会社の費用での従業員のパーティー

Webサイト

従業員の仕事への満足は確かに会社の利益の増加に貢献します。したがって、彼らのために統合イベントを開催することをお勧めします。特定の条件下では、従業員のイベントは税金費用としてカウントされる可能性があります。以下に、従業員のパーティーが会社を犠牲にすることができる場合とそうでない場合について説明します。

税金費用としての従業員パーティー

定義によれば、税控除の対象となる費用には、収入を得るため、収入源を確保または維持するために発生した費用が含まれます。したがって、この定義を満たさない費用は、税金費用として分類することはできません。さらに、納税者は、費用を負担したという事実だけでなく、その目的と合理性も証明する義務があります。

したがって、従業員向けのイベントを開催するための適格費用を税金費用として、費用が発生した目的を特定する必要があります。 従業員向けのイベントに関連する費用を税金費用に含めるには、そのようなイベントに直接的なインセンティブと統合の目的が必要です。 起業家が従業員向けのイベントの開催にかかる費用を税金としてカウントするためには、実際には職場の雰囲気を改善し、従業員を統合することを目的としている必要があります。結果として、これは作業効率の向上につながり、したがって会社の利益を増やすことになります。

上記は、2014年2月17日にビドゴシュチュの税務署長によって発行された税務解釈、番号ITPB3 / 423-559 / 13 / PSTを含む、多くの解釈によって確認されています。

「(...)従業員同士の滞在や消費がそれ自体で目的である場合、そのような場合、そのようなイベントの開催にかかる費用は収入に関連しているとは見なされないため、税控除の対象となる費用ではありません。会議は消費または娯楽だけでなく、費用は会議の主な目的である統合またはトレーニングを超えてはならず、代表的なものであってはならないことに注意してください。.

同時に、実施された活動と発生した支出との関係を証明することは起業家の責任です。したがって、起業家は会計書類を持っていることに加えて、従業員のためのイベントの動機付けと統合の目標を示す書類を準備する必要があります。適切に文書化される、従業員向けのイベントの開催に発生した費用のみが、税控除の対象となる可能性があります。

紐を付けずに30日間の無料試用期間を開始してください!

従業員のためのパーティーとアルコールの費用

従業員向けのイベントを主催する雇用主は、アルコールの購入にかかる費用を税金費用に含めることができないことに留意する必要があります。税務当局によると、従業員向けのイベントを開催するためにアルコール飲料は必要ありません。さらに、それらは収入の達成またはその源泉の保護に貢献しません。これは、2012年7月5日のヴロツワフの地方行政裁判所の判決によって確認されています。行為ISA / Wr 4444/12:

(...)さまざまなトレーニングや会議で提供されるものを含むアルコール飲料の費用は、慣例と見なされ、会議の性質に合わせて調整される場合でも、税控除の対象とはなりません。この評価に関係なく、提供されるアルコールの量と種類も残ります.

税金費用の従業員および社外の人々のためのパーティー

従業員向けのイベントを開催するときは、誰が参加するか、つまり従業員のみが参加するか、社外の同伴者や請負業者が参加するかを検討する必要があります。社外の方も社員向けのイベントに参加するという状況では、この部分はすでに代表です。また、代理人にかかる費用を税金費用に含めることはできません。

社外の方も参加している状況では、従業員だけの費用を区別することは困難です。 従業員のみに発生した費用を分離して文書化することが不可能な場合、イベントの開催に発生した費用の全額は税控除の対象とはなりません。

会社の社会的利益基金によって資金提供された従業員のためのイベント

従業員向けのイベントが会社の社会的福利厚生基金から資金提供された場合、その組織に発生した費用は税控除の対象とならない場合があります。これはアートによるものです。 23秒会社の社会的利益基金の規定で言及されている社会的活動のための雇用主の費用は税控除の対象とはみなされないという個人所得税法の1ポイント42。

従業員向けのイベントを開催するために発生した費用のVAT控除

従業員向けのイベントの開催にかかる費用からVATを差し引くことを意図している起業家は、何よりも、原則を念頭に置く必要があります。この規則は、起業家は、課税活動を実行するために支出が使用された部分で入力VATを控除する権利を持っていると述べています。

上記に関連して、納税者が事業の一環として課税対象の活動のみを行う場合、納税者は、従業員のためのイベントの開催にかかった費用からVATを全額控除する権利を有します。一方、混合活動を実行する場合は、適切な割合でVATを差し引きます。ただし、VATを免除されている納税者の場合、VATを控除する権利はありません。 アートに準拠。 88秒VAT法の1ポイント4では、ケータリングおよび宿泊サービスに関する入力VATは差し引かれません。 上記の規定に関連して、起業家は、VATの対象となる納税者の活動に関連する場合でも、レストランでの食事やホテルでの宿泊にかかる費用からVATを差し引くことはありません。

ただし、ケータリングサービスはケータリングサービスと同じではないことに注意してください。アートの意味の範囲内で。 88秒VAT法の1ポイント4、ケータリングはケータリングサービスを構成しません。

紐を付けずに30日間の無料試用期間を開始してください!

ケータリングサービスはレストランで提供され、ケータリングは注文者が指定した場所に注文された既製の料理の配達として理解されます。したがって、起業家が従業員向けのイベントの開催の一環としてケータリングサービスを購入した場合、起業家はこの支出に対して入力VATを差し引く権利があります。

ただし、雇用主が従業員向けのイベントを開催するサービス全体を購入した場合、原則として、仮払消費税控除の制限は適用されません。これは、2008年7月23日にポズナンの税務署長によって発行された個別の解釈によって確認されています。 ILPP1 / 443-436 / 08-4 / BD:

(...)購入した宿泊施設およびケータリングサービスの仮払消費税の控除を制限することは適用されませんが、購入の対象が統合イベント全体、つまり宿泊施設サービスまたは美食を含む個々の要素で構成される1つのサービスである場合。したがって、第三者(サービスプロバイダー)から、個々の要素がサービスの不可欠な部分を構成するイベントの組織全体のVAT請求書を受け取った場合、当社は税額を減額する権利を有します。この請求書に起因する仮払消費税の金額によるものです。.