例では個人税のマイクロアカウント!

Webサイト

2020年1月1日から、個人税のマイクロアカウントが実装されました。 1つの納税口座とは何ですか?誰がそれを使用する必要がありますか?どのような税金と手数料を絶対に規制する必要がありますか?所有する個人税マイクロアカウントは、延滞税または申告書の決済にどのように影響しますか?それをチェックしよう!

個人税マイクロアカウントとは何ですか?

個人税マイクロアカウントは、特定の納税者、雇用者-支払者に割り当てられたアカウントであり、個人所得税(PIT)と法人所得税(CIT)、および付加価値税(VAT)による支払いに使用されます。このソリューションは、決済を簡素化することを目的としており、財務省と国税局が共同で作成したものです。規制に従い、税務マイクロアカウントは2020年1月1日から運用されています。

個人税のマイクロアカウントは誰ですか?

財務省は、NIPまたはPESEL番号を持つ個人ごとに個別の税勘定を作成しました。したがって、これらは納税者と事業活動を行っている納税者の両方であり、納税者と事業活動を行っていない納税者の両方であることを理解する必要があります。

個人の税金マイクロアカウントにはどのような税金と手数料が支払われますか?

個別の税勘定では、次の4つの主要なソースから支払いを行うことができます。

  • PIT(税コード:PIT-28、PIT-28S、PIT-36、PIT-36L、PIT-36S、PIT-36LS、PIT-37、PIT-38、PIT-39、PIT-4R、PPL、PIT-7 、PIT-8AR、PIT-CFC);
  • VAT(税コード:VAT-7、VAT-7K、VAT-7D、VAT-8、VAT-9M、VAT-10、VAT-12、VAT-14、VAP-1、VAI、VAT-IM、VAT-In );
  • CIT(税コード:CIT-6AR、CIT-6R、CIT-8、CIT-8AB、CIT-8A、CIT-8B、CIT-9R、CIT-10Z、CIT-11R、CIT-14、CIT-CFC);

その他の税金、たとえば民法取引や手数料に対する税金は、通常の方法で、つまり税務署の銀行口座に支払う必要があります。 2021年4月15日から、納税者は税のマイクロアカウントにも支払う必要があります。
->連帯税、
->砂糖税、
->「サルに」税金、
->小売売上税と
->アルコール飲料の広告であるサービスを提供する事業体によって支払われる料金。

個人税のマイクロアカウント番号を生成するにはどうすればよいですか?

個々の税マイクロアカウントの数を決定するには、専用の税マイクロアカウントジェネレーターを使用します。 納税者および/または送金者は、任意の税務署で個人の税務口座に関する情報を入手することもできます。

番号を取得するには、PESEL番号(事業を営んでいない自然人およびVAT納税者として登録されていない事業​​体)またはNIP番号(事業を営んでいるかアクティブなVAT納税者である;納税者、社会保険および/または健康保険料)。 個別の税金請求書の作成は、SMSまたは電子メールでは行われません。その取得と実行には料金はかかりません。

個人の税務マイクロアカウントの数は、名前、税務署のプロパティ、または居住地が変更されても変更されません。

重要なのは、税のマイクロアカウントには支払いの履歴が含まれないことです。最終的に、納税者が自分の税務情報にアクセスできる税務ポータルでプロファイルにログインすることで、転記された支払いを確認できます。

税のマイクロアカウント-それはどのように見えますか?

アートに準拠。税法の61b§2では、個々の税口座番号の構造には次のものが含まれます。

  • チェックサム、
  • 銀行の組織単位のソート番号、
  • 納税者番号。

税マイクロアカウントは26文字で構成されています。

税マイクロアカウントに転送する前に、番号10100071222(項目3から開始)と納税者/支払人の正しいPESEL番号またはNIP番号が含まれていることを確認してください。

個人税マイクロアカウント-必須ですか?

PIT、CIT、VATの分野の税務署の既存の銀行口座は2019年12月31日まで運用されていました。この日付以降、つまり2020年1月1日以降、PIT、CIT、およびVATによる負債は個別の税マイクロアカウントに支払う必要があります。 2020年1月1日から規制される2019年12月31日より前に発生したCIT、VAT、およびPITに起因する納税義務は、個別の税マイクロアカウントへの支払いの対象となります。したがって、PIT、CIT、またはVATにより2019年12月/第4四半期に発生する納税義務は、個人のアカウントに支払う義務の対象となります。同様に、2020年より前の期間の年次確定申告またはVAT申告の修正の場合、結果として生じる延滞税はマイクロアカウントで決済される必要があります。

税金のマイクロアカウントと滞納税

個人税のマイクロアカウントの一部としての支払いの決済の問題は、Artによって規制されています。税法の62§1。その内容によると、譲渡時に滞納がない納税者は、PIT、CIT、VATなど、どのような種類の責任を解決したいかを指定することができます。納税者が譲渡のタイトルで決済する税金を指定しない場合、税務署の長は最も古い期日で責任を決済します。

ただし、納税者が税務署に滞納している場合、支払われた支払いは、納税者が指定した税金の最も早い納税日で、そのような表示がないか、表示された税金の滞納がない場合、滞納金に計上されます。税金-納税者のすべての延滞税の最も早い支払日での延滞税に向けて。

財務省と国税局は、納税者に、税のマイクロアカウントの債務に関する情報を含む誤ったSMSメッセージに対して警告します。偽のSMSのサンプル(元のスペル):

税のマイクロアカウントは、2.44ズウォティの金額でお世話になっています。 2020年3月28日までに完済してください。さもないと、事件は執行吏に送られます。 +ウェブサイトへのリンク。

紐を付けずに30日間の無料試用期間を開始してください!

例1.滞納税-1つの税

2020年10月に、納税者はVATの観点から税金の滞納があります。延滞は2つの期間をカバーします:

  • 2020年1月(2月25日までの支払い)で250ズウォティ、
  • 2020年2月(3月25日までに支払い)1,000ズウォティ。

2020年11月10日、納税者は1,000ズウォティの送金を行い、2020年2月の延滞金を支払いたいことを示します。

古い延滞金のため、税務署長は最初に1月の延滞金(PLN 250)の支払いを決済します。残りの金額(PLN 750)は、2月の延滞税に対して決済されます。

例2.滞納税-表示付きのいくつかの税金

2020年11月、納税者はPITとVATの両方の面で滞納があります。

重要なのは、送金を行うときに、個人の税マイクロアカウントに送金された支払いをVAT(PITではなく)の延滞税に割り当てることを指定するオプションがあります。そのような指示の後、税務署の長は、最も古いものから数えて、VATの延滞を解決します。要約すると、この状況の納税者は、自分が決済したい滞納の種類を指定できますが、支払いが決済される期間は明確にする必要はなく、税務署の長はとにかく最も古い滞納を決済します。

例3.滞納税-表示のないいくつかの税金

2020年9月、納税者はPITとVATの両方の理由で滞納があります。個人の税口座に送金する際、起業家は支払いが決済されるタイトル(PITまたはVAT)を指定しませんでした。このような状況では、税務署長が最も古いものから始めて、延滞税を決済します。

例4.滞納税-間違い

2020年10月、納税者はPITのみに基づいて滞納します。個人の税金マイクロアカウントに送金する際、彼はVATを示しましたが、このVATには滞納はありません。このような状況では、税務署の長は、支払いを決済するときに、最も古い延滞税、つまりPITにそれを貸方記入します。

確定申告と個人税マイクロアカウント

所得税、PITまたはCITおよびVATの還付は、既存の規則に従って実行されます。つまり、それぞれCEIDG-1またはNIP-8に示されている銀行口座、または特別なVATアカウント(分割支払いメカニズムで動作)に対して実行されます。 PIT、CIT、およびVATの払い戻しは、個人の税のマイクロアカウントには行われません。

個人税マイクロアカウントのメリットは何ですか?

個別の税マイクロアカウントを実装することの最も重要な利点は、PIT、CIT、およびVATの支払いを行う必要がある1つの永続的なアカウントがあるという事実です。これは大きな利点です。これまで、これらの種類の税金はそれぞれ別々の銀行口座に支払う必要があり、間違った銀行口座への税金の支払いに関して間違いがあった場合、その再会計には説明の提出が含まれていました。事務所に行き、税の再会計のための手紙を書きます。

もう一つの利点は、会社の居住地や登記上の事務所が変更された場合でも、個人の税口座の数が同じままであるという事実です。

また、税のマイクロアカウントにより、PIT、CIT、およびVATの支払いがより​​迅速に処理されることを強調する価値があります。納税者は、滞納がないなど、必要な証明書をより早く取得することもできます。

オンライン会計システムwfirma.plの個人税マイクロアカウント

wFirma.plを使用すると、起業家は、個人事業主だけでなく、企業やパートナーの両方について、個人の税務マイクロアカウントに関する情報を入力できます。興味深いことに、システムはその番号を提案し(前述のように、マイクロアカウント番号の構造に起因します)、検証後、ユーザーはそれを承認するだけで済みます。

個人事業主のマイクロアカウントを追加するには、[設定]»[税金]»[一般]タブに移動し、[個人銀行口座-マイクロアカウント]フィールドで、[正確性の確認]オプションを選択します(システム内の番号をからの番号で確認した後) MFジェネレーター)。

ただし、会社の場合、個人の税マイクロアカウントのデータを確認するには、[設定]»[税]»[一般]タブにも移動します。次に、会社の個々のマイクロアカウントを最初に確認してから、ZMIEŃアクションを通じて個々のパートナーのアカウントを確認する必要があります。 wfirma.plシステムの個人税マイクロアカウントの詳細については、ヘルプ記事「個人銀行口座-税マイクロアカウント」を参照してください。