VATとPITに基づくリース-アカウントを正しく入力する方法は?

Webサイト

リースはかなり特殊なタイプの商業契約であり、そのおかげで、起業家は納税者が直接購入していない機器を会社で使用できます。それは、その価値が会社の所有者の一時的な能力を超える必要な資産を取得するための良い方法です。ただし、賃貸契約を締結する際には、収入と費用が発生するため、所得税とVATに影響を与えることを覚えておく価値があります。記事を読んで、リースを正しく予約する方法を見つけてください!

オペレーティング・リース

オペレーティングリースについては、Art。 23b段落。個人所得税法の1。このタイプの契約では、関連する機器は貸手の固定資産台帳に残ります。これは、借手が減価償却費を税控除可能な費用として認識できないことを意味します。一方、会社の費用として計上できるのは、リースの分割払い全体に加えて、必要な手数料と手数料です。また、自動車の燃料など、固定資産の日常業務にかかるすべての費用は、走行距離で制限することなく、会社の費用に含めることができます。

貸手は、前述のとおり、オペレーティングリース契約を締結する際に、固定資産の減価償却費を償却することを約束します。他方、借手から受け取ったリース料の全額が収入として含まれています。

オペレーティングリース契約は、借手が固定資産を購入するオプションを規定しています。

リースも付加価値税の対象となります。オペレーティングリース契約では、この税金は分割払いごとに個別に請求されることを前提としています。したがって、時間の経過とともにコストを分散させたい起業家にとっては大きな利点です。

例1。

食料品店を経営するアンナ夫人は、トラック購入のためのオペレーティングリース契約を締結しました。購入した車はビジネスでのみ使用されるという事実のために、それは時間の経過とともに減価償却される会社の固定資産を構成することができますか?毎月のリース分割払いのVAT請求書はどのように決済する必要がありますか?

購入資金がオペレーティングリースである自動車は、ユーザー側の固定資産を構成しません。車両がビジネス目的でのみ使用されるという事実は関係ありません。したがって、アンナさんの会社の費用は減価償却費ではなく、最初の支払いとその後のリース分割払いの請求書になります。

金融リース

金融リースは、貸手と借手が選択できる2番目の契約形態です。前述のオペレーティングリースとはかなり異なります。これに関連する規定はアートに含まれています。 23f段落。個人所得税法の1。

契約締結時に、関連する設備が借手の固定資産の登録簿に入力されます。したがって、減価償却費を償却し、それらを税控除可能な費用として分類するのはこの当事者です。

ファイナンシャルリースでは、ユーザーは機器に支払うリースの分割払い全体を企業経費として認定することはできません。この状況では、減価償却費の償却を除いて、唯一のコストは分割払いの基本部分の利息です。これらは、返済額と資産の初期値の差として計算されます。同時に、そのような利子だけが賃貸人の収入を増やします。

賃貸借契約は、最後の分割払いの支払いで、借手が賃貸資産の所有者になることを規定しています。したがって、この状況では追加の償還ルールを確立する必要はありません。

金融リースに対するVAT税は、分割払いではありません。全額は、最初のリース分割払いの支払いと一緒に支払う必要があります。したがって、この種の契約を決定する際には、一度に多額の支払いをする必要があることを考慮に入れる必要があります。

例2。

XYZ社を経営するヤン氏は、正味価格が11,000PLNのコンピューターセットを購入した。購入はファイナンシャルリースで賄われました。設備は完全で使用に適しており、会社で1年以上使用されるという事実のために、会社の固定資産に含めることはできますか?毎月のリース分割払いの費用はどのように決済する必要がありますか?

コンピュータセットの購入は金融リースで賄われていたため、ユーザー側の固定資産の登録簿に入力する必要があります。このおかげで、コンピュータセットは減価償却の対象になります。ただし、分割払いのリースの場合、ヤン氏は特定の分割払いの支払利息部分のみを税金費用として含めることができます。金融リース契約を締結する際には、取引のVATの全額が、最初のリース分割払いの支払いと一緒に支払われることも覚えておく価値があります。 営業停止期間中、会社の停止前に賃貸借契約が締結されていれば、賃貸料は税控除の対象となる費用として認識される場合があります。

最初のリース料

初期の賃貸料を予約する方法は、常に税務当局と納税者の間で論争を引き起こしてきました。一方では、間接費(つまり、特定の収入に直接関係しないもの)は、発生した日に一度予約することができます。しかし、アートによると。 22秒個人所得税法の5cでは、そのような支出が複数の会計期間に関連し、特定の課税年度にどの部分に関連するかを判断できない場合は、個々の期間に比例して分割して割り当てる必要があります。

この点で最大の論争を引き起こしたのは、最初の支払いをリースに関連付ける方法でした。この点で、納税者は、リース契約を締結する可能性を条件とし、個別の分割払いとは直接関係がないため、このような料金は一度予約する必要があるという立場を取りました。一方、税務当局は、これは賃貸借契約全体に密接に関連する費用であると想定していたため、個別の分割払いに比例して決済する必要があります。

重要なことに、起業家によって扱われる行政裁判所は、彼らの判断において非常に全会一致です。彼らは、納税者の​​立場と、最初のリース料を実際の支払い日とともに一度転記する可能性に同意します。

裁判所の統一された立場の結果として、財務省は書簡を発行しました(2012年のBiuletyn Skarbowy No. 1、最初の支払いを掲載したNo.
DD部門は、行政裁判所が提示した法学に賛成して、初期リース料は、リース契約の期間に比例するのではなく、発生時に一度税金費用に含めるべきであると通知します。これらの判断の特徴は、当初のリース料は、個別のリース分割払いではなく、返還不能の自発的料金であり、その発生はリース契約の履行に必要な条件であるという認識です。この料金は、リース契約の締結に関連する1回限りの支出であり、その結果、リース自体の対象の解放に関連します。

税金費用の初期費用の1回限りの認識の正しさは、2016年3月8日に発行された個別の税務判決で、ビドゴシュチュの税務署長によっても確認されました。 ITPB1 / 4511-1158 / 15 / AK、私たちが読んだ、 それ:
(...)初期リース料は、契約の締結を決定します。つまり、時間の観点から理解された契約全体ではなく、締結の瞬間に関連付けられる必要があります。それはリースサービスの期間ではなく、一般的にそれを使用する権利に関係します。したがって、リース期間全体にわたって料金が発生します。したがって、この料金は、賃貸借契約の締結に関連する一回限りの支出です。したがって、契約期間に比例して決済する義務はありません。したがって、初期費用は、発生日に1回限りの税控除対象費用として分類する必要があります。 (...)
2013年以降、リースの当事者を変更することが可能です。契約の他の条件が変更されない場合、そのようなイベントは契約の継続として扱われます。当事者を除いて、追加の条件が変更された場合、そのような事実は新しいリース契約の締結と見なされます。

オペレーティングリース-wFirma.plシステムでの認識

原則として、オペレーティングリースで融資された資産は、固定資産の登録簿に入力することはできません。 wFirma.plシステムは、リース資産の2つのカテゴリを区別します。

  • 乗用車とトラック、
  • その他の資産。

2019年1月1日より、同社の乗用車関連費用の決済方法が変更になりました。記事のこの主題の詳細:2019年からの会社の乗用車の会計方法の変更

紐を付けずに30日間の無料試用期間を開始してください!

オペレーティングリースと乗用車とトラック

最初の支払いとその後のリース分割払いの貸し手からの請求書を予約するには、最初にタブを介して車両をシステムに追加します:記録»車両»車両の追加。必須フィールドに入力した後、所有権フォームとして[オペレーティングリースとレンタル]オプションを選択し、ビジネスまたはビジネスとプライベートでのみ使用方法を指定します。これに基づいて、自動車関連費用のVATを差し引く権利があるためです(50%または100%)が確立されます。このように追加された車両に関連する予約費用は、適用される制限に従って、システムによって販売VATレジスターとKPiRに入力されます。

最初の支払いとリースの分割払いの請求書は、タブを介してシステムに入力する必要があります:費用»会計»追加»バット請求書»リースまたはレンタル(トラックの場合)/車のリースまたはレンタル。

転記された支出は、費用のVATを控除する権利に従って、VAT購入登録簿(アクティブなVAT支払者の場合)およびKPiRの列13-その他の費用に含まれます。 燃料の購入またはオペレーティングリース中の乗用車またはトラックの現在の使用に関連する費用は、タブを介してシステムに予約する必要があります:支出»会計»追加»バット請求書»車両の燃料の購入/その他の関連費用車両の現在の使用。

オペレーティングリースおよびその他の資産

オペレーティングリースによる他の資産の購入の資金調達に関連する最初の支払いとその後のリース分割払いの請求書は、タブを介してシステムに転記する必要があります:支出»会計»追加»バット請求書»事業活動に関連するその他の支出。

転記された支出は、VAT購入登録簿(アクティブなVAT支払者の場合)およびKPiRの列13に含まれます-VAT控除またはコスト制限の追加制限のないその他の費用。