保険および金融サービスのレジ-必須ですか?

Webサイト

起業家は、事業を立ち上げる際に、どの顧客グループに販売するかを決定する必要があります。納税者は、取引を適切に文書化するために必要なツール(レジなど)を準備する必要がある場合があるため、税務上、売却が企業または事業活動を行わない人々に関係するかどうかが重要です。個人への販売には常にレジが必要であり、保険や金融サービスではレジが必須かどうかを確認しましょう。

事業を営んでいない人に売るときのレジ

アートに準拠。 111秒付加価値税法第1条では、事業活動を行っていない人や定額農民に販売する納税者は、レジを使用して販売を登録する必要があります。取引を適切に文書化するために、顧客に義務付けられている会計領収書を発行する必要があります。 第111条。1。付加価値税法
「事業活動を行わない自然人や定額農民に販売する納税者は、レジを使って販売記録を残す義務がある」と語った。 レジの使用に関する一般規則には、いくつかの例外があります。レジでの売上の記録が免除されるのは、とりわけ、レジを使用して記録を保持する義務の免除について、2018年12月28日の財務大臣規則の付属書に記載されている活動を行う事業体です。この付録に記載されている免除は、2021年12月31日まで有効です。 前年に販売限度額を超えなかったという主観的な免税や、事業活動の種類に応じた免税を利用することができます。レジからの免除の詳細については、記事「レジ」を参照してください。 したがって、金融および保険サービスの提供の一環として実行される活動をレジに登録する必要があるのか​​、それとも免税の恩恵を受ける可能性があるのか​​を調べてみましょう。

金融および保険サービス-それらには何が含まれますか?

金融および保険サービスは、資産の資金調達および確保に関連する多くの活動、ならびに補助および仲介サービスをカバーしています。これらの活動は、ポーランドの商品とサービスの分類によって指定されています。それらのいくつかは次のとおりです。

  • 消費者ローン、産業ローン、住宅ローンおよびクレジットの付与。
  • マネーブローカー;
  • 預託サービス;
  • 金融リースサービス;
  • 投資銀行サービス;
  • クレジットカードの発行、
  • 健康保険、傷害保険、生命保険。
  • 乗用車、鉄道、航空および水上輸送の保険。
  • あらゆる種類の保険に関連する再保険サービス。
  • 年金基金サービス;
  • 証券仲介サービス;
  • 金融市場の運用サービス。
  • 投資銀行支援サービス;
  • 保険代理店およびブローカーのサービス。
  • ファイナンシャルアドバイザリーサービス;
  • 為替。

保険および金融サービスのレジ

企業に金融および保険サービスを提供する納税者は、通常、取引を文書化するために請求書を発行する必要があります。事業を営んでいない人や定額農民への販売の場合、レジの購入と領収書の発行が義務付けられているように見えるかもしれません。ただし、レジを使用して記録を保持する義務の免除に関する規則の付属書には、免除の恩恵を受けることができるものとして金融および保険サービスが記載されているため、保険および金融サービスのレジは義務ではありません。 PKWiU64-66のサービスのみが免除の対象となることに注意してください。納税者は、活動が上記の範囲内にあるかどうかを判断する必要があります。 納税者が提供するサービスがレジでの登録義務の免除の恩恵を受ける可能性がある場合、納税者は請求書を発行して販売を文書化することができます。

上記の確認は、2016年4月21日のワルシャワの税務署長の個別の解釈であり、参照番号はIPPP2 / 4512-252 / 16-2 / MTです。申請者の活動の主題は、事業活動を行わない自然人への適切な中古品の販売(いわゆる質屋販売)および金融サービスです。納税者は、金融サービスの売却により、この売却をレジに記録する義務の免除を受ける資格があるかどうかを尋ねました。税務署長の返答で、私たちは次のように読みました。

「申請者は、質権のないローン(ペイデイローン)の付与に関連して、記録義務の免除を適用することができます(...)。ケースの説明から明らかなように、このアクティビティはPKWiU 64-66(64.94.Z)に含まれているため、上記の使用を可能にする条件です。解雇。したがって、申請者が免除された活動のために達成する売上高(...)は、レジによる記録義務の免除として扱われる可能性がありますが、残りの売上高、つまり、免除の場合、申請者はレジ(。..)を使用して記録する義務があります。

紐を付けずに30日間の無料試用期間を開始してください!

例1。

アンジェリカさんは、事業を営んでいない企業と個人の両方にクレジットとローンの付与に関連するサービスを提供する事業を営んでいます。したがって、アンジェリカさんは販売全体を請求書で文書化できますか、それともレジを購入して販売を記録する必要がありますか?

アンジェリカさんは免除付録に記載されている金融サービスを提供しているため、事業活動を行っておらず、すべての売上を請求書で記録できる個人に領収書を発行する義務はありません。

例2。

ロバート氏は事業を営み、保険サービスを提供しています。この売却は、事業活動を行わない自然人にのみ適用されます。ロバートさんはレジを購入する義務がありますか?

いいえ、PKWiU 64-66に記載されている保険サービスはレジから免除される可能性があるため、ロバート氏はレジを購入する義務はありません。したがって、販売を行う際に、ロバート氏は請求書を発行する場合があります。

要約すると、納税者が提供する活動がPKWiUの部門64-66に該当する場合、保険および金融サービスのレジは義務ではありません。そうすれば、起業家はレジを購入して領収書を発行する義務がなくなり、売上全体を請求書で文書化できるようになります。