VAT-EUに登録されている非EU請負業者からのサービスの輸入-決済

サービス税

外国の請負業者からのサービスの購入は、VATを正しく決済する義務に関連しています-サービスの輸入に対する入力VATと期日VATの両方。欧州連合外の請負業者から購入するサービスが、VAT-EUに登録されている事業体によって提供されるサービスであることが判明した場合、問題が発生します。この記事では、VAT-EUに登録されているEU以外の請負業者からのサービスの輸入を決済する方法について説明します。

サービスインポートとは何ですか?

アートに規定されているように、サービスをインポートする。商品とサービスに対する課税法の2ポイント9-それは、納税者が芸術で言及されているサービス受領者であるパフォーマンスのためのサービスの提供として理解されるべきです。 17秒1ポイント4。アートに準拠。 17秒上記の1点4法の中で、納税者には、以下の条件が共同で満たされている場合に限り、法人、法人格のない組織単位、およびサービスを購入する自然人も含まれます。

-サービスプロバイダーは次のとおりです。

  • 国の領土内に登録事務所または恒久的な事業所を持たない納税者、および芸術のサービスの場合。 28e、納税者はアクティブなVAT納税者として登録されていません。

-受信者は次のとおりです。

  • アートの対象となるサービスの場合。 28B-アートで言及されている納税者。 15またはアートで言及されている非課税の法人。 15、VAT-EU納税者として登録または登録義務があります。

  • その他の場合-芸術で言及されている納税者。 15、登録事務所または国の領土内の恒久的な事業所、または芸術で言及されている非課税の法人を持っている。 15、国の領土で設立され、VAT-EU納税者として登録または登録する義務があります。

購入したサービスがサービスのインポートを構成するためには、次の条件を満たす必要があります。

  1. その提供の場所はポーランドの領土にあります、
  2. このサービスは支払いに対して提供されます。

例1。

ABC sp.z o.o.オランダのVATに登録されている会社から広告サービスを購入しました。このサービスはポーランドの納税者の利益のためにオランダの事業体によって提供されたことを念頭に置いて、顧客が設立された場所(付加価値税法の第28b条に従って)、つまりポーランドで課税する必要があります。

恒久的な事業所

サービスの輸入の条件は、サービスが国の領土に登録事務所または恒久的な事業所を持たない納税者によって提供されることです(第17条(1)(4)(a)を参照) VAT法)。

立法者は「の定義を導入しなかった恒久的な事業所"。固定設立の定義は、2011年3月15日の理事会実施規則(EU)No 282/2011で導入され、付加価値税の共通システムに関する指令2006/112 / ECの実施措置を定めています。これは、 CJEUの法学。アートの文言に従います。 11秒アートを適用する目的での規則No282 / 2011の1。 VAT指令の44 「固定事業所」とは、アートで言及されている納税者の事業所以外の場所を意味します。この規則の10-これは、彼がこの固定された事業所(受動的な恒久的な事業所)の彼自身のニーズに提供されるサービスを受けて使用できるようにするための十分な安定性と人的および技術的リソースの観点からの適切な構造によって特徴付けられます。

例2。

ポーランドの納税者であるXYZは、イタリアの会社から税務顧問サービスを取得しました。イタリアの会社はイタリアで登録された付加価値税の納税者であり、ポーランドに支店を持っているため、接頭辞PLが付いたVAT番号もあります。

取得した税務顧問サービスはポーランド支部から提供されたものではないため、ポーランドの納税者は税務顧問サービスを購入するためにサービスを輸入する義務があります。

VAT-UEを目的とした登録

原則として、VAT-EU登録は、EU請負業者との取引を決済する目的で行われます。ただし、VAT決済を目的としたこのような登録は、EU域外の請負業者によっても行われる場合があり、EU加盟国のいずれかの接頭辞が使用されます。

サービスの輸入を正しく示して解決する目的で、加盟国の1つでVAT-EUに登録された欧州連合外の請負業者からのサービスの購入を確認する文書の受領は、販売者の恒久的な文脈で検討する必要があります事業所。購入者は、購入したサービスが座席によって提供されたのか、固定された事業所によって提供されたのかを判断する必要があります。

例3。

ポーランドの会社XYZは、米国の請負業者から税務顧問サービスを取得しました。請求書に、請負業者はドイツの識別番号-DEを示しました。納税者の識別番号が居住国と異なる状況では、特定の税務上の影響で次の状況が発生する可能性があります。

状況No.1
サービスが固定された事業所、つまり米国から提供される状況では、ポーランドのバイヤーは、欧州連合外の請負業者からのサービスの輸入を認識する必要があります。

状況2
サービスがドイツなどの恒久的な事業所によって提供された状況では、サービスのポーランドの購入者は、接頭辞DEが付いた請負業者からのサービスの輸入を認識する義務があります。

要約すると、サービスの輸入を正しく認識するためには、特定の国で納税者の登録プレフィックスを採用するだけでは不十分ですが、請負業者が外部に拠点を置いている場合は、サービスが固定された事業所から提供されているかどうかを判断します欧州連合であり、EU諸国の1つで登録された納税者です。

紐を付けずに30日間の無料試用期間を開始してください!

VAT-EUに登録されている非EU請負業者からのサービスの輸入-VAT申告の輸入登録

いわゆる納税者がサービスを購入するサービスの輸入は、提出されたVAT申告でそれを正しく示す義務があります。上記のように、サービスを輸入する場合、課税場所は顧客が設立される場所です。

提出されたVAT-7またはVAT-7Kの申告書図27および28は、サービスの輸入にかかる課税基準と納税額の合計を示しており、その履行について、納税者は第2条で言及されているサービスの受領者です。 17秒法の1ポイント4、項目に示されているサービスを除く29および30(12行目)-EU請負業者からのサービスの輸入。

アイテム内図29と図30は、サービスの輸入にかかる課税基準と納税額の合計を示しており、供給場所は芸術に基づいて決定されます。法の意味の範囲内で付加価値税の納税者から取得された法の28b、すなわち、国の領域以外の欧州連合加盟国の領域に課される付加価値税の納税者。

その他の商品やサービスの取得のための仮払消費税の側では、正味額が項目に表示されます45、仮払消費税-項目内46。

同時に、同じ期間にサービスの輸入に対して支払われるべきVATを決済するために、納税者は正しい決済期間に支払われるべきVATを提示する必要があることを覚えておく必要があります-遅くとも購入したサービスに関連して義務が課された月末。税金。

納税者はまた、毎月のSAF-T情報に未払いの税金を表示する義務があります。