PCCの支払いはいつ必要ですか?

サービス

適用される規制に従い、商取引で特定の取引を行う納税者は、PCC、つまり大陸法取引に対する税金を支払う必要があります。 2001年1月1日の時点で、この税は、契約およびその他の民法上の意志の宣言に適用される印紙税に取って代わりました。示された活動を行う人は、PCC-3宣言を作成し、規則で指定された税率に従って税額を支払う必要があります。

PCCの課税基準

この点に関する詳細な規制は、2000年9月9日の大陸法取引に対する税金に関する法律に記載されています。アートに準拠。 1節問題の税の対象となる1ポイント1は次のとおりです。

  • 売買契約および商品と財産権の交換、
  • 種に関してのみラベル付けされた金銭または品目の貸付契約、
  • 寄付契約-債務の受領者による引き継ぎおよび寄付者の負担または義務に関する部分では、
  • 生命年金契約、
  • 相続分割に関する合意および共有の解消に関する合意-返済または追加の支払いに関する部分では、
  • 住宅ローンを確立し、
  • 誤った使用を含む有料使用の確立、および有料地役権、
  • 不規則な預金契約、
  • 定款。

同時に、前述の契約の変更は、課税ベースが増加した場合、および民法取引と同じ法的効力を持つ裁判所の決定および和解の対象となります。

PCC税率

この法律は、特定の状況で適用される大陸法取引の税率を明確に示しています。この主題に関する情報は、以下の表に含まれています。

税務署 割合
販売契約 不動産、動産、永久用益権、フラットな協同組合所有権、商業施設への協同組合権、および協同組合法の規定に起因するもの:一戸建て住宅への権利および小さな住宅の敷地への権利 2%
その他の財産権 1%
契約:変更、終身刑、相続部門、共有と寄付の廃止 不動産、動産、永久用益権の所有権、フラットな協同組合所有権、商業施設への協同組合権、および協同組合法の規定に起因する協同組合法の規定に起因する場合:一戸建て住宅への権利および敷地への権利小さな住宅で 2%
他の財産権の所有権を譲渡する場合 1%
不正確で有償の地役権を含む、金銭的使用の確立に関する契約 1%
ローン契約と不規則な預金 0,5%
住宅ローンの設立から 既存の請求を保護するために-保護された請求の金額について 0,1%
未定額の請求を確保するため PLN 19
会社契約 0,5%

税金は、義務の日から14日以内に税務署に支払われる必要があります。公証人の場合、公証人が直接支払うため、事務所で支払う必要はありません。

注意!
2019年7月1日から、特定の月の一括PCC申告書を提出し(省が決定する公式に従って)、納税義務のある月の翌月の7日までに計算して納税することができます。発生した-ローン契約または動産または財産権の販売契約を含む少なくとも3つの大陸法取引であり、これらの活動の最後が最初の日から14日以内に実行される場合。

ただし、納税者が関連する税金を支払わなかった場合は、その結果を考慮に入れる必要があります。検証活動、税務手続、税務調査または管理手続の過程で、税務当局または税務調査当局の前である場合、税率は20%です。

  • 納税者は、ローン契約の締結、誤った預金、誤った使用の確立、またはそれらの変更の事実を指し、これらの活動にかかる税金は支払われていません。
  • 借り手は、ローン契約を締結したという事実に依存しており、銀行口座または協同組合貯蓄信用組合または郵便命令によって保持されている彼の口座への入金を文書化する条件を満たしていません。

PCC免税

前述の大陸法取引がPCCの対象とならないいくつかの例外があります。それらの中で最も人気があるのは、課税対象が1,000PLNを超えない価値の動産である状況です。この状況は、取引の当事者の1人が商品やサービスに課税されるか、免税される場合にも発生します。したがって、取引は特定の税率(これも免除)の請求書で文書化され、納税者がVAT免除の恩恵を受けると宣言した場合、PCCにより税務当局に支払う義務はありません。