2019年のIPBOX割引の決済方法-説明します!

サービス税

IPBOXレリーフは2019年1月1日に導入されました。これは、適格なIPを作成、開発、または改善する納税者を対象としています。ほとんどの場合、ソフトウェアを作成する納税者や著作権を再販する開発者が使用できます。 2020年に提出されたPIT納税申告書で2019年のIPBOX救済を決済する方法を確認しましょう!

ステップ1-IPBOX割引を利用するための条件を満たしていますか?

2019年に個人所得税を確定する一部の納税者は、知的財産権からの所得の優先課税を初めて利用できるようになります-IPBOX。ただし、納税者はIP BOXの救済を受ける権利がありますが、以下の表に示すいくつかの条件を満たす必要があることに留意する必要があります。

状態

状況の説明

研究開発活動の実施

納税者は、知識リソースを増やし、知識リソースを使用して新しいアプリケーションを作成するために、体系的に行われる科学的研究または開発作業を含む創造的な活動を実行します。

プログラマーの場合、特定のクライアント(B2Bの一部として)に対してのみ新しいソリューションが得られ、市場全体にとって新しいまたは革新的である必要がない場合でも、作業は「創造的」です。

修飾されたIPの作成

特許、実用モデルの保護権、意匠の登録権、集積回路地形の登録権、医薬品または植物保護製品の特許の追加保護権、医薬品および獣医医薬品の登録権植物品種の法的保護に関する法律で言及されている、取引が認められている製品、排他的権利、規定に基づいて法的に保護されているコンピュータプログラムの著作権。

資格のある知的財産権から収入(損失)を得る

適格な知的財産権の収入(損失)は、それが達成された範囲での非農業経済活動からの計算された収入(損失)です。

1)適格な知的財産権に関連するライセンス契約に起因する料金または料金から。

2)適格な知的財産権の販売から。

3)製品またはサービスの販売価格に含まれる適格な知的財産権。

4)訴訟または仲裁を含む訴訟で取得された場合、適格な知的財産権から生じる権利の侵害に対する補償。

実施された研究開発活動に関連して発生する費用は、適格なIBの作成を意味します

納税者が費用を負担していない場合、ネクサス比率は「0」となり、所得に優遇税率を適用することはできません。これらの費用には、エネルギー、電話、会計サービスなどの間接費は含まれていません。

IP BOXの救済を目的として、経済イベントの個別の記録を保持する

知的財産権から収入を得始めた瞬間から記録を残す必要があります。規則に定められた要件を満たす必要があります。

念のため、IP BOXの減税は、納税者が取得した適格な知的財産権(つまり適格なIP)からの所得に対して適用される税率を5%に引き下げることで構成されます。割引は、事業を営む人々にのみ適用されます。納税者が条件を満たしていない場合、IPBOXの救済を利用することはできません。 IP BOX割引を受ける資格があるかどうかわかりませんか?このトピックに関する記事を読んでください。
IPボックスの救済-どのような条件で付与されますか?
IPボックス-5%の所得税率
開発者向けのIPBOX-対象ですか?

ステップ2-適格なIBを目的とした記録

上記のように、IP BOXの設定を利用するには、適格なIBの販売から収入を得ることに関連するすべての財務業務を含む個別の記録を保持する必要があります。立法者は、IP BOX設定を適用する目的で会計帳簿を保持していない納税者に対して、特定の形式の記録イベントを課しませんでした。同時に、適格IPからの収入をそれに基づいて計算できること、つまり、年次納税申告書に表示できることが重要です。

  • 収入の合計、

  • 税額の合計、
    所得(損失)の合計額。5%の税率で課税されるものと優先課税されないものに分けられます。

したがって、会計帳簿を保持していない納税者は、コンピュータプログラム(スプレッドシートまたは手動)を使用して、適格なIBプロジェクトの個別の記録を紙に保持することができます。このような記録には、特定の月末に適格なIBプロジェクトに関連する支出を確認する文書の月次リストが必要です。記録には、個々のプロジェクトに関連して支出へのアプローチが増加していることを示す要約も含める必要があります。 電子版で保存された記録は、たとえばコンピュータディスクにアーカイブする必要があり、その構造により、後で個々の暦月の終わりにデータを取得できるようになります。 IP BOXの減税の説明によると、税収と経費の元帳は、所得税と税控除の対象となる費用、とりわけ所得税の目的での収入の金額を正しく計算できる記録保持ツールとして想定されています。 。したがって、事業所得およびIPBOX救済の対象とならない所得が決定されます。 記録は最新の状態に保つ必要があります。 2019年11月27日にKASのディレクターが参照番号付きの個別の判決で確認したように、将来的に実行することはできず、逆に補足することもできません。行為0115-KDIT2-1.4011.405.2019.2.KK。したがって、適格なIBの作成、開発、または改善を目的とした研究開発活動の開始から個別の記録が保持されない場合、IP BOXを使用する権利は付与されません(KASディレクター、2019年11月18日) 、ファイル参照番号0115-KDIT3.4011.354).2019.1。PSZ)。

資格のあるIBの目的のためにレコードの無料テンプレートをダウンロードする

ダウンロードする:

pdf
IP BOXの目的のための記録relief.pdf説明:手動入力用のフォーム docx
IP BOX.docx救済を目的とした記録説明:編集、印刷、保存

ステップ3-年次確定申告で2019年のIPBOX免税をどのように説明しますか?

PIT-36およびPIT-36Lを含む年次事業宣言は、2月15日から4月30日まで提出できます。したがって、IP BOXの救済を利用したい一部の起業家は、この日に、年次納税申告書に添付されたPIT / IP添付ファイルでそれを解決することができます。

それをよりよく説明するために、2020年に提出された年次納税申告書で2019年のIPBOX免税を説明する方法の例を示します。

例1。

ミカウ氏はプログラマー(IP BOX救済を利用する権利を確認する個別の解釈を持っている)であり、2019年に個人事業(フラットタックスで課税)の一環として、彼は100,000PLNの収入を得ました。費用は50,000PLNに達した。したがって、彼は50,000ズウォティの収入を達成しました。この収入の一部として、彼は適格IP(1つの特許)から20,000ズウォティの収入を達成しました。この収入では:

  • 適格IBからの収入は50,000PLNでした。

  • 適格なIBからの費用は、以下を含めて30,000ズウォティに達しました。

    • 直接費用は10,000ズウォティでした。

    • 無関係の事業体からの研究開発結果の取得は10,000ズウォティに達しました。

    • 適格なIBの取得は10,000ズウォティに達しました。

ミカウ氏はアートに基づく免税を使用していないことを強調しておく必要があります。 44セクション7aとアート。 21秒PIT法の1ポイント63aおよび63b。

PIT-36Lの年次確定申告書に添付されているPIT / IP付録では、Michał氏が次の項目を完了しています。

項目1-あなたのNIP(納税者番号)。

項目2と3は税務署によって完成されます。

項目4では、納税者は2019年を示しています。

パートA「納税者識別データ」では、納税者は自分の名前、名、生年月日を入力します。

次のパート-B-で、納税者は適格なIBのどれが収入を得たかを示します。項目8のMichał氏は、番号「1」を示しています。

パートCでは、Michał氏は、彼の場合、個々の適格な知的財産権の収入を決定することが可能であるという事実のために、項目17でYESオプションをマークしていません。

項目18では、納税者は50,000ズウォティの金額を示しています。

項目19では、納税者は30,000ズウォティの金額を示しています。

項目20では、納税者は所得額にネクサス比率を掛けたものを示します。ミカウ氏は、次の計算の結果、PLN17,333の値を入力します。

(10 000 + 10 000) × 1,3
____________________________
10 000 + 10 000 + 10 000        = 0,867

PLN20,000×0.867 = PLN 17,333

項目21で、納税者は次の計算の結果としてPLN2,667の金額を示します。
PLN 50,000-PLN 30,000-PLN 17,333 = PLN 2,667

項目22で、納税者はPLN0を示します。

ミカウ氏は、前払金の徴収の免除を利用していないため、パートDを空白のままにします(PIT法の第44条(7a))。

パートEでは、ミカウ氏も経済特区で行われた経済活動からの収入と支援の決定で指定された経済活動からの収入を得られなかったため、価値を完成させていません。

パートFでは、Michał氏が税計算について説明します。

項目33で、納税者は、フィールドに示されている計算スキームに従って、PLN 17333の金額を完了します。

項目34で、納税者はPLN 867(PLN 17 333 x 5%)の金額を示します。項目34の金額は、PIT-36L納税申告書の項目118に転送する必要があります。

PIT / IP付録を完了したら、PIT / B付録の記入に進みます。

この付録では、項目1〜6は、PIT / IPの場合と同じ方法で納税者が記入します。

パートB。だから位置に:

  • 7はPLN50,000を示し、

  • 8-20,000 PLN、

  • PLN 9-30,000、

  • 100ズウォティ。

パートCは、どの会社の株主でもないため、納税者によって補足されません。

パートD.1。納税者は、パートCで値を入力していないため、パートBと同じ金額を構成します。

パートD.2。ミカウ氏は、経済活動の収入を増やしたり損失を減らしたりする金額を入力します。

  • 26-PLN 2,667(PIT / IP付属書の項目21から)の金額を示します。

  • 27-PLN 0の量を示します(フィールドに示されている計算スキームに従って計算されます)、

  • 28-PLN 2,667の金額を示します(フィールドに示されている計算スキームに従って計算されます)、

  • 29-PLN 32,667の金額を示します(PLN 2,667 + PLN 30,000 =アイテム24+アイテム28)。

パートD.3。ミカウ氏は、控除後の総収入、費用、および経済活動からの収入を入力します。

  • 30-(項目22から)50,000ズウォティの金額を示します。

  • 31-20,000ズウォティ(項目23から)の金額を示します。

  • 32-PLN 32,667(アイテム29から)の金額を示します。

  • 33-PLN 0の量を示します(項目27から)。

ミカウ氏は、一時停止された合名会社のパートナーではないため、パートEを完了していません。

添付が完了したら、PIT-36Lの決済に進みます。ミカウ氏がIPBOXの救済を利用したという事実により、彼は次の計算の結果としてPLN2,426.62の税金還付を受けることになります。
通年の納税額:50,000 PLN×19%= 9,500 PLN
IP BOXを含む納税額:
PLN 32,667×19%= PLN 6,206.73
PLN 17333 x 5%= PLN 866.65

差:PLN 9,500-(PLN 6,206.73 + PLN 866.65)= PLN2,426.62。

要約すると、納税者は2019年の確定申告で真の課題に直面します。これらの規定はあいまいであり、多くの納税者は確定申告の一部として免税を控除することを決定しません。それでも、2019年のIP BOX救済の会計処理方法を説明する上記の指示により、納税者が救済を含めることが容易になり、今年はより多くの納税者がその恩恵を受けることを願っています。 2019年7月15日の税の明確化によると、免税は年次ベースでのみ適用できます。ただし、解釈0115-KDIT3.4011.445.2019.2.ADでは、国税情報局長は、2020年の前払いに5%の税率を適用できることに納税者と合意しました。ただし、これは孤立した立場であり、税の説明と矛盾しています。

wFirma.plシステムの年次確定申告で2019年のIPBOX免税をどのように説明しますか?

アートに基づく免税の恩恵を受けない、IPBOX救済を受ける資格のある納税者。 44秒7aとアート。 21秒PIT法の1ポイント63aおよび63b、wFirma.plシステムでは、彼は年次納税申告書(PIT-36またはPIT-36L)にPIT / IPアタッチメントを補足することができます。

システム内のアクティビティに関する年次宣言を生成するには、タブに移動します。[スタート]»[税金]»[年次宣言]»[宣言の追加]次に、適切なフォームの1つを選択します。

  • 一般的な条件での年次所得税申告(PIT 36)、

  • 年次フラット所得税申告書(PIT 36L)。

表示されるウィンドウで、年次確定申告の目的(提出または修正)を示します。

次のウィンドウを受け入れると、年次宣言に添付する添付ファイルを指定するウィンドウが表示されます。 PIT / IPアタッチメントを追加するには、ANNEX PIT / IPオプションを選択します。

宣言作成ウィンドウで、PIT / IP添付ファイルに移動し、ウィンドウに手動で入力します。完了後、システムは自動的に所得額をPIT / Bに転送し、PIT-36の税額を361位(納税者として機能する場合)または362位(配偶者として機能する場合)、およびPITに転送します。 -位置118への36L。

さらに、システムは、PIT / B付録のメッセージによって納税者に、二重課税が発生しないように、事業活動に関連する収益とコストをPIT / IPに含まれるものだけ削減する必要があることを通知します。

納税者は、準備された年次申告を[スタート]»[税金]»[年次申告]タブを介してシステムから直接送信します。ここで、準備された申告を選択し、[オフィスに送信]オプションを使用する必要があります。表示されるウィンドウで、認証データが確認され、SEND TO THEOFFICEオプションが使用されます。

出荷を注文すると、申告書の横に封筒が表示され、出荷が確定すると緑色に変わり、UPOをダウンロードできるようになります。