保証された従業員福利厚生基金と満足のいく従業員の主張

サービス

保証付き従業員福利厚生基金は、法の支配の原則と従業員への支援を実施します。さらに、それは労働者の権利の保護に関連するEUの義務の履行でもあります。

この考えに沿って、適格者の福利厚生は、次の場合に保証従業員福利厚生基金の源泉から支払われることが決定されました。

  1. 破産した雇用主は請求を満たしていない、

  2. アプリケーションは、保護の対象となる従業員の請求を対象としています。

  3. アプリケーションは正式な要件を満たしています。

雇用主が破産したとき

最初に、雇用主がどのような状況で破産したかを判断する必要があります。

  1. 破産またはリストラ裁判所が次の命令を出した日に:

  • 雇用主の破産、

  • 二次破産手続の開始、

  • リストラ手続きの開始、すなわち、加速された取り決め手続きまたは取り決め手続きまたは回復手続き、

  • 雇用主の資産が訴訟の費用を賄うのに不十分または十分である場合、および彼の財産が住宅ローン、質権、登録質権、財政的先取特権または海上抵当で妨げられている場合、雇用主の破産申請を却下します。彼の財産は訴訟の費用を賄うには不十分です。

  1. 破産手続を中止するという破産裁判所の決定が最終となる日に、障害のある財産(抵当、質権、登録質権、税務署または海上抵当)を除外した後に雇用主の財産が残っている場合、または訴訟の費用を賄うのに十分でない場合債権者は、(債権者会議の決議または裁判官の決定により)義務付けられたものであり、所定の期間内に手続費用の前払いを行わず、これらの費用に対する流動的な資金はありません。 ;

  2. 清算が国有企業の変革、合併、または分割の結果である場合を除き、設立機関が国有企業に対して清算手続きを実施する決定を下した日に。

  3. 商業会社法の規定に従って発行された、商業会社の解散に関する裁判所の判決の日に;

  4. 経済担当大臣は、外国の起業家がポーランド共和国の領土に設立された支部または駐在員事務所の一部として経済活動を行うことを禁止する決定を下した日。

  5. 管轄当局または欧州連合加盟国の裁判所が破産、構成または他の同様の手続きを開始する決定を発行した日、または企業の完全な閉鎖または資産の不足のためにそのような手続きを開始することを拒否した日手続きの費用をカバーするのに十分です。

  6. 自然人である雇用主は、資金不足のために従業員の請求を満たさない状況で、事業活動登録簿(CEIDG)から削除されます。

給付対象者

採択された規則によれば、給付を受ける資格のある人は次のとおりです。

  1. 破産した雇用主の従業員、

  2. 破産した雇用主の元従業員、

  3. 遺族年金の受給資格のある死亡した従業員または死亡した元従業員の家族、

  4. 雇用関係以外の理由で有益な仕事をする人、この理由で彼らが社会保険の義務の対象となる場合。

この法律の規定は、自然人が雇用する家事手伝いには適用されません。

ファンドからの売掛金

まず第一に、ファンドのリソースからの満足度-次の理由による主な売掛金:

  1. 仕事の報酬、

  2. 従業員に起因しないダウンタイムの報酬、仕事をしていないことの報酬、その他の正当な欠勤の報酬、

  3. 病気のために働けなくなった期間の報酬(雇用主の資金から、つまり労働法に従って、暦年の最初の33の病気、および50歳以上の人々の最初の14日間の病気に対して支払われる) 、

  4. 休暇の報酬、

  5. 補償手当、

満足の対象です:

  • 雇用主の破産日の直前の3か月以内の期間、または

  • 雇用関係の終了直前の3か月以内の期間、雇用者の破産日の前の12か月以内の期間内に雇用関係の終了が発生した場合、および裁判所が破産申請を却下した場合、また、破産した日から4か月以内の期間。

  1. 従業員とは関係のない理由で従業員との雇用関係を終了するための特別規則の規定に基づいて支払われるべき退職金。

  2. アートで言及されている通知期間の短縮に対する補償。労働法の361§1;

  3. 雇用関係が終了した暦年およびその直前の年に支払われるべき未使用の年次休暇の現金同等物、

雇用関係が終了した場合、満足の対象となります。

  • 雇用主の破産日の前の12か月以内の期間中、または

  • その日付から4か月以内の期間。

上記の主たる請求は、雇用主が破産した日または雇用関係の終了日に資格が生じた場合にも満足の対象となります。

紐を付けずに30日間の無料試用期間を開始してください!

引き出し制限

未払いによる給付金の支払いの場合:

  • 仕事の報酬、

  • 時間に対する報酬:従業員によるものではないダウンタイム、休業、その他の正当な欠勤、

  • 病気で働けなくなった期間の報酬、

  • 休暇の報酬、

  • 補償手当。

1ヶ月間の給付総額は、社会保険基金の年金支給に基づいて中央統計局長が発表した前四半期の平均月収を超えてはならない。

未使用の休暇の現金同等物の形で給付金を支払う場合、給付金の総額は平均月給の額を超えてはなりません。

特定の雇用主に関して破産が繰り返された場合、ファンドのリソースからの請求の解決に関する規則は、同じ請求に関して同じ従業員に再度適用されない場合があります。

前進

資格のある人は前払いを要求することができます。雇用主による未払いの請求に対する前払いは、雇用主が実際に事業を行うことをやめたときに、保証された従業員給付基金から支払われる場合があります。前払いの金額は、満たされていない請求の金額ですが、前払いの申請書を提出した日に適用される仕事の最低報酬を超えないものとします。

資格のある人は、2つの同一のコピーで書面で申請書を提出します-雇用者の破産の日から2週間以内、および雇用者の破産の日の翌期間からの請求の場合は、雇用の終了直後資格のある人の関係。

申請者が従業員、元従業員、被雇用者、または雇用関係以外の理由で雇用された者である場合、申請書には、給付を受ける資格を確認する以下の書類を添付するものとします。

  • 雇用証明書のコピーまたは雇用期間を確認する法的に有効な裁判所の決定のコピー、

  • 雇用主に代わって意志の宣言を行う権限を与えられた人によって署名された、これらの給付の不払い期間からの支払いの金額とタイトルを指定する、満たされていない従業員の請求の合計額を確認する雇用主からの証明書、

  • 支払われるべき金額を授与する法的に有効な裁判所の決定のコピー、

  • 法で指定された給付の資格を確立することを可能にする他の証拠。

上記の書類に加えて、遺族年金、死亡した従業員の家族、死亡した元従業員、または雇用関係以外の理由で雇用された死亡者の受給資格がある場合、以下のとおりです。追加添付:

  • 申請者が遺族年金を受給する資格を与えられた後の人の死亡を確認する文書、

  • 遺族年金の受給資格を確認する書類。

法的根拠:

  • 1974年6月26日の法律、労働法(Journal of Laws 2019.1040、すなわち);

  • 雇用主が破産した場合の従業員の請求の保護に関する2006年7月13日の法律(Journal of Laws 2020.7、すなわち)。