商品の輸入-あなたが知る必要があるすべて

サービス税

商品の輸入とは何ですか?

商品の輸入に関連する税問題を規制する基本的な法律は、商品およびサービスに対する税金に関する2004年3月11日の法律です。それによると、輸入とは、EU以外の国の領土からポーランド共和国の領土への商品の輸送です。言い換えれば、それは第三国の領土からその国の領土への商品の輸入です。

この法律は商品も定義します。それらは、すべての可動装置およびすべての形態のエネルギー、建物および構造物またはそれらの部品を意味し、これらは、公的統計の規定に基づいて発行された分類にリストされている、商品およびサービスに対する課税の対象となる活動の対象です。土地として。

商品の輸入に関するVAT納税者

商品の輸入にかかる税金に関連する課税を支払う必要のある納税者は、法人、法人格のない組織単位、および次のような自然人です。

  • また、関税規則に基づき、輸入品が免税であるか、商品の関税の一部または全部が停止されている場合、または優先的、減額またはゼロの場合にも、関税を支払う義務があります。関税率が適用されています。
  • 個別の規則に従って、これらの手続きに関連する権利と義務が譲渡された人を含む、内向きの処理、一時的な通関、税関管理下での処理を含む通関手続きを使用する権利があります。

課税ベース

VAT法の規定に従い、商品の輸入にかかる課税額は次のとおりです。

  • 関税額が(SAD文書に従って)関税によって増加し、
  • 輸入対象が物品税の対象となる商品である場合、課税対象額は関税と物品税を差し引いた関税額です。

付加価値税法はまた、対外処理手続きに基づく物品の輸入、輸送税の一部免除を伴う一時入国手続きの対象となる物品の輸入の場合の課税基準を計算する特別な方法、および税関管理下での処理。対外加工手続きによる商品の輸入の場合、課税対象額は、自由流通のためにリリースされた補償または交換製品の関税額と一時的に輸出された商品の額との差額であり、関税が加算されます。一方、一時入国手続きを経て、一部免税の物品を輸入し、関税管理下で処理する場合、課税対象額は、関税を増額した関税額となります。自由循環手順のためにリリースの下に置かれます。

輸入の場合、法人税および個人所得税の規定は、外貨での費用が、費用が発生する前日に発表されたポーランド国立銀行の平均為替レートに従ってポーランドズウォティに換算されることのみを示しています。実際には、ポーランド国立銀行の平均為替レートが輸入品の評価に使用され、税関が税関の価値を決定するために使用し、SAD通関書類に表示されます。

商品の輸入の免除

付加価値税法の規定に従い、輸入税は免除されます。

  • 税関規則の意味の範囲内でサスペンションシステムの下で内向き処理手順の下に置かれた商品、
  • 一時入国手続きの対象となり、輸入関税が完全に免除された商品、
  • ポーランド国立銀行による金、
  • 以前にこれらの商品を輸出した納税者によって行われた、第三国の領土から返還された、免税の商品、
  • まだ配達されていない、未処理の、または配達の目的で保存されていない、自分の漁獲物の海の漁師による港への輸送、
  • 人間の臓器と母乳、
  • 血液、完全な組成の血漿、血球またはヒト由来の血液製剤、非薬物、
  • 法定通貨として使用される通貨、紙幣、および金、銀、またはその他の金属製の硬貨であるコレクターのアイテム、および通常は法定通貨として使用されない、または貨幣的価値のある紙幣を除く、
  • 北大西洋条約に署名しているポーランド共和国以外の国の軍隊による、そのような軍隊またはそれに付随する民間人員の使用のための、またはこれらの軍隊が共同で参加する場合は、それらの混乱および食堂を供給する目的のための商品防衛作戦、
  • ガスシステムのガスまたは電力システムの電気。

その他の免除:

  • 居住地の変更に関連した私物の輸入、
  • 継承アイテムのインポート、
  • 学生または学生の個人的なニーズのためのアイテムのインポート、
  • 小包に含まれる商品の輸入-22ユーロ未満の価値、
  • 事業活動を移転する起業家の固定資産および設備の輸入、
  • 国境農園からの農林産物の輸入、
  • 300ユーロまでの個人の荷物の商品の輸入、
  • 実験動物および生物学的物質の輸入。

アートに従ってそれを覚えておく価値があります。 VAT法の51(1)では、第三国の領土からその国の領土に居住する受取人に直接送られる貨物の輸入は免税されます(貨物の商品の合計額が22ユーロを超えない)。この免税は、出荷注文によって輸入された商品には適用されず、以下には適用されません。

  • アルコール飲料、
  • たばこおよびたばこ製品、
  • 香水とトイレの水。

通関手続き:一般的および簡素化

VAT控除の一般原則により、納税者は、次の2つの課税期間のいずれかで、和解における商品の輸入に対して仮払消費税を控除する権利を行使できます。

納税期間が暦月である簡略化された手続きの対象となる状況では、納税者は、納税義務の期間に提出された納税申告書で商品の輸入にかかる税額を決済することができますこれらの商品の輸入のために発生しました。これは、商品の輸入に関するVAT決済の一般原則に関連する簡略化です。

2011年4月1日から、申告書に直接商品の輸入に関するVATを決済する分野での円滑化が導入されました。また、確定申告において、輸入品の輸入税を確定するための条件として、税額の担保を提供する義務が廃止されました。

輸入税の納税義務が発生した月から4ヶ月以内に確定申告で輸入税額の決済を確認する書類を税関に提出する義務も変更されました。納税者が指定された期間内に必要な書類を提出しない場合、納税者は、確定申告で決済することになっていた税額に関して、確定申告で商品の輸入にかかる税金を決済するオプションを失います。税関に税額と利息を支払う義務があります。

納税者が税関に納税申告書に輸入された付加価値税の決済を確認する書類を提出する期限に間に合わない場合、税務署長はこの納税者から一定期間の納税権を剥奪することがあります。 36ヶ月。

税金の支払い

納税者は、税関から納税義務額を通知された日から10日以内に計算された税額を支払う義務があります。税関申告書に税額が誤って記載されていると税関が判断した場合、税関長は税額を正しい金額で指定する決定を下します。税関長は、関税の決定において税額を独自に決定することができます。その他の場合、納税者は、期限内に、関税の支払いに指定された条件の下で、商品が免税であるか、関税率が一時停止または0に引き下げられた場合にも、納税額を支払う義務があります。 %。

ただし、商品の輸入にかかる税金の支払い日に別の日付を指定することは可能です。大蔵大臣は、条例により、欧州共同体の規定と国家予算の実施を考慮して、他の納税期限と他の期限の適用条件を定義することができます。大臣はそのような規則を発行し、課税期間が暦月である簡略化された手順によって商品が国の領土に置かれる場合、納税者は計算された税額を支払うものとすることを指定しましたただし、その課税期間の翌月の16日までに、これらの金額が記載されたVAT申告書を提出する前までに。

この規定は、納税者が税関(納税者が商品の輸入にかかる税金を決済する場所)に、輸入の6か月前までに発行された現在の証明書を提示した場合にのみ適用されます。

  • 州の予算収入を構成する税金の滞納や社会保障負担金の支払いの滞納はありません。
  • 有効なVAT納税者としての登録(6か月以上)。

税関が納税者から提出された有効な証明書を持っている場合、証明書を提示する条件は適用されません。

通関に必要な書類

通関手続きを行うには、特に以下の書類が必要です。

  • SAD税関申告、
  • 商品の関税額を決定するための外国請負業者からの請求書、
  • 請求書がない場合の暫定請求書またはプロフォーマ請求書。請求書が仕様の役割を果たさない場合は、商品の仕様または商品のリスト、
  • 関税設定の適用に必要な書類。税関価額申告、
  • 商品の輸出入に関連して必要な場合は、許可証、許可証、またはその他の文書、
  • ユニバーサルエクスプレスSpの承認。 z o.o.税関の前で商品を申告し、会社を代表するため、
  • 現在の会社の書類(REGON、NIP、銀行口座の確認、KRS、事業登記簿への記入証明書など、事業体の種類に応じた会社登録の確認)、
  • 関税額を決定し、商品の課税ベースを決定するために必要なその他の文書、
  • 証券が提供されている場合、関税債務に起因する金額の証券の確認、
  • 製造業者または認可された研究施設によって発行された証明書。化学物質および原材料の組成(最大100%)と、関税分類を決定するためにそのような文書が必要な場合は、関税率の個々のセクションへの注記に必要な情報が含まれます。商品の、
  • 個別の規定または特定の規定に基づいて必要な場合は、その他の文書。

請負業者からの請求書には、特に次のものを含める必要があります。

  • 請求書を発行する契約当事者の名前と住所、
  • 購入者の名前と住所、
  • 購入者が受信者でない場合の受信者の名前と住所-シーケンス番号、発行場所と発行日、
  • 商品の種類と数量、単価とその価値は、兌換通貨、通貨で表されます
  • ポーランド語または兌換通貨ではない外貨で、
  • 配達条件(例:インコタームズ2000による)、
  • 原産国に関する情報。

参照データサブシステム

2010年7月1日、財務省は電子報告システム、つまり参照データサブシステム(PDR)を導入しました。通関を利用している会社はすべてこの制度に登録する必要があり、PDRに登録せずに通関することはできません。宅配便の発送は例外です。規制により、各企業は独立して、または税関によってPDRシステムに登録することができます。税関申告の電子システムへの移行は、紙のSAD文書の将来の撤回を前提としています-それはPZCと呼ばれる電子フォームに置き換えられます。 xml形式の新しいドキュメントは、会計帳簿にインポートを投稿するための基礎になります。

会社を登録するには:

  • 税関サービスの分野のすべての代表者をリストしたPDR登録フォームに記入します(これに基づいて、彼らはシステムに入力されます)、
  • 指示に関する声明、すべての代表者の承認と割り当ての原本または公式に証明されたコピー、印紙税の支払いの確認(承認ごとにPLN 17)、権限のある人によって確認されたもの、国家裁判所登録簿のコピー、または事業活動の証明書。

その後の変更は、PDRシステムで更新を送信する必要があります。

その特異性により、宅配便商品の取引は、PDRで事業体を代表する関係を確立する義務から除外されます。つまり、実際には、宅配会社がサービスを提供する起業家は、登録フォームに宅配会社を示すことができますが、必ずしもそうする必要はありません。 -PDRと可能性がありますが、関連する承認を提出する必要はありません(カードに宅配会社を示している場合は、承認も提供する必要があります)。

実際の商品の輸入

第三国からの商品が最初にポーランド以外の加盟国に輸入され、次にポーランドに移動されたときに、商品の輸入が認識されるのはどの国ですか?

商品の輸入であるか、コミュニティ内での買収であるかは、これらの商品がコミュニティの国で通関の対象となるのか、それとも、たとえば内向きの処理サービスを実行する目的でのみ輸入されるのかによって異なります。 、それらは一時的な入国手続き、保税倉庫の下に置かれるか、輸送中にこの国を通過するだけです。最初のケースでは、商品の輸入はコミュニティの国で行われ、ポーランドへの商品の転送は、ポーランド企業のコミュニティ内買収になります。 2番目のケースでは、商品の輸入はポーランドで行われます。