PIT 28に加えて、一括払いで提出されるPITは何ですか?

サービス税

他の形態の所得税決済と同様に、記録された収入の一括払いで決済する納税者は、年次確定申告書を提出する必要があります。この形式の課税の場合、基本的な申告はPIT 28であり、課税年度の終了後の2月末までに提出されます。このように解決した納税者が提出する宣言はこれだけですか?定額税で提出されるPIT "yを確認してください!

登録収入の一括払い

登録収入の一時金は、定額の所得税決済です。この場合、所得税は所得に対してのみ支払われるため、運営費から控除することはできません。

税率は業種によって異なります。一括払い率は次のとおりです。

  • 2020年末までに-20%、17%、8.5%、12.5%(100,000 PLNを超えるプライベートリースの場合)、5.5%、3%。
  • 2021年以降-17%、15%、12.5%(特定のサービスの場合、金額が100,000 PLNを超える場合)、10%、8.5%、5.5%、および3%

この形式の課税は、個々の経済活動とパートナーシップの両方を対象としています。ただし、すべての起業家が登録された一括払いに基づいて口座を決済できるわけではありません。自然人が稼いだ特定の収入に対する定額所得税に関する法律には、この形式の課税を使用する可能性を排除する活動の種類の納税者のリストが含まれているためです。

さらに、2,000,000ユーロの売上高制限について覚えておく必要があります。この形式の課税は、前年度に、2,000,000ユーロを超える金額の単独で行われた活動からの収入、または会社の形で行われた活動からの収入を獲得した納税者には利用できません。すべてのパートナーが2,000,000ユーロを超えました。

ユーロで表された登録収益の一括制限は、ポーランド国立銀行が発表した、課税年度の前年の10月1日に適用される平均ユーロ為替レートに従ってポーランド通貨に換算されます。

一括税についてもっと読む:
チェックされた一括払い-知識の概要
一括払いまたはVAT-どのタイプの課税を選択しますか?
課税形態として記録された歳入の一時金

定額料金とは何のPITですか?

課税年度の終了後に一時金を提出しなければならないという基本的な宣言は、翌年の2月末までに提出しなければならないPIT28フォームです。追加の収入源またはさまざまな種類の救済の使用により、納税者はPIT28納税申告書に追加の添付ファイルを提出する必要がある場合があります。

  • PIT 28 / B-会社の形で行われた活動からの収益について通知します。

  • PIT / D-住宅費の控除、いわゆる建設救済、

  • PIT / O-納税者が使用する救済の種類に関する情報が含まれています。

  • PIT / 2K-住宅ニーズを満たすことを目的とした投資に関連する費用の金額に関する声明。
  • PIT / WZR-商取引から生じる収益を減少または増加させる売掛金および負債に関する情報(貸倒れの救済に関する情報)。

紐を付けずに30日間の無料試用期間を開始してください!

一括税の活動対他の収入

PIT 28に加えて、記録された所得の一括払いで決済されると同時にフルタイムで働く納税者は、年収税の決済を伴う委任契約または特定の仕事の契約を締結します。申告の場合は、PIT 37申告を提出する必要があります。注文または作業は、課税年度の終了後4月30日までに提出する必要があります。

従業員を雇用する場合、定額料金はどのようなPITを支払いますか?

一時金を雇用する従業員は、雇用された従業員が稼いだ所得申告書を提出する義務があります。このような宣言には次のものが含まれます。

  • PIT11-従業員が稼いだ収入額について。電子形式で提出され、そのような宣言の提出期限は1月末に終了します。雇用主は、2月末までにPIT11の2番目のコピーを従業員に提供する義務があります。

  • PIT8AR-年間定額所得税に関する情報。申告は1月31日までに提出する必要があります。申告は税務署にのみ提出されます。

  • PIT4R-定額所得税に向けて徴収された前払金の金額について通知します。フォームは1月31日までに提出する必要があります。申告は税務署にのみ提出されます。

一時金の権利の喪失-一般規則への変更

納税者は、前年度の売上高が250,000ユーロを超えなかった場合、一時金所得税を受け取る権利があります。この制限を超えた日には、所得税の決済が一括払いから一般規則に自動的に切り替えられます。この場合、一括決済の一環として得られた所得はPIT 28申告書に表示され、制限を超えた後の所得は、税額に応じて課税され、PIT36フォームに表示されます。

したがって、年末に定額税でどのPITが提出されるかは、個人事業主に加えて、それでも収入を得るタイトルと、一時金がPITの対象となる通年をカバーしているかどうかによって異なります。提出された、または課税がその年の間に変更されたかどうか。

wfirma.plシステムで年次納税申告書を作成するにはどうすればよいですか?

wfirma.plシステムで年次納税申告PIT28を準備するには、[スタート]»[税]»[年次宣言]»[宣言の追加]タブに移動し、適切なフォームの1つを選択します。つまり、一括決済の場合:年次定額-所得税申告書(PIT28)。 PIT-28宣言を追加するためのウィンドウで、提出の目的をマークする必要があります:宣言の提出または宣言の修正。

次に、ウィンドウが表示され、特定の年の収入の概要が個々の一括払い率に分類されます。これらの値は、[収益値の編集]オプションを選択することで変更できます。

次のステップでは、支払期日と支払い済みのZUS拠出金と所得税の前払いの概要を示すウィンドウが表示されます。次に進むと、特定の年にシステムに入力されたデータに基づいてPIT-28が生成されます。

システムから生成されたPIT28申告は、[スタート]»[税]»[年次申告]タブで選択し、トップメニューの[オフィスに送信]オプションを選択することで、税務署に直接送信できます。

申告書の発送は、[署名なし]タブの2019年の年次確定申告からの収入額で承認できます。