ZUSはいつ事業活動を管理しますか?

サービス事業

社会保険機関は、従業員による病気休暇の正しい使用だけでなく、事業活動の実施も管理する場合があります。事業運営の管理はどの起業家にも適用される可能性があり、ZUSが社会保障給付(例:疾病給付または出産給付)を受け取るという文脈で実際に事業を運営する意図について疑問がある場合に最も頻繁に実行されます。 ZUSはいつ事業活動を管理しますか?

ZUSは社会保障の義務を管理します

検査を実施するZUSの権利は、アートの提供に起因します。 86秒社会保険制度法第1条及び第2号。問題の規定は、社会保険機関(ZUS)が社会保険に関連するタスクと義務の履行を管理していることを示しています。パラグラフで参照されているコントロールのタイプのカタログ。条項の2は模範的なものです。ZUSは、社会保障に関連している場合、企業運営の他の側面に関して検査を実施することもできます。

アートの提供。 86秒社会保険制度法第1条および第2条
拠出金支払人による社会保障の分野での任務と義務の履行は、研究所の管理検査官によって監視されています。
2.コントロールには、特に次のものが含まれる場合があります。
1)社会保険への報告。
2)保険料およびその他の保険料の計算、控除、支払い、および研究所が徴収する義務のある支払いの正確性と正確性。
3)社会保障給付の受給権とこれらの給付の支払いを決定し、この口座で決済を行う。
4)退職および障害給付の申請書の正確かつタイムリーな準備。
5)社会保険の目的で証明書を発行するかデータを報告する。
6)拠出金の支払いに伴い、延滞している拠出金支払人の資産を検査する。

事業活動管理を開始するための基礎として、社会保険機関は最も頻繁に「社会保険給付の資格を確立する」ことを示します。 ZUSは通常、社会保険基金から利益を得るために事業活動の開始が偽造された疑いがある場合、特に起業家が高い貢献基盤を宣言し、設立直後に利益の使用を開始した場合に、このタイプの管理を行います。仕事。

コントローラーの権利、起業家の義務

社会保険制度に関する法律の規定に従い、ZUSの検査官は以下の権利を有します。

  • 起業家が事業を行うために使用する敷地内に自由に立ち入り、移動する。

  • 管理の範囲に関連するすべての帳簿および文書(財務および会計文書、個人文書、およびその他の情報メディアを含むが、実施された管理のみに関するものを含む)へのアクセスおよび検査-管理者は、ビジネス秘密を含む他の文書にアクセスできないようにする必要があります);

  • 検査を実施する。

  • 収集された証拠を確保する。

  • 身元を確認するための個人の識別(実施された管理の目的で必要な場合のみ)。

  • 証人を聞く;

  • トレーダーへのインタビュー。

起業家(寄付金の支払人)は、検査活動の後、いくつかの状況がまだ説明されておらず、問題の検査に関連している場合にのみインタビューを受けることができます。

原則として、ZUS検査は過去5年間の文書を対象としています。起業家は、事業を営む際に、社会保険に関連するすべての文書(申告書や報告書など)をそのような期間保管する必要があることを覚えておく必要があります。

管理された起業家の義務は、検査官の権利に対応します-起業家は以下を義務付けられています:

  • 実施された管理に関連するすべての帳簿、文書、および情報キャリアを利用可能にする(たとえそれらが第三者によって保管されている場合でも-例えば、会計サービスを提供するオフィス);

  • 検査に利用できる資産を作る。

  • 文書のコピーを無料で作成する。

  • 提出された文書の翻訳を外国語で作成して提示する。

  • 制御を実行するための条件を確保する(例:通信手段へのアクセス);

  • 説明を提供します。

検査活動を開始する検査官の義務は、ビジネスIDカードと承認を提示することです。認可には、社会保険制度に関する法律に示されているデータ、特に検査官のデータ、検査を実施するZUS支部のデータ、検査の法的根拠、開始日、期間、検査の範囲と、検査を受けた起業家の権利と義務に関する指示。

検査後の活動

検査が完了した後、検査官は、実行された活動に関する彼の観察を含む検査報告書を作成します。プロトコルには、まず第一に、以下を含める必要があります。

  • 行われた取り決めの説明。

  • 法的根拠を提供する。

  • 証拠の提示;

  • 予約する権利の指示。

レポートは2部で作成され、そのうちの1つは起業家に配信されます。管理された起業家は、プロトコルの内容に関して予約を提出する権利を有します。それは、報告書を提出した日から14日以内に、書面で、関連する状況とそれらを裏付ける証拠を示して行うことができます。

管理された起業家は、文書の配達日から14日以内に検査報告書の内容に関して異議を申し立てる権利を有します。

起業家が異議を唱えることを決定した場合、検査官はそれらを検討し、正当であると判断した場合には追加の管理活動を行う義務があります。検査報告書は、起業家の社会保険に関する社会保険機関による決定を発行するための基礎です。

ZUSはいつビジネスを運営することの信憑性に疑問を投げかけますか?

社会保険制度法の規定により、事業を営む者は、経済活動の開始日から終了日までの期間、強制的に社会保険(すなわち、退職、障害、傷害保険)の対象となります。アクティビティ。この義務は、法律の運用により自動的に発生します。起業家の保険への登録は記録的な性質のものにすぎません。 2017年12月12日のジェシュフの控訴裁判所の判決に示されているように、III AUa 260/17:「したがって、活動の実際のパフォーマンス(または非パフォーマンス)は、継続的かつ利益のために、基本的に重要です。社会保険の補償範囲。 [...]経済活動が実行されているかどうかの評価は、まず第一に事実認定の領域に属し、次に-それらの法的分類に属します。経済活動は法的に定義された状況であり、その活動の特性を満たすかどうかにかかわらず、特定の事実上の状況の調査に基づいて評価する必要があります。したがって、経済活動を実施することは、それを実施する事業体によってこの活動がどのように評価され、どのように呼ばれるか、およびこの活動に関連する義務を果たすかどうかに関係なく、客観的なカテゴリーです。起業家が実際に経済活動を行っている場合、彼は継続的かつ収益性の高い方法でそれを行っています。心配する理由はありません。ZUSの管理は形式的なものにすぎません。