事業を始める前のサービスの輸入-どのように解決するか?

サービス税

起業する前から、将来の起業家が会社のニーズに合わせてさまざまな費用を負担することがよくあります。このような費用の例としては、VATに基づくサービスの輸入として分類される外国の広告サービスの購入費用があります。記事では、事業開始前にサービスの輸入が発生した場合を分析し、決済方法を検討します。

サービスのインポート-基本情報

検討を始める問題は、サービスの輸入を決済するメカニズムの説明です。まず第一に、有料サービスの場合はいつものように、提供場所を決定することが重要です。アートに準拠。 28b段落。付加価値税法第1条では、納税者にサービスを提供する場合のサービスを提供する場所は、サービスの受領者である納税者が登録事務所を持っている場所です。

アートに準拠していることにさらに注意する必要があります。 VAT法の2ポイント9では、サービスの輸入は、受領者が納税者である履行のためのサービスの提供として理解されています。アートに準拠。 17秒法の1ポイント4では、納税者には、以下の条件が共同で満たされている場合に限り、法人、法人格のない組織単位、およびサービスを購入する自然人も含まれます。

  • サービスプロバイダーは、国の領土内に登録事務所や固定された事業所を持たない納税者であり、サービスの場合は芸術的です。 28e、納税者は第5条に従って登録されていません。 96秒4、
  • Artのサービスの場合、受信者はです。図28B、当技術分野で言及されている納税者。 15、またはアートで言及されている非課税の法人。 15、登録されているか、アートに従って登録する義務があります。 97秒4.4。

登録義務についても言及しましょう。上記の規定は、サービス受領者がアートに従って登録する必要があることを示しています。 97秒VAT法の4。この規定は、納税者が芸術で言及したことを述べています。 15は、アクティブなVAT納税者として登録する義務を条件として、最初のコミュニティ内供給または最初のコミュニティ内取得の日付の前に、第2条に記載されている登録で税務署長に通知する必要があります。 96、これらの活動の実行を開始する意図(セクション1)。示された規定は、当技術分野で言及されている納税者にも準用するものとします。 15、秒で言及されたもの以外。どのアートにサービスを購入するか1と2。 28b、これらのサービスがサービスの輸入を構成する場合(パラグラフ3(a))。税務署長は、パラグラフに従って通知を行った事業体を登録します。 1、VAT-EU納税者として(パラグラフ4)。

上記の規定に照らして、広告サービスを他のEU加盟国の請負業者から購入する場合、そのようなサービスを提供する場所はサービス受領者の所在地の国、この場合はポーランドであるため、サービスは輸入されます。さらに、提示された規制は、ポーランドの事業体がそのようなサービスを購入する前にVAT-EU納税者として登録する必要があることを示しています。このような登録は、VAT-Rフォームで行われます。

ポーランドの納税者は、他のEU加盟国の事業体から広告サービスを購入する前に、VAT-EUの目的で登録し、サービスの輸入を決済する必要があります。

事業開始前のサービスの輸入

将来の起業家は、上記の義務を常に認識しているわけではなく、事業を始める前にさまざまな種類のサービス(広告を含む)を購入することがよくあります。通常、これらの種類の費用はマーケティング活動に関連しており、市場に参入する前に会社を適切に宣伝することを目的としています。

したがって、活動開始前にサービスの輸入を購入した場合の上記の場合の手続きはどうあるべきかという疑問が生じる。この質問に答えるために、VAT法は提示された正式な義務の例外を規定していないことを強調する必要があります。これは納税者が上記の欠陥を単に補うべきであるという結論につながります。

結果として、VAT-Rを最初に提出する(またはフォームを更新する)必要があり、課税対象活動の実行の開始日は、サービスが実際に初めてインポートされた日である必要があります。同じ宣言で、納税者はVAT-EUの目的でも登録する必要があります。後に裁判所の判決に基づいて修正された税務当局の誤った慣行にもかかわらず、遡及的な日付でVAT-R宣言を提出することが許容されることは間違いありません。

もう1つの義務は、サービスの輸入を示す延滞税申告書を提出することです。提出するフォームの種類は、VAT納税者のステータスによって異なります。アクティブなVAT納税者は、VAT-7(またはVAT-7K)フォーム、アイテムを介して、サービスの購入とその結果の税金を決済します。 12:

「VAT納税者から購入したサービスの輸入。法の28b」。

さらに、アクティブなVAT納税者の場合、この金額は控除される税額でもあることに注意してください。アートから続くように。 86秒2ポイント4点灯。 a)VAT法では、仮払消費税の額は、アートに従って、サービスの提供に対して支払うべき税額です。 17秒1ポイント4または8、課税対象者はその受取人です。その結果、アクティブなVAT納税者にとって、サービスの輸入は中立的な活動です。これは、納税額が控除される仮払消費税の額でもあるためです。

紐を付けずに30日間の無料試用期間を開始してください!

例1。

ポーランドの納税者は6月1日に事業活動を開始しました。開始前の5月15日、ドイツの請負業者から広告サービスを購入していた。納税者が6月1日にVAT-R申告書を提出した場合は、間違いを認識して、5月15日の営業開始日を示すVAT-R申告書を更新し、同じ申請書にVAT-EU目的で登録する必要があります。 5月のVAT-7申告書を提出し、その中のサービスの輸入を示します。

有効なVAT納税者は、VAT-R申告を更新し、事業を開始する前にサービスを輸入した決済期間の範囲内で、延滞したVAT-7またはVAT-7K申告を提出します。輸入にかかる税金は同時に控除可能な税金です。

VATを免除されている納税者の場合は状況が異なります。通常、それはアートで説明されている免除を利用する人々についてです。 113段落。 VAT法の1。この規定により、前税年度の売上高が合計20万PLNを超えなかった納税者の売上は免税となります。税額は売上高に含まれていません。アートから明らかなように。法の2ポイント22では、販売は、国内の領域内での商品の有料配送とサービスの有料提供、商品の輸出とコミュニティ内の商品の供給として理解されます。この場合、VATが免除されていないサービスの輸入を扱っています。

さらに、輸入されたサービスの価値に制限はないことを強調する必要があります。つまり、最初の購入時に、VATを免除された納税者はそのような輸入に対する税金を決済する義務があります。現役納税者の場合と同様に、彼はVAT-Rフォームを介してVAT-EUの目的で登録する義務があります。ただし、この状況は主観的な免税自体にはまったく影響しないため、インポートされたサービスの量は、アートで指定された免税制限には影響しません。 113段落。 VAT法の1。

記事に基づく。 99秒納税者がアートで言及したVAT法の9。 17秒1ポイント4、5、8は納税申告書の提出は不要です。VAT-9Mの納税申告書は、納税義務が発生した月の翌月の25日までに提出されます。仮払消費税も同時に支払う必要があります。 VAT-9M宣言では、課税基準と項目内の納税額の両方12と13:

「VAT納税者から購入したサービスの輸入。法の28b」。

この時点で、VAT免税の恩恵を受けている納税者は、Artに準拠しているため、仮払消費税を控除できないことに注意してください。 86秒法律の1、商品およびサービスが課税対象の活動を実行するために使用される範囲で、納税者は芸術で言及されています。 15は、仮払消費税額だけ納税額を減額する権利を有します。免税納税者は課税対象の活動を行わないため、VATを控除することはできません。したがって、VAT-9M申告では、免税納税者は輸入にかかる税金のみを表示します。

VATを免除されている納税者は、VAT-R宣言を提出し、VAT-EUの目的で登録し、サービスの最初の輸入を開始日として示します。さらに、彼は延滞VAT-9M宣言を提出し、そこで彼は支払われるべき税金を示します。この場合、仮払消費税は控除できません。したがって、納税者は延滞金を支払う必要があります。

例2。

6月1日、ポーランドの納税者はVATを免除される事業活動を開始しました。開始前の5月15日、ドイツの請負業者から広告サービスを購入していた。納税者が後で自分の間違いに気付いた場合は、5月15日にVAT-EUターゲットの最初の活動の日付を示すVAT-R申請書を提出し、5月のVAT-9M宣言を提出して、サービスのインポート。

上記の議論を念頭に置いて、VATに基づくサービスの輸入の決済の問題は、有効納税者と免税納税者の両方に適用されることに注意する必要があります。さらに、重要なことは、VAT法に基づく正式な活動を完了する義務は、実際の操業開始前に輸入が行われたという理由だけで除外されるわけではありません。 VATの下では、事業活動の開始前のサービスの輸入も課税対象の活動を構成し、その履行期間中に決済の対象となります。