過年度からの損失-それを適切に説明する方法は?

サービス税

ある年の終わりに事業活動を失った起業家は、その後の年にそれを解決することができます。そのような法律は個人所得税法に含まれていました。過年度からの損失はどのように説明されるべきですか?

損失を解決するのにどれくらいの時間がかかりますか?

アートに準拠。 9秒個人所得税法第3条では、特定の年に発生した損失は、次の5つの連続する課税年度に決済される可能性があります。このような損失は、提出された年次確定申告に基づいてのみ解決できることが重要です。

たとえば、2017年にこの活動で損失を被った事業を営む人は、2022年までそれを差し引く権利があります。それ以降は、決済はできなくなります。

COVID-19の流行に関連して、損失を遡及的に解決することが可能です。詳細については、「COVID-19によって発生した損失の遡及的解決」を参照してください。

損失を解決する方法は?

個人所得税法に記載されているように、その後のいずれかの年の減額額は、2018年までに発生した損失額の50%を超えてはなりません。一方、2019年からの損失は、500万ズウォティの上限まで、または発生した損失額の50%まで、1回限りで差し引かれる可能性があります。 500万を超える剰余金は、50%ベースで年次確定申告で決済されます。

例1。

Jan Kowalskiの会社は、2016年に7,500ズウォティの損失を被りました。和解の時期は2021年までです。次の年に、会社は次の結果を示します:

2017-収入PLN10,000

2018-PLN1,500の損失

2019-収入PLN8,000

2020-収入PLN12,000

2021-収入17,000PLN

上記を考慮に入れる制限、ジョン氏の損失の控除は次のようになります:

2017-PLN 3,750(PLN 7,500の金額の50%)

2018-0(特定の年にエンティティは再び損失を示します)

2019-4,500(PLN 7,500の金額の50%+ PLN 1,500の金額の50%)

2020-PLN 750(PLN 1,500の50%)-両方とも完全に決済を開始

2021-PLN 0

損失額は、現在の所得税の前払金の決済に含めることができるため、年次確定申告書が作成されるまで待つ必要はありません。

過年度およびその他の原因による損失

過年度から損失を差し引くための最も重要なルールの1つは、同じソースからの収入しか減らすことができないという事実です。したがって、起業家が他の収入源、たとえばフルタイムの雇用からも収入を得ている場合、彼はそれらを和解に含めることはできません。

wfirma.plシステムにおける過年度からの損失の決済

wfirma.plシステムで前年度からの損失を決済するには、[設定]タブに移動し、[税額]テーブルで[所得税]項目をクリックするだけで十分です。次に、表示されるウィンドウで、[控除の追加]をクリックしてデータを完成させます。その後、導入された損失は、所得税の前払いに自動的に含まれます。

記事のwfirma.plシステムでの前年度からの開始の決済に関する詳細:https://pomoc.wfirma.pl/-jak-wrożic-do-systemu-strate

紐を付けずに30日間の無料試用期間を開始してください!