税の解釈-種類、分類、適用

サービス

税の解釈とは何ですか?起業家にとってこの問題の重要な問題、つまり解釈の分類、適用、拒否の可能性について説明します。起業家、詳細を調べて、税務の面倒を見てください。

税法(以下、OrdPU)の第1a章は、納税者が税法を適用するのを支援するソリューションとして、税解釈の制度を規制しています。 OrdPUの第14a条第1項は、財政を担当する大臣は、特に次のような税務当局による税法規定の均一な適用を確保するよう努めなければならないと述べています。

  1. 職権上または要求に応じてそれらを解釈する(一般的な解釈);
  2. これらの規定の適用に関する税法規定の職権上の一般的な説明(税の説明)を発行する-裁判所、憲法裁判所、または欧州連合司法裁判所の法学を考慮に入れます。

解釈の分類

解釈は、一般と個人の2つのタイプに分けられます。 1つは財務大臣が発行した一般的な解釈(Art。14aOrdPU)であり、2つ目は国税情報局長が発行した個別の解釈(Art。14b§1OrdPU)です。

個々の解釈は、納税者(支払人、徴収人)が国税情報局長に個々の場合の税法規定の適用に関する書面による解釈を提供するよう要求する権利に関連しています。 一般的な解釈は、その名前が示すように、納税者によって提示された特定の事実または法的地位を参照していません。それらは本質的に抽象的で一般的です。つまり、特定の種類の事実上または法律上の状況、および特定のカテゴリの宛先に関連しています。一般的な解釈の遵守から生じる納税者の保護そのものは、個々の解釈から生じる保護と同じです。

一般的な解釈の申請

主な違いは、納税者の​​一般的な解釈の申請は、財務大臣にそれを発行することを要求する要求ではないということです。これは、たとえば税務当局によって提示された異なる立場によって発生した問題を通知する方法です。

一般的な解釈の申請には、一般的な解釈を発行する必要性の正当性が含まれている必要があります。

一般的な解釈の申請書には、次のような要素を含める必要があります。

  • 問題の提示と一般的な解釈を必要とする税法の規定の表示。
  • 同じ事実状態または将来の出来事、および同じ法的状態の税務当局によって発行された特定の決定、規定、および個々の解釈における税法の不均一な適用の表示。

一般的な解釈を発行する目的は、税法の解釈の不一致や、さまざまな事業体における税および法的状況のさまざまな形成を回避することです。

個別の解釈

税法の個々の解釈は、国税情報によって発行されます。この点に関する手続きは、国税情報局長に直接申請書を提出した結果として始まります。フォーム(ORD-INフォーム)の形式での解釈の申請は、次の方法で提出できます。

  • 自然人;
  • 法人;
  • 税法が適用される活動を行う別の事業体。

さらに、納税者の​​グループも解釈を申請することができます。アプリケーション自体は、信頼できるプロファイルでアプリケーションに署名することにより、直接、手紙で、電子形式で、つまりePUAPを介して送信できます。

徹底的な事実状態を提示するための条件

アートに準拠。 14b§3個別の解釈の申請を提出するOrdPUは、実際の状況または将来の出来事を包括的に提示し、この実際の状況または将来の出来事の法的評価に関する彼自身の立場を提示する義務があります。徹底的に提示された(実際のまたは予想される)事実状態は、必要に応じて、関連する規定の運用上の解釈を行いながら、個々のケースでの税法の適用性に関する特定の不当な情報を提供することが可能なものです( 2015年5月27日の最高行政裁判所のArt。判決、II FSK 1201/13、Legalisを参照してください。

権限はアプリケーションに提示された事実または将来のイベントに拘束されるため、この条件を正確に満たすことが不可欠です。当局は、解釈の要求で提示された事実(2011年2月7日のグダニスクの地方行政裁判所の判決、I SA / Gd 140/11、Legalis)に干渉することを一切許可されていません。この点で不備があった場合、当局は、事実または将来の出来事の要素に関して、書簡の正式な不備を補足するよう要求することができます。そのような場合、当局は、解釈のために申請書に提示された実際の状態(将来の出来事)、または実際の状態の法的評価(将来の出来事)(クラクフの地方行政裁判所の判決)を変更することを申請者に要求しない場合があります。 2014年2月19日の。ISA/ Kr 1803/13、Legalis)。

事実の包括的な提示は、それに適用される税法の解釈の法的結果の観点から重要です。実際の状態から逸脱している実際の状態に関連して発行された解釈への納税者による適用は、アートに起因する原則の下で納税者を保護しません。 14kとアート。 14mOrdPU。

アプリケーションのステートメント

解釈の要求の2番目の正式な要素は声明です-虚偽の証言に対する刑事責任の苦痛の下で提出されました。声明には、申請書提出日の解釈請求の対象となる事実の要素が、係属中の税務手続、税務調査、税務調査当局の検査手続の対象ではないという情報が含まれています。税務当局または財政管理当局の決定または決定におけるその本質については解決されていません。

虚偽の申告を提出した場合、発行された税務解釈-個人は法的効力を持ちません(第14b条§4OrdPU)。アートに従って、正しい宣言を提出する必要があります。 Ord PUの14bセクション5では、解釈の要求を提出した日に、保留中の税務手続き、税務調査、税関および税務当局の検査手続きの対象となる事実要素に関して、個別の解釈は発行されません。または、決定または命令におけるその本質に関して、この点で問題が解決されたとき。

支払いの証明

申請書には、40ズウォティの申請料の支払い証明書を添付する必要があります。個別の解釈のために1つのアプリケーションに個別の事実または将来のイベントがある場合、アプリケーションに提示された個別の実際のイベントまたは将来のイベントごとに料金が請求されます。

解釈の要求が要件を満たしていない場合

申請が法的要件を満たしていない場合(例えば、指定された期間内に料金を支払わなかった場合(申請の提出から7日)、事実の明確で具体的な説明を提供しなかった場合)、当局は申請者に要求する必要がありますアプリケーションの欠陥を補うため。申請書が7日以内に補足されない場合、当局は考慮せずに申請書を残します。

反応時間

通訳の待ち時間は最大3ヶ月です。場合によっては、申請の正式な欠点を補うために、税務当局による納税者の呼び出しの結果として延長されることがあります。発行された解釈には、申請書に提示された事実の状態または将来の出来事の徹底的な説明、申請者の立場の評価、およびこの評価の法的正当性が含まれます。

申請者の立場が完全に正しい場合、当局は法的正当性から逸脱する可能性があります。申請者の立場が否定的な評価を受けた場合、個々の解釈には、法的な正当性とともに正しい立場の表示が含まれます。さらに、税の解釈-個人には、行政裁判所に苦情を申し立てる権利に関する指示が含まれています。

納税者保護

個々の解釈は、納税者または税務当局のいずれに対しても拘束力を持ちません。発行された解釈が納税者の法的立場を完全に確認したとしても、その内容を遵守する義務はありません。彼がその内容に従って行動するかどうかは彼の意志に依存します。それにもかかわらず、それはそれを遵守する納税者に保護を提供します。アートに準拠。 14k§1個々の解釈に適用されるOrdPU:

  1. 彼女が変わる前。
  2. 有効期限が切れる前。
  3. 個々の解釈を取り消す行政裁判所の法的に有効な判決の写しを伴う税務当局へのサービスの前。
  4. 税務訴訟の解決に含まれていない場合。

-申請者に悪影響を及ぼさない場合があります。

また、税務当局がその解釈を考慮しないと、納税者に法定責任を負わせることができません。また、延滞利息は請求されません。
紐を付けずに30日間の無料試用期間を開始してください!

解釈の免責事項

アートに準拠。 14b§5OrdPUは、申請書の提出日に以下の対象となった実際の状況に関係する場合、個別の解釈ではないようです。

  • 税務手続き、税務調査または税関および税務調査。
  • 税務当局の決定または命令における物質に関する決定。

当局は、決定の形で、事実または将来の出来事のこれらの要素に関して個別の解釈を発行することを拒否します。

  1. アートで指定されたアクティビティまたはアクティビティの要素を構成します。 119a§1または
  2. 契約上の利益を制限する措置の適用により発行された決定の対象となる、または
  3. アートで言及されている権利の濫用を構成します。 5秒付加価値税法の5(Journal of Laws of 2018、item 2174、修正済み)。

当局はまた、一般的な解釈が申請書に記載された事実または将来の出来事に適用されることを示す決定を作成することによって解釈を発行することを拒否する場合がありますが、申請書は無関係であると宣言します(OrdPUの第14b条5a)。そのような決定は、申請書に提示された事実状態または将来の出来事が、同じ法的状態で発行された一般的な解釈の対象となる問題に対応する場合に発行されます。次に、決定は、その公開の場所とともに一般的な解釈の指定を示します。発行された決定は、上訴される可能性があります。 立法者はまた、申請書に提示された実際の状況または将来の出来事が同じ法的地位の下で発行された一般的な解釈の対象となる問題に対応する場合、申請書の根拠がないことを宣言する新しい制度を導入しました。決定は、一般的な解釈が出願に記載された事実または将来の出来事に適用されることを出願人に示します。そのような場合、命令は、その公表の場所とともに一般的な解釈の表示を示さなければならない。

拘束力のあるレート情報の発行に関する規定の発効に関連して、解釈の発行を拒否するための追加の根拠が導入されました。アートによると。 14b段落。 OrdPUの1aでは、商品およびサービスに対する税法の規定で言及されている拘束力のある料金情報の範囲内で、個別の解釈は発行されません。拘束力のある税率情報は、納税者と税務当局に、商品の配達、輸入、コミュニティ内での取得、またはサービスの提供に適用されるVAT率の正確性についてより確実にすることを目的としています。

裁判所への苦情

申請者は、行政裁判所に解釈に対して苦情を申し立てる権利を有していることを強調する必要があります。冗談で。 14c§3OrdPUは、個々の解釈が行政裁判所に苦情を申し立てる権利に関する指示を含む範囲にあります。

法的根拠:

  • 商品およびサービスに対する税金に関する2004年3月11日の法律(2018年法律ジャーナル、項目2174、修正済み)。

  • 1997年8月29日の税法(Journal of Laws 2019.900、すなわち);

  • 2015年5月27日の最高行政裁判所の判決、II FSK 1201/13、Legalis;

  • 2014年2月19日のクラクフの州行政裁判所の判決ISA / Kr 1803/13、Legalis);

  • 2011年4月27日のグダニスクの地方行政裁判所の判決ISA / Gd 140/11、Legalis。