コロナウイルスと戦うための商品を生産する固定資産の1回限りの減価償却

Webサイト

ポーランドでのコロナウイルスの流行の到来により、立法者は、これらの困難な時期に起業家の活動を促進し、流行と戦うのを助けることを目的とした一連の新しい規制を導入することを決定しました。次の記事では、コロナウイルスとの闘いに貢献する商品を製造するために購入する固定資産の1回限りの減価償却について学習します。

1回限りの減価償却-作成のルール

まず第一に、PIT法の規定は一回限りの減価償却を行うメカニズムを知っていることに注意する必要があります。それらの2つのグループがあります。

まず、アートに準拠。 22k段落。 PIT法の7–13では、納税者は最大50,000ユーロの1回限りの減価償却費を償却することができます。このオプションは、小規模納税者や事業活動を開始する納税者が使用できます。このバリアントの1回限りの減価償却は、乗用車を除く、グループ3〜8KŚTに含まれる固定資産に適用されます。

第二に、アートに準拠。 22k段落。 PIT法の14〜21条では、納税者は最大100,000ズウォティの1回限りの減価償却を行うことができます。すべての納税者がこのオプションを使用できますが、1回限りの減価償却は、グループ3〜6および8KŚTに含まれる新しい固定資産に適用されることに注意してください。

コロナウイルスの流行が発生する前に施行されていた規制により、特定の固定資産に対して1回限りの減価償却費の償却を行う2つのバリエーションが許可されていました。

1回限りの減価償却を行うための新しいオプション

COVID-19、その他の感染症、およびそれらによって引き起こされる危機的状況の予防、予防、および闘いに関連する特別な解決策に関する法律に従って、新しいアート。 52秒。それを完全に思い出す価値があります。次に、詳細な分析に進みます。

「1。納税者は、第2条で言及されている、COVID-19の対抗に関連する商品の生産のために取得した固定資産の初期値から1回限りの減価償却費を償却することができます。 2節COVID-19法の2であり、2020年に固定資産と無形資産の登録に登録されました。

2.パラメーターで言及されている商品の場合。 1、特に:保護マスク、呼吸器、消毒剤、医療用保護服、靴カバー、手袋、眼鏡、ゴーグル、消毒剤、手指衛生剤。」

まず第一に、この規定は、取得した固定資産の初期値に関して割り当て制限を導入していないことに注意する必要があります。これは、納税者が減価償却費の形で固定資産の初期値全体を原価に含めることができることを意味します。

上記の規定は、FAレジスターに含まれる固定資産にのみ適用されることにも注意してください。したがって、このオプションを利用するには、納税者は取得した固定資産をレコードに入力する必要があります。また、取得した固定資産に関するものであり、納税者が作成した構成要素を引当金の範囲から除外しています。

規制を導入する目的のために、コロナウイルスに対抗することに関連する商品の生産のために固定資産を購入することも非常に重要です。アート52秒PIT法の2には、どの商品がこのカテゴリーに適格であるかが記載されていますが、規定では「特に"、これは、示された商品が単なる例であり、COVID-19の中和に寄与する限り、このグループには他の商品も含まれることを意味します。

また、上記この記事は、アートに含まれるCOVID-19に対抗する定義に言及しています。 2節COVID-19、その他の感染症、およびそれらによって引き起こされる危機的状況の予防、予防、および闘いに関連する特別な解決策に関する2020年3月2日の法律の2。この定義によると「COVID-19に対抗する」とは、感染との戦い、感染拡大の防止、COVID-19として知られるSARS-CoV-2ウイルスによって引き起こされる感染症の影響の防止と対策に関連するすべての活動を意味します。

分析された引当金は、COVID-19の対抗に関連する商品の生産のために購入された固定資産の1回限りの減価償却を示しています。そのように定式化された文言に関連して、上記の一部に使用されている固定資産の取得の場合にも、上記の原則に基づく減価償却が可能かどうかについて疑問があるかもしれません。目的。

言語的および機能的な解釈により、1回限りの減価償却は、COVID-19の対抗に関連する商品の生産にのみ使用される固定資産に対してのみ可能であるという結論に至ります。その結果、指定された商品の生産のために固定資産を100%使用するだけで、1回限りの減価償却の権利が与えられるようです。ただし、確かに、この問題は、税の明確化または個別の解釈を通じて、立法者によって明確化される必要があります。

紐を付けずに30日間の無料試用期間を開始してください!

例1。

納税者は保護バイザーを製造する機械を購入しました。彼にとって、それは記録に入力された固定資産です。マシンの80%は、コロナウイルスの蔓延に対抗するためのヘルメットを製造します。残りの20%の労働時間は、納税者の​​企業ニーズに使用されます。このような状況では、Artで提供されている1回限りの減価償却のようです。 PIT法の52sは適用されません。

PIT法は、コロナウイルスと戦うための商品を生産するために取得した固定資産の購入を納税者が償却できるようにするために満たす必要のある特定の条件を指定しています。上記を厳守することを忘れないでください条件。

一回限りの減価償却のための新旧の規定間の相互関係

1回限りの減価償却の個々のバリエーション間の相互関係がどのように見えるかを検討するときは、まず、新しく追加されたアートを強調する必要があります。 PIT法の52は、以前に適用されていた規制を廃止するものではありませんが、それらを補完するものです。これは、納税者がアートで指定された両方のメカニズムを同時に使用できることを意味します。 22kとアート。 PIT法の52秒。

もう1つの非常に重要な情報は、固定資産の価値がアートに従って減価償却されたという事実です。 PIT法の52は、50,000ユーロの制限にも、アートで指定されている100,000ズウォティの制限にも含まれていません。 PIT法の22k。

例2。

納税者は、150,000PLN相当の保護用ヘルメットを製造する機械を購入しました。彼にとって、それは記録に入力された固定資産です。それは完全にCOVID-19に対抗するために使用されます。さらに、納税者は40,000PLN相当の新しいフライス盤を購入する予定です。バイザーを製造する機械の価値は、アートで指定されたPLN100,000の制限には含まれていません。 PIT法の22kであるため、両方のマシンを一度に減価償却することができます。

最後に、アートに従って減価償却を償却する瞬間の問題を参照しましょう。 PIT法の52秒。規定自体は、この点に関して特定の規則を示していません。つまり、アートに定められた一般的な規則を意味します。パラグラフ1の22時間。 PIT法の1。規則では、減価償却の償却は、固定資産がレコードに入力された月の翌月から開始して、固定資産の初期値から行われると規定されています。さらに、納税者は、毎月均等に分割払いで、四半期ごとに均等に分割払いで、または課税年度の終わりに1回、減価償却費を償却することができます。

COVID-19と戦うために商品の生産のために取得した固定資産の1回限りの減価償却を行う可能性は、既存の規制の下での1回限りの減価償却の可能性に関して納税者を制限しません。

問題の規制の法律への導入は、積極的に評価されるべきです。確かに、説明された原則に従って固定資産の一時的な減価償却の可能性は、コロナウイルスとの戦いの有効性を高めることに貢献します。ただし、納税者は、1回限りの減価償却を可能にするために満たす必要のある条件を考慮する必要があります。