VATアカウントに蓄積された資金を回収するにはどうすればよいですか?知っておくと良い!

サービス税

2019年11月に導入された分割支払いメカニズムは、分割支払いとも呼ばれ、商品またはサービスを正味額で起業家の口座に、VAT額でVAT口座に分割して送金する必要がありました。起業家の決済口座からの資金を管理する場合は問題ありませんが、VAT口座に蓄積された資金をどのように回収するかという疑問が生じます。記事で説明します。

分割払いとは何ですか?

分割支払いモデルでは、買い手は1回の送金で請求書を支払いますが、金額は売り手の2つの銀行口座(決済と特別なVAT口座)に送金されます。 2019年11月1日以降、義務的な分割払いは、次の3つの条件が共同で満たされた場合に発生します。

  • 請求書の少なくとも1つの項目がVAT法の付録15に記載されています(特に、2019年11月1日より前に逆請求が適用された商品の配送とサービスの提供に関係します)。

  • 売上高の総額は少なくとも15,000PLNです。

  • 販売は納税者間で行われます-B2B(購入者がアクティブまたは免税のVAT納税者であるかどうかに関係なく)。

提出されたJPK_V7の一部の起業家は、活動の特異性のために、納税額(消費税)よりも仮払消費税(購入時)の余剰を示しています。さらに、分割支払いメカニズムの導入により、起業家はVATアカウントに「凍結」資金を持っていました。次に、納税者は、VATアカウントに蓄積された資金を回収するために、法律で厳密に定義された目的で蓄積されたお金を分配するか、返還を申請するかの2つのオプションがあります。 アートに準拠。 108b段落。 VAT法第3条では、VAT口座から資金を解放するために、起業家は60日以内に処理する税務署長に申請書を提出する必要があります。 重要なのは、アクティブなVAT納税者ではない(つまり、非VAT)起業家も、VATアカウントに蓄積された資金の返還を申請することができるということです。

VATアカウントからの資金で支払うことができる負債は何ですか?

VATアカウントの納税者は次の支払いを行うことができます。

  • 提出されたJPK_V7に起因する税務署によるVAT(商品の輸入に対するVATを含む)。

  • 社会保障への貢献-ZUS;

  • 年間の収益と進歩から生じるCITとPIT。

  • 物品税および物品税の前払い。

  • 関税;

  • 追加の納税義務;

  • モーター燃料のコミュニティ内燃料消費に対する出力VAT。

  • 納税義務の延滞に対する利息。

  • 転送メッセージを使用した請求書の修正によるVAT額の払い戻し。

さらに、VATアカウントからの資金で現在の請求書を支払うことは可能ですが、購入請求書のVATの金額までです。

例1。

カミル氏はVAT口座に5,000PLNを持っています。起業家はこれらの資金で今月のZUS拠出金を支払うことができますか?

はい、VATアカウントからの資金でZUS拠出金を支払うことに対する禁忌はありません。 ZUSの拠出金を支払うには、分割支払い方法を使用するのではなく、通常の送金を使用する必要があります。 例2。

アガタはグロスPLN1230(純PLN 1000、VAT PLN 230)の請求書を持っていますが、VATアカウントには10​​0PLNがあります。彼はVATアカウントからの資金で負債を支払うことができますか?

はい。ただし、VATアカウントからサプライヤーへの負債の支払いは、納税者がアカウントに蓄積した金額で行われる場合があります。つまり、起業家はVATアカウント(この場合はPLN 100)に保持されている資金の金額で負債を支払うことができ、残りのPLN 123(230-100)は決済アカウントから支払うことができます。

VATアカウントに蓄積された資金を回収するにはどうすればよいですか?

納税者のVAT口座に一定額の資金が蓄積された場合、納税者は、VAT口座に蓄積された資金を事業目的で保管されている銀行口座に送金するための書面による要求を提出する権利があります。 VAT法第108b条:

1.納税者の要請に応じて、税務署長は、決定により、納税者が指定したVAT口座に集められた資金を、納税者が指定した銀行口座またはVATアカウントが保持されている協同組合の貯蓄と信用組合。 (...)

2.申請書では、納税者は、VATアカウントに蓄積された資金の金額を指定して送金します。

3.税務署長は、申請書の受領日から60日以内に決定を下すものとします。決定では、税務署の長が送金する資金の額を指定します。

4.税務署長は、パラグラフで言及された決定に関する情報を提供するものとします。 1、銀行または協同組合の普通預金およびクレジット。これらは、アプリケーションに示されているVATアカウントを保持します。この情報には、次のような注文の実装に必要なデータが含まれています。

1)パラグラフで言及されているVATアカウントの番号。 1;
2)第1項で言及されている、協同組合の貯蓄および信用における銀行口座または口座の番号。 1;
3)パラグラフで言及されている資金の額。 3"。 つまり、送金は納税者の要求があった場合にのみ行うことができ、払い戻し額を指定する必要があります。この法律は、申請書の提出期限を指定していないことを付け加える価値があります。したがって、納税者は、本件に関する申請書を税務署の所長に提出することにより、そこに蓄積された資金をいつでも「解放」することができると想定されます。申請書を受け取った後、最大60日間の決定により、ガバナーは資金の別の使用に同意し、最終的な金額を示します。決定に関する情報は、銀行または協同組合の貯蓄信用組合に提供され、VATアカウントは申請書に示されています。 VATアカウントに蓄積された資金の返還の申請書のテンプレートは、記事に含まれています:VATアカウントに蓄積された資金の転送の申請書-概要付きの無料テンプレート。

事務所は資金の返還を拒否できますか?

次の場合、VATアカウントに蓄積された資金を関連するアカウントに送金することに関する税務署長の決定は拒否される場合があります。

1.特に納税者がこの税金のために恒久的に納税義務を支払わない場合、または執行を妨げるまたは妨げる可能性のある資産の売却からなる活動を行う場合、税金による納税義務が履行されないという正当な懸念があります。 、 また

2.税の分野における納税者に対する税務手続の過程で、税の延滞を決定したり、税に追加の納税義務を設定したりすることへの正当な恐れがあります。

3.納税者によって提出された申請書の正当性の検証は、税の滞納の正当な恐れがあることを示しています。 紐を付けずに30日間の無料試用期間を開始してください!

wFirma.plシステムで「分割支払いメカニズム」という注釈付きの請求書を発行する

分割支払いメカニズムでVAT請求書を発行するには、[収益]»[販売]»[展示会]»[請求書]タブに移動します。必要なデータを入力したら、取引金額と正しいVAT率を入力し、件名にGTUコードを入力する必要があります。販売の義務的なマーキングの対象となっています。

次に、[ACCOUNTING]サブタブに移動し、[ACCOUNTING SCHEME]フィールドで、トランザクションの対象に応じて、[SPLITPAYMENT]オプションまたは[CONSTRUCTIONSERVICES-SPECIALCASE]を選択します。

このような会計スキームを使用すると、トランザクション値がグロスPLN 15,000を超えると、請求書の印刷出力の表の下に「分割支払いメカニズム」という注釈が自動的に表示されます。

保存後、請求書は列7のKPiRに転記されます。-商品およびサービスの販売または収益レジスター(一括払いの場合)およびアクティブなVAT納税者がいる場合は販売VATレジスターに入力されます。 JPK_V7構造では、請求書は「MPP」として表示されます。