年次確定申告に保険料を含める方法

サービス

保険料は、起業家だけでなく、正社員や請負業者によって支払われます。ご存知のように、それらは年次報告書に含めることもできます。それは何であり、証言でそれを証明する方法は何ですか?以下に回答します。

保険料の種類

保険料は、異なる控除規則の対象となる3つのグループに分けることができます。

  1. 自営業者と雇用・委任契約の両方の場合に所得から差し引かれる社会保険料(退職年金、障害年金、事故、病気)。

  2. 所得税の前払いを減らす健康保険料。ただし、健康保険料は全額控除されるのではなく(9%)、支払われる保険料の計算基準の最大7.75%までしか控除されないことに注意してください。

  3. 労働基金および保証された従業員福利厚生基金への拠出。事業を営む人の場合、事業費である労働基金への拠出金のみが支払われます。ただし、雇用者の場合、この拠出金は雇用主が負担し、事業活動の費用に含まれます。

年次確定申告の保険料-社会保険および健康保険

以上のことから、納税者は、自分の保険と協力者の保険のために納税者が納税年度に支払った社会保険と健康保険の年次納税申告保険料を差し引くことができます。

雇用主は、2月末までに、またはこの日が週末に当たる場合は、その翌営業日に従業員にPIT-11申告を提出する義務があります。これには、支払われたZUS拠出金に関する情報が含まれています。それぞれ所得と税の前払い。年次納税申告書の所得。

事業を営む者の場合、納税者は、支払いの領収書に基づいて、特定の課税年度に支払われた拠出金の額を差し引きます。

海外で支払われる保険料

年次和解には、海外で支払われたZUS拠出金を含めることができます。納税者または納税者に協力する者の強制的な社会保障が欧州連合の領土で支払われる場合、規則に従って、保険料は毎年認識される場合があります。ポーランドの免税所得からは、二重課税の回避に関する協定および海外で控除されたものの規定に従って、拠出金は控除されません。

不当な寄付の払い戻しと年次確定申告

支払人が退職年金および障害年金保険の拠出額を計算するための根拠を誤って過大評価していることが判明した場合、過払いの拠出金は被保険者に返還されるべきです。拠出金の払い戻しは、年次確定申告の改訂にはなりませんが、確定申告を受け取った課税年度の所得として表示する必要があります。従業員が払い戻しを受ける場合、過払いの前払いは収入として表示されるべきであり、社会保障負担は計算されません。ただし、これは健康保険料の計算基準に追加されます。