在庫、つまり12月末の実地棚卸

Webサイト

収入と支出の税務台帳を保持している起業家は、年末に実地棚卸を準備する必要があります。これは実際には在庫または在庫とも呼ばれます。規則とその実施方法は、収入と支出の帳簿を保持することに関する規則に定められています。在庫とは何か、どのように適切に含める必要があるかを確認してください。

在庫、つまり実地棚卸

それは§27秒から直接生じるので。上記の1規則の中で、納税者は在庫帳を準備して入力する必要があります。

  • 1月1日
  • 各課税年度の終わりに、
  • 課税年度中の営業開始日に、
  • 課税年度中に定額所得税の課税を受ける権利が失われた場合、
  • 株主の変更があった場合、
  • 株主の持分比率が変更された場合、
  • 事業の清算時。

自然の目録は、次の成分の実際の量の要約です。

  • 市販品、
  • 基本および補助材料(原材料)、
  • 半製品、
  • 進行中の作業、
  • 完成品、
  • 不足と無駄。

在庫に含まれる資産は、完成日から14日以内に評価する必要があります。材料および商品の評価は、在庫日の購入または取得価格または市場価格(購入または取得価格よりも低い場合)に従って実行する必要があります。半製品および完成品の評価の場合、製造原価が考慮され、元の値を失った欠陥は見積もりの​​形で評価されます(さらなる有用性の文脈で)。 §29条項収入と支出の帳簿を保持することに関する規則の6
納税者は、実地棚卸の終了から遅くとも14日以内に評価を行う義務があります。 起業家は、在庫を作成するときに、納税者の​​所有物であるが、在庫の日に企業外にある商品、および彼が所有している外国の商品も含める必要があります。後者は評価の対象ではありません-それらが誰であるかを示すことで在庫でそれらを定量化することだけが必要です。 アクティブなVAT納税者である納税者は、正味額でVATの控除の対象となった商品を評価します。ただし、納税者がVATを控除する権利を持っていなかった場合は、総額で評価を行う必要があります。

操業開始前に購入した商品

起業家が商品を購入し、それをビジネスを始める前にKPiRに含めたいと思うことがよくあります。残念ながら、以前に購入した商品を直接原価で転記することはできません。起業家は、運用開始時に初期インベントリをコンパイルし、これらのコンポーネントを含めることによってのみこれを行うことができます。在庫のコンポーネントは、次のように評価する必要があります。

  • 購入価格(純額-控除する権利がある場合、総額-控除する権利がない場合)、
  • 在庫日の値(購入価格よりも低い場合)。

最終在庫と初期在庫

前述のように、12月31日に課税年度を終了するには、在庫を準備する必要があります。原則として、初期在庫の場合のように、税務署長にこの事実を通知する義務はありません。また、納税者が年末に在庫を作成した場合は、最終在庫が初期在庫となるため、1月1日までに準備する必要はありません。したがって、年末(12月31日)にKPiRに入力された実地棚卸に含まれるコンポーネントの状態も、翌年の1月1日の最初の入力になります。

一方、1月1日に事業を開始した納税者は、年末に実地棚卸を行わなかったため、別の行動をとる義務があり、初期在庫を作成する義務があります。課税年度の1月1日に実地棚卸を作成する義務は、前の課税年度の終わりに実地棚卸を作成した納税者には適用されません。この場合、課税年度の1月1日の実地棚卸の代わりに、前の課税年度の12月31日の実地棚卸が帳簿に入力されます。 2019年1月1日から、一時金の形で課税される納税者は、課税年度末に目録を作成する義務を免除されました。これは、税務および経済における起業家の簡素化を導入するための特定の法律を改正する法律によって確認されています。法。 例1。

ロバート氏は個人事業を営んでいます。 12月31日、彼は最終在庫を準備し、収益と費用の元帳にエントリを入力しました。このような状況で、ロバート氏は1月1日に別の実地棚卸を行う義務がありますか?

いいえ、原則として、納税者が年末に在庫を作成した場合、それは次の税年度の最初の在庫にもなります。

紐を付けずに30日間の無料試用期間を開始してください!

実地棚卸品目

実地棚卸は、慎重かつ恒久的に準備され、完成され、棚卸に参加している人の署名で署名されている必要があります。 §28秒で。 KPiRの維持に関する規則の2では、インベントリに含める必要のあるデータが詳細に指定されています。これには次のものが含まれます。

  • プラント所有者の名前と名前(会社名)、
  • 在庫の日付、
  • 実地棚卸シートの連続品目数、
  • パーに記載されている商品およびその他の成分の詳細な説明。 27、
  • 測定単位、
  • 国勢調査中に見つかった量、
  • PLNでの価格と測定単位あたりのグロシュ、
  • 製品の数量に単価を掛けた結果の値、
  • 実地棚卸の合計値。

在庫の最後に、「在庫は所定の位置で完了しました...」という条項、在庫を準備する人の署名、およびプラントの所有者またはパートナーの署名。

wFirma.plシステムに在庫を入力する

wFirma.plシステムのユーザーは、実地棚卸を作成した後、次のタブを使用して入力できます。記録»返品»残余の追加ここで、表示されるウィンドウで、在庫のタイプ(FINAL)を選択し、日付と値を入力します。 。在庫の価値は、収支台帳の列15に含まれます。