税務署の決定に対して適切に上訴を作成するにはどうすればよいですか?

サービス税

税務署長が税務署長の決定を正すかどうかは、上訴の適切な準備に大きく依存します。出された決定の誤りを証明し、税務署の調査結果に疑問を呈するすべての事実を提示しなければならないのは納税者です。納税者は、税務署長の決定に同意する必要はありません。彼は、発行から14日以内に、税務署長に上訴する権利を有します。しかし、アートによると。税法第222条では、税務当局の決定に対する上訴には、決定に対する告訴が含まれ、上訴の対象となる要求の本質と範囲を指定し、要求を正当化する証拠を示さなければなりません。

決定に対する主張は納税者によって示された欠点であり、その意見では、上訴で定式化された主張を正当化するでしょう。一方、告訴の理由には、特に以下が含まれる場合があります。

  • 誤解または誤った適用による実体法の違反、
  • 当事者が第一審の権限の前に呼び出すことができなかったという新しい事実と証拠、
  • 事件の結果に重大な影響を与えるすべての事実上の状況を説明しなかったことによる手続きの規定の違反
  • 税務当局の調査結果と事件で収集された証拠の内容との矛盾、
  • 税務当局の決定に影響を与える税務手続きの違反(例:手続きへの当事者の積極的な参加の欠如)。

アピールにはどのような情報を含める必要がありますか?

税務署の決定が正しくないことを証明するのは納税者の責任です。だからこそ、判決を下した当局が間違っていたことを証明するすべての事実を上訴で提示することが非常に重要です。控訴の要求を正当化する証拠と状況を引用する必要があります。納税者が検査する権利を有する、税務署で検討されたケースファイルからのメモ、証明されたコピー、または抜粋は、この目的に役立つ場合があります。控訴を提出する人はまた、要求の範囲を提示する必要があります。つまり、決定が変更または取り消されることを求めているかどうか、および控訴機関の決定が決定全体またはその一部のみに関連するかどうかを指定する必要があります。また、変更の内容を詳細に説明する必要があります。たとえば、納税者が査定された税額の修正を要求する場合、そのような調整が行われる金額を指定する必要があります。

決定に対する上訴は、アートに定められた正式な要件も満たす必要があります。税法の168。これは、上訴を提出する当事者のデータ(名前、名前、住所、会社名、座席、または事業所)と、上訴の宛先となる上訴機関の指定が含まれている必要があることを意味します。この情報がないと、税務署は納税者に不足分を補うように要求したり、ケースを考慮しなかったりする可能性があります。また、上訴には、上訴を提出した人の手書きの署名があり、その準備の日付が含まれている必要があります。

控訴の期限

納税者は、受領の翌日から数えて、決定に対して上訴するために14日間の猶予があります。控訴期限の最終日が法定休日に当たる場合、この期間は、休業日の翌営業日まで延長されるものとします。上記の期限を過ぎた上訴は考慮されません。