PPKの雇用状況を確認するにはどうすればよいですか?

サービス

従業員資本計画(口語的かつ略してPPKと呼ばれる)は、一般的で自主的な民間の体系的な貯蓄プログラムであり、その目的は60歳以上の人々の経済的ニーズを満たすことです。 PPKに自動的に、または自分の要求に応じて報告された従業員は、法律で指定された規則に従って、問題のプログラムに対して支払いを行います。従業員のPPKへの寄付も、雇用主と州自体によって行われます。ただし、従業員が貯蓄プログラムの下で積極的に活動できるようになる前に、雇用主はPPKに参加する日付を決定するために、会社の現在の雇用状況を確認する義務があります。 PPKの雇用状況はどのように決定されますか?記事でお答えします!

誰がPPKを実装する義務がありますか?

PPK法の規定に従い、PPKを実施する義務は、ZUSで退職および障害保険に登録されている従業員およびその他の義務者が雇用されている企業に適用されます。

雇用者は次のとおりです。

  • アートで言及されている雇用主。労働法の3;
  • 出版社;
  • 農業生産協同組合または農業界の協同組合。
  • プリンシパル;
  • 監査役会が運営する事業体。

ただし、上記の規則にはいくつかの例外があります。以下は、主にPPKを実装する義務から免除されています。

  • 零細起業家、すべての雇用者がPPKへの支払いからの辞任の宣言を雇用者に提出する場合。
  • 自然人でもある事業体を雇用する-この事業体の実施された活動に関係のない範囲で-その人の経済活動に関係のない範囲で自然人を雇用する。
  • 会社で従業員年金プログラムを実施した起業家(いわゆる「PPE」、詳細はPPK法第133条(1)に記載されています)。

PPK法の観点から、零細起業家とは、過去2年間のうち少なくとも1年間に共同で以下の条件を満たすものです。

  • 年間平均10人未満の従業員を雇用し、
  • 商品、製品、サービスの販売、およびPLN相当の200万ユーロを超えない金融業務からの年間純売上高、またはこれらの年の終わりに作成された貸借対照表の総資産がPLNは200万ユーロに相当します。

PPKの義務-期限

PPK法を適用するための義務的な期限は、すべての起業家にとって同じではありません。企業にPPKを実装する期限を区別する目的は、起業家がこの多段階プロセスの準備を容易にすることでした。雇用者がPPKを導入する義務を負う日付は、会社の雇用状況によって異なります。

 

PPKを社内に導入した日付

雇用状況

2019年7月1日

2018年12月31日時点で会社が少なくとも250人を雇用している場合

2020年1月1日

2019年6月30日時点で会社が少なくとも50人を雇用している場合

2020年7月1日

2019年12月31日時点で会社が少なくとも20人を雇用している場合

2021年1月1日

これらのユニットの雇用レベルに関係なく、財政部門に属する事業体を含む他のすべての企業

 

PPKへの雇用状況

会社の雇用状況を判断するために、雇用者はまず、会社で働く人々のどれがPPK法の文脈で雇用者の定義を満たしているかを確認する必要があります。

従業員資本計画法第2条

「ポイント1。法律で使用される用語は次の意味を持っています:

ポイント18)雇用者:

  1. アートで言及されている従業員。 1974年6月26日の法律の2-労働法(2019年の法律のジャーナル、項目1040、1043および1495)、ただし、鉱業の葉の従業員およびアートで言及されている石炭機械加工工場の従業員のための葉。 。無煙炭鉱業の機能に関する2007年9月7日の法律の11b(Journal of Laws of 2019、item 1821)、およびアートの意味の範囲内の青年。 1974年6月26日の法律の190§1-労働法;
  2. 芸術に基づいて発行された執行規則で言及されている18歳以上のアウトワークを行う自然人。 1974年6月26日の法律の303§1-労働法;
  3. 芸術で言及されている農業生産協同組合または農業界の協同組合のメンバー。 138とアート。 1982年9月16日の法律の180-協同組合法(2020年の法律のジャーナル、項目275、568、695および875);
  4. 18歳以上の自然人は、代理店契約または委任契約またはサービスの提供に関する別の契約に基づいて仕事をします。 1964年4月23日の法律の750-民法、命令の規定が適用されるものとします。
  5. これらの機能を実行することに対して報酬を与えられた監査役会のメンバー。
  6. ポイント(a)に示された者a-d育児休業中、または出産手当または出産手当の額の手当を受け取っている人

-社会保険制度に関する1998年10月13日の法律(Journal of Laws of 2020、items 266、321、568、695 and 875)の意味の範囲内で、ポーランド共和国で義務的に退職保険および障害保険の対象となります。

上記法の規定により、PPKの雇用状況は、社会保険、退職および障害保険の義務の対象となるすべての従業員に適用されます。ここでは、自発的ではなく強制的に前述の保険の対象となる人について話していることを強調しておく必要があります。 PPKに報告できるのは成人従業員のみです。

PPKでの雇用には、55歳までの従業員と、すでにこの年齢制限を超えている従業員の両方を含める必要があります。 55歳以上の人々がPPKの義務によって自動的にカバーされないという事実は、起業家による雇用の計算方法に影響を与えません。

また、複数の保険契約に基づいて特定の起業家と協力する人々を二重に雇用しないことも重要です。

PPKへの雇用状況-例外的なケース

無給休暇を取得している従業員も、このステータスを決定した月に退職年金および障害年金保険からの拠出所得を達成した場合、雇用ステータスに含まれます。

PPK法の規定に従い、このプログラムに参加できるのは成人のみです。したがって、企業の雇用を計算する際に若い従業員を考慮に入れるべきではありません。例外は、見習い期間中に少年が成人になった場合です。その場合、彼は雇用状況の決定に含まれる必要があります。

企業でのPPKの実施に関連する義務は数多くあり、起業家は規制を知る必要があります。会社の雇用レベルを正しく決定することは、PPKの実施の文脈において重要であるため、正しい従業員の定住のために、プログラムの前提を完全に理解する価値があります。 質問はありますか? 私たちの専門家に聞いてください! 毎日のオンラインのヒント! 質問する チーム
wFirma.pl