負債の補償-それは何であり、それをどのように実施するのですか?

サービス

請負業者間の負債の決済は、現金および非現金決済によって実行される場合があります。非現金決済の方法は、負債の移転と補償です。カウンターパーティはいつ負債を相殺することを決定しますか?それは常に可能ですか?

負債の補償-パフォーマンスの条件

カウンターパーティが負債を相殺することによって解決することを決定する場合、それらはお互いに負債と債権を持たなければなりません。つまり、彼らは債権者と債務者の両方でなければなりません。これは、負債の補償が債権の並行償却であるという事実によるものです。重要なことに、このタイプの決済は、請求書に含まれている支払い方法ではありません。

負債の補償には2つのタイプがあります:法定補償-民法(民法第498条)によって規制され、契約補償-その基礎は請負業者間の契約の条項であり、その条件は自由に決定されます。

法定補償

両当事者が関連する宣言を行う限り、法定補償は可能です。この宣言は、自主的な書面または口頭によるものである可能性があり、その結論を確認するための唯一の要件は、各当事者に到達することです。

民法第498条
§1。2人がお互いに債務者と債権者の両方である場合、両方の請求の対象が金銭または同じ品質のものである場合、それぞれが相手方の請求に対して請求を相殺することができます。種、および両方の請求は期日であり、裁判所または他の州当局に提起される可能性があります。
§2。相殺の結果として、両方の請求は、より低い請求の金額まで互いに償還します

契約上の補償

アートによると。民法第498条では、契約上の相殺が可能です。

  1. 満期を迎えた債権、すなわち、契約で指定された債務返済期間が満了した場合、

  2. 延滞債権-制限期間の前に債権を相殺することが可能であった場合、

  3. 添付債権-債務者が添付前に債権者の債権者になった場合のみ。控除は、金銭的請求または同等の価値のあるものにのみ適用されます。

この手続きに基づく債務の補償は、以下の場合には実行されない場合があります。

  • 未熟な主張、

  • 延滞債権(上記以外の場合)

  • 差し押さえられた請求(上記以外の場合)、

  • 自給自足手段の提供に関する主張、

  • 不法行為から生じる売掛金、

  • 個別の規定に基づいて相殺から除外された債権。