CIT-ST情報-誰がいつ提出する必要がありますか?

サービス税

起業家は、多数の事務所や支店を設立することにより、ポーランド全土で活動を展開しています。この業界を扱う納税者は各地区に支店を持っているため、これは特に貿易で顕著です。したがって、収益は、起業家の本部だけでなく、ポーランド全土で得られます。 CIT-ST情報が何であるかを確認してください!

CIT-STの法的根拠

アートに準拠。 28秒法人所得税法(以下、CIT法)の1では、地方自治体の管轄区域に所在する事業所(支店)を有する納税者は、その議席にふさわしいもの以外の事業所(支店)を、月次または四半期ごとに前払金を提出する必要があります。法人からの所得税収入に占める地方自治体の割合からの所得を決定するために、税務署は期限内に税務署に提出し、別の規則に従って作成された所得(損失)情報の金額を税務申告書に添付します。事業体の本社の外に支店を持つ事業体は、CIT和解とは別に、他のコミューンで得られた収入を示す追加のフォームを提出する必要があります。 アート10秒地方自治体の所得に関する法律の1は、次のように述べています。
「法人税の納税者が、その議席にふさわしい以外の地方自治体の領域に事業所(支部)を持っている場合、この税からの収入への参加からの収入の一部は、この施設が所在する地方自治体は、雇用契約に基づいて雇用されている人数に比例し、第2項および第2a項に従います。.

地方自治体の所得に関する法律には、事業所(支部)の独自の定義が含まれています。法の意味において、これは、雇用契約で指定された職場であり、納税者の​​席を管轄する地方自治体以外の地方自治体の領域にあります(上記の第10条(3))。地方自治体の収入に関する法律)。したがって、雇用契約における特定の従業員の勤務地の決定は、どの地方自治体単位(コミューン、ポビアット、ボイボドシップ)がそれぞれこの雇用者によって支払われる法人所得税の合計のパーセンテージシェアを取得するかを決定します。

法人税の対象となる事業体に課せられた立法者は、事業所のリストと雇用契約に基づいて雇用された人数を含み、個々の事業所(支店)での仕事を提供する税務署に提出された情報を準備して提出する義務を示しています位置する地域の地方自治体の

例1。

ワルシャワに本拠を置く商社は、全国に600店舗のネットワークを持っています。地元の労働者は、不在のスーパーマーケットで雇用されています。雇用された従業員の職場は、特定のコミューンにある市場です。この場合、納税者はCIT-ST申告を提出する必要がありますか?

この場合、納税者は全国で運営されているため、CIT-STフォームを提出する必要があります。スーパーマーケットがある個々のコミューンでは、納税者は従業員を雇用しています。上記の声明から次のように、採用された法的構造は、法人からの所得税収入における地方自治体のシェアからの収入を決定する目的で、組織的に分離された施設が雇用契約で指定された職場であると想定しています。特定の従業員。したがって、特定の職場に支店(工場)があるかどうかは関係ありません。勤務地は雇用契約書に明記されている必要があり、さらに納税者の所在地以外の地方自治体の領域内にある必要があります。

これは、2015年4月2日のポズナンの税務署長の個別の解釈によって確認されています。
「雇用契約に基づいて、これらの契約で指定された勤務地が居住地である従業員を雇用する会社は、地方自治体による所得を決定するために納税者の情報にそれらを表示する義務があります。法人からの所得税収入への参加のためのユニット[...] CIT-ST。ただし、会社には個別の組織単位(支店)がないため、CIT-ST / Aフォームを提出する必要はありません。

CIT-STに関する情報-パターン

立法者は納税者に上記の申告書の提出を義務付け、また上記の提出のテンプレートと期限を指定しました事業所(部門)および個々の事業所(部門)で働く人数に関する情報。この範囲は、2007年12月4日の財務大臣の条例で、法定者からの所得税収入における地方自治体のシェアからの収入の決済について指定されています。 §4秒に照らして。規則の1つである納税者の情報には、次のものが含まれます。

  • これらの事業所が所在する地方自治体の表示を含む事業所のリスト。

  • 雇用契約に基づいて雇用され、仕事を提供している人の数
    個々のサイトで、州によって決定されます。

  • 前払税が支払われる月の最終日-§2セクションで言及されている所得の決済のため1、課税年度中;

  • §2セクションで言及されている所得の最終決済のために課税年度に達成された所得(損失)の金額に関する申告が提出された課税年度の最終日1、課税年度の最後の月。

紐を付けずに30日間の無料試用期間を開始してください!

条例の§5に従い、工場で雇用される人数は、別の規則で指定された統計の方法論の原則に従って、雇用契約から生じる職場を考慮して決定されます。

この点で、次の宣言が有効です。

  • CIT-ST-法人からの所得税収入への参加に基づいて地方自治体に支払うべき所得を決定するための納税者の情報。

  • CIT-ST / A-CIT-STフォームの添付ファイルとして提出された事業所(支店)に関する情報。

CITについてもっと読む:
法人所得税(CIT)率-2020
法人所得税-CIT
VAT、PIT、CITの個人税勘定-確認方法は?

CIT-STはどこに提出しますか?

納税者は、納税義務が発生した課税年度の翌年の3月末までに年次申告書を提出する必要があります。暦年の対象となる納税者の場合、2019年3月31日は日曜日であるため、期限は2019年4月1日に延期されます。同時に、2018年12月末に終了するように課税年度を変更したCIT納税者から年次申告書が提出されます。

CIT-8の添付​​ファイルとしてCIT-ST宣言を提出します。したがって、私たちは納税者の席を管轄する税務当局に提出します。