされる可能性があり、受け取った支払いと支払い当事者への利益との関係は、この利益の見返りに支払いが行われていると言えるように、直接的かつ明確であること。

アートの意味の範囲内で配信を構成するすべてのアクティビティではありません。法第7条は、商品およびサービスに対する課税の対象となります。特定の活動がこの税で課税されるためには、そのパフォーマンスに関連して、付加価値税の納税者であるエンティティによって実行される必要があります。

経済活動-VAT

アートに準拠。 15秒VAT法の1では、納税者は法人、法人格のない組織単位、およびパラグラフで言及されている経済活動を独立して実行する自然人です。 2、そのような活動の目的や結果に関係なく。

パラグラフに従った経済活動上記の記事の2は、天然資源や農民を取得する事業体を含む、生産者、貿易業者、またはサービスプロバイダーのすべての活動、およびフリーランサーの活動をカバーしています。

経済活動には、特に、商業目的での継続的な商品または無形資産の使用からなる活動が含まれます。

次に、アート。 15秒VAT法の3ポイント3は、パラグラフで言及されている独立した経済活動について規定しています。 1、以下の活動は考慮されないものとします。

  1. 収益がアートに記載されているもの。 12秒個人所得税に関する1991年7月26日の法律の1-6。
  2. 収益がアートに記載されているもの。個人所得税法の13ポイント2-9、これらの活動の遂行により、これらの者が、これらの活動の遂行を命じる者との間に法的関係を生じさせる法的関係により、これらの活動の遂行を命じる者と関係がある場合これらの活動を実行するための条件、報酬、および第三者に対してこれらの活動を実行するための注文者の責任に関して、活動および注文された活動を実行する者。

したがって、アートで。 15秒VAT法の3ポイント3は、自然人によって行われる特定の活動が独立した経済活動を構成せず、したがって付加価値税法の規定の範囲外にあることを認識するために、すべてを満たすことが重要であるということです。この規定に記載されている要素、つまり、条件に関して、注文者と注文された活動を実行する人との間に法的関係を作成する法的関係を持ってこれらの活動を実行するように請負業者を注文者に拘束する:

  • これらの活動を実行し、
  • 賃金と
  • 第三者に対してこれらの活動を実行するための注文当事者の責任。

したがって、上記の場合自然人が行う活動の条件は、独立した経済活動の一部として行われる活動とは見なされないものとします。

紐を付けずに30日間の無料試用期間を開始してください!

管理契約-課税

マネージャーと会社の間の管理契約は、マネージャーをVAT納税者と見なすことができないように、3つの条件を満たす必要があります。同時に、それらのいずれかを満たさないということは、マネージャーがVAT納税者として行動することを意味します。したがって、私たちは常に署名された契約を分析する必要があります。

経済慣行では、管理契約契約は、上記の条件を満たすように構成されています。

上記は、契約の適切な準備があれば、VATの対象とならないことを意味します。

これは、2017年10月6日の財務大臣の一般的な解釈番号PT3によって確認されています。 2017年11月8日:
付加価値税法に基づき、特定の会社を経営する者の報酬を決定する原則に関する法律の規定に関連して締結された契約に基づいて取締役会のメンバーによって提供される経営活動(サービス)の資格アートで指定された収入源に含まれている収入のアカウント。個人所得税法の13ポイント7」.