契約上のペナルティ-民事契約には何が適用されますか?

サービス

契約上のペナルティは、契約の当事者の利益を確保するための特定の形式であり、債務者が義務を履行するように刺激します。さらに、債務者が義務を履行しなかった場合、または債務者がそれを不適切に履行した場合、契約上の罰則の規定により、債務者の行動によって生じた損害を補償する義務が課せられるため、この機関は補償を部分的に置き換えます。

契約上のペナルティはアートで規制されています。民法第483条(以下、民法という)。これは一種の一括補償です。当事者は、契約を締結するときに、債務者による義務の不履行または不適切な履行が発生した場合の契約上のペナルティの金額を事前に定義します。このペナルティは、義務の不履行または不適切な履行によって引き起こされた悪影響を補償することを目的としています。したがって、契約上のペナルティは、生じた損害に対する補償の一形態です。損害が発生しない、または発生するが、契約上のペナルティの金額よりも比類のないほど低い場合はどうなりますか?それは問題ではありません-債務者はそれを支払わなければなりません。

契約上のペナルティの性質

契約上のペナルティの制度の最も重要な特徴は、それが契約を締結した結果としてのみ発生する可能性があるという事実です。一方的な宣言または契約ではないその他の活動の内容でそれを予約することはできません。したがって、問題の予約の有効性は、契約の両当事者の全会一致の意図の宣言に依存します。

契約上のペナルティは非金銭的契約に適用される場合があります-金銭的責任は関係機関によって確保することはできません。金銭的性質の契約では、法定利息はセキュリティの形式を満たしています。ペナルティ自体が、義務の不履行または不適切な履行に関連する同じ契約に含まれる義務はありません。契約上のペナルティによって保証された義務には、契約上の原因がない可能性があります。

契約上の罰則と補償

すでに述べたように、契約上のペナルティには保証と補償の機能があります。その上で、債権者は、非金銭的義務の不履行または不適切な履行に起因する債務者に補償を要求する権利を有します。アートに準拠。民法第484条第1項では、損害額は契約上の罰金を支払う義務とは無関係です。これは、2014年2月13日のV CSK 45/13の判決で最高裁判所によって確認され、次のように述べられています。

債権者が損害を被っていない場合、これは債務者を契約上の罰金を支払う義務から解放しません。”.

上記の理由、および民法が契約上の罰則の最大額を規制していないという事実のために、現在の法的および経済的状況では、契約上の罰則は実際の補償機能とは別に決定され、多くの場合、値を大幅に超えています契約の不履行または不適切な履行に関連して発生する可能性のある損失の可能性。さらに、契約上のペナルティは、標準的な契約を使用して消費者と契約を結ぶ大企業(電気通信サービスプロバイダーなど)によって最も頻繁に使用されます。これはまた、消費者が罰金の額に影響を与えないことを意味します。

したがって、契約上のペナルティを支払うための唯一の条件は、特定の義務の不履行または不適切な履行です。ただし、実際には、債務者が特定の義務の履行を行ったかどうか、または債務者が誤って履行したかどうかは、議論された機関にとって重要ではありません。義務違反のいかなる形態も罰則が科せられる可能性があります。ただし、契約の自由の原則に従い、契約を締結する当事者は、義務がまったく履行されていない場合、または特定の種類の侵害についてのみ、契約を留保することができます。

ペナルティの削減の要求

債務者にはペナルティを完全に回避するチャンスがないように思われるかもしれません。ただし、次の場合は最小限に抑えることができます。債権者側に損害がないことを実証および正当化する。義務は部分的に免除されました。契約上のペナルティの合意された金額は著しく過剰です。

損害の見積額と契約上のペナルティの額との不均衡が大きすぎる場合は、大幅に過大なペナルティに対処します。ウッチの控訴裁判所は、2017年3月24日の判決で、I ACa1238 / 16は次のように述べています。

契約上のペナルティを減らすためには、契約上のペナルティが過剰であると述べるだけでは不十分ですが、それが過剰であり、「グロス」の程度に達していることを証明する必要があります。奉仕する”.

債務者はまた、債務者の過失が原因で義務の履行が不可能になった場合、または損害が債務者自身によって引き起こされた場合、契約上の罰金の減額を要求することができます。

契約上の罰則と非金銭的義務

民法の規定に従い、金銭的ペナルティを課せられるのは非金銭的債務のみです。ただし、金銭的義務にそのような異議を唱えた場合、契約上の罰則は決して有効になりません。そのような決定は、アートに従って、行為自体のために無効です。に関連する民法の58§1冗談で。民法の483§1。

しかし実際には、一見金銭的な性質の契約のように見える契約で、契約上の罰則に遭遇することがよくあります。起業家は、たとえば、代金を支払う義務とは別に、購入した商品を回収する義務も留保する売買契約でこのような手順を使用します。契約に署名した後、買い手が合意された価格を支払わず、商品を回収しない場合、売り手は合意された販売額に法定利息を請求し、商品を回収できなかった場合は契約上の罰金を課すものとします。そのような行動は、非倫理的であることに加えて、違法でもあります。現在の判例法に照らして、契約は主な義務と同じ性質のものであると想定されるべきです。議論されたケースでは、それは価格規制になりますが、買い手のその他すべての義務は付随的なものです。二重効果が排除された契約において、買い手による履行の不履行は契約上の罰則によって確保される可能性があるが、そのような効果が発生した場合にはそうではないという仮定を受け入れることは、当事者の法的立場の差別化を受け入れることは困難です。同じ法的関係に。

紐を付けずに30日間の無料試用期間を開始してください!

契約上のペナルティの金額

契約上のペナルティの金額、つまり債務者が契約違反に対して支払わなければならない金額を正確に指定する必要があります。ただし、金額を指定する必要はありません。セキュリティで保護されたサービスまたは契約全体の価値のパーセンテージとして定義することもできます。

実際には、議論された機関は、特定の期間、たとえば、1日、1週間、1か月間非常に頻繁に使用されます。その後、遅延の日、週、または月ごとに、債務者は通常、特定の金額を支払う義務があります。そのような契約上の罰則の額が法律によって決して制限されないことが重要です。したがって、非常に短い時間で、明らかに小さな契約上のペナルティが、責任の価値を大幅に超える金額に変わることが判明する可能性があります。 契約で複数の契約上のペナルティが規定されている場合、またはペナルティが債務者の遅延の特定の期間に対して計算される場合は、契約上のペナルティの最大レベル、たとえば利益の価値の15%を制限することをお勧めします。

契約上のペナルティと保証のペナルティ

商取引では、契約上の罰則の規定で指定されたものを超えて債務者の責任を拡大する契約の規定に出くわすこともあります。通常、そのような規定は、契約違反が債務者の責任を負わない理由に起因する場合にも、特定の金額を支払う義務を債務者に課します。残念ながら、そのような異議は受け入れられます。このような場合、債権者が損害の責任を負っている場合にのみ、問題の制裁措置は更新されません。

処方

契約上の違約金の支払いの請求は、契約に起因する必要があります。したがって、制限期間の長さは、契約違反がこのペナルティによって認可されている同じ契約である限り、契約上のペナルティの原因となる契約によって決定されます。ただし、契約上の罰則が契約外の義務の違反に対して請求された場合、制限期間はこの関係を管理する規則によって決定されます。アートに準拠。民法第120条では、時効は主請求の期日から始まります。クレームの満期が資格のある人による特定の行動の実行に依存する場合、制限時間は、資格のある人が可能な限り早い日にアクションを実行した場合にクレームの期日が到来する日から始まります。

契約上のペナルティ-まとめ

契約上のペナルティ-紙の上では、債権者の利益を保護し、債務者が義務を適切かつタイムリーに実行することを保証するように刺激する必要があるという印象を与えますが-多くの虐待の原因であり、知らない請負業者に「稼ぐ」試みです(主に消費者)。

民法は契約上の罰則のみを認めており、それらを詳細に規制していません。それはペナルティの最大額を示しておらず、契約上のペナルティを1つの契約に集約する可能性については何も言及しておらず、特定のサービスの実行の失敗が彼の障害。

したがって、契約上のペナルティは、たとえば2つの成功した企業間など、同等の当事者間で締結された契約の場合にのみ、その補償的役割を果たすことができると結論付ける必要があります。その後、ペナルティに関する予約は両方の当事者を保護し、ペナルティの金額は実際になります。当事者の力が明らかに不均衡である契約の場合、例えば起業家と消費者の間で契約を締結する場合、より強い当事者のみが問題の機関から利益を得るでしょう。