相続を購入する際の税務手続き

サービス税

相続の取得は、すべての相続人が覚えておくべき多くの手続きに常に関連しています。これは税金の問題にも当てはまります。興味深いことに、これはいわゆるいわゆる買収にも当てはまります空の秋。したがって、財政的責任を回避するために、相続を取得するときにどの税務手続きを完了する必要があるかを今すぐ調べる価値があります。

相続を取得する2種類の方法

適用される規制に従い、相続人には相続を取得するための2つのオプションがあります。

  • 直接-相続債務に対する責任の制限なしに、
  • 在庫の恩恵を受けて-相続債務の責任を相続のアクティブステータスの金額に制限します。

相続財産の取得方法に関係なく、故人の財産を受け入れることを決定した各相続人は、関連する納税申告書または通知を提出する義務について覚えておく必要があります。

相続が遺言信託または法定相続のどちらを介して取得されたかに関係なく、納税義務が発生します。

相続に関連する税務手続きを回避する唯一の方法は、それを拒否することです。言い換えれば、相続するように任命された人が遺言人の財産を取得することを望まず、相続を首尾よく拒否した場合、彼は税務署との手続きを完了する必要はありません。

相続を購入する際の税務手続き-税務署への通知

相続を取得するたびに、この事実を管轄の税務署に報告する必要があります。そのような義務の決定的な瞬間は、相続の権利が公式に宣言された瞬間です。これは、2つの異なる方法で発生する可能性があります。

  • 特定の人の後の相続の取得に関する法的に有効な決定を取得することによって、
  • 公証された相続証明書を作成して登録する。

実際には、法律自体による相続の取得、すなわち、相続の任命のタイトルに関する情報を取得した瞬間から6ヶ月以内に相続の購入または拒否の宣言を提出しなかった結果として、相続権の取得が正式に確認されるわけではありません。したがって、この種のイベントは納税義務にはなりません。法的に締結された訴訟手続きまたは公証人事務所への訪問によってのみ行われ、その間にAPDを準備します。

例1。

遺言人は家と貯金の形で財産を残しました。彼は彼の唯一の娘を相続に任命しました-彼女は相続宣言を提出しなかったので自動的に相続を取得しました(彼女は相続を受け入れ、拒否しないことに決めました)。しかし、遺言人の死後4年で、父親の財産に対する彼女の権利を確認する相続手続きが開始された。この点に関して法的拘束力のある裁判所の決定を取得した後にのみ、娘は、期限内に相続のために彼女の納税義務を解決する義務があります。相続権が早期に確立された場合、たとえば父親の死後1か月後、相続の問題が正式に解決されたときに、納税義務が早期に発生します。

事務所で相続の取得を通知する期限

相続財産の購入を決定し、この事実の裁判所または公証人による確認を受けた相続人は、管轄税務署に通知する義務があります。停滞による罰金を回避するために、厳密に定義された期間内に行う必要があります。

相続の取得は、相続の取得の確認または相続証明書の取得に関する裁判所の決定の日から6か月以内に報告する必要があります。これは免税者に適用されます。税金を払わなければならない相続人は、相続財産の取得を宣言し、税金を決済するために1か月があります。

納税義務は、いわゆるに適用されます空の相続人と相続人は税金の支払いを免除されます。空の継承とは、単一の資産がない継承です。遺言者の義務があるかもしれません。同様に、免税は相続人の直接の家族にいる相続人、すなわち彼または彼女に適用されます:

  • 配偶者、
  • 子孫、
  • 予備、
  • 継子、
  • 兄弟、
  • 継父、
  • 継母。

取得した遺伝に関する情報を報告しなかった場合の結果

相続税を免除されていても、相続人が相続について税務署に期限内に通知するのを忘れた場合、相続人は財政的責任にさらされます。免税の対象となる人の場合、通知しなかった場合、後で税金を支払う必要があります-遅延が長ければ長いほど、より多くの税金が請求されます(遅延の利子と可能な財政が考慮されるため)ペナルティ)。

空の相続税の場合、問題ははるかに小さくなります-事務所は相続人に適切な税申告書を提出するように求めますが、実際には彼は税金を支払いません(ゼロ値の税を計算することができないため)継承)。

最悪の事態は、相続の取得を税務署に報告していないが、莫大な価値のある資産を取得した人々が経験している。相続の価値が高いほど、より多くの税金を支払う必要があります。支払い遅延のペナルティと期限内の未払いの税金に対する利子があるため、相続人が支払うべき金額は非常に大きくなる可能性があります。

税務署は相続の取得について知っていますか?

多くの人は、税務署が相続の取得について知ることは決してないと誤って信じており、これは税金の支払いを回避するための効果的な方法です。しかし、相続権が正式に確認された時点から、そのような状況はあり得ません。裁判所と公証人の両方が、相続が特定の人物によって取得されたという事実を管轄税務署に通知する義務があります。この目的のために、彼らは裁判所の決定のコピーまたは相続証明書の抜粋を税務署の長に送ります。したがって、相続財産の購入に成功した相続人は税務署から隠れることはありません。

継承の取得をどこでどのように報告しますか?

相続財産の購入は、SD-3税務フォームに記入して送信することで毎回報告されます。他の税務フォームとほぼ同じです。

問題は、上記の申告を提出する必要のある現地の管轄税務署を見つけることである可能性があります。問題は、全国にある不動産など、さまざまな資産が相続される場合に最も頻繁に発生します。

原則として、SD-3宣言は、遺言人の最後の居住地を管轄する税務署に提出する必要があります。ただし、これは、不動産または不動産に依存する権利(永続的な使用、フラットまたは事業所に対する共同所有権、住宅協同組合における住宅拠出権、地役権または自由使用)が含まれる状況には適用されません。不動産で。この場合、適切な税務署が不動産の場所を担当します。

しかし、遺伝財産が全国に広がっているとしたらどうでしょうか。税申告書は、遺言人の最後の居住地を管轄する税務署に提出する必要があります。

紐を付けずに30日間の無料試用期間を開始してください!

相続の取得を報告する必要性

相続の購入と故人の後の財産の権利の公式の確認は常にこの事実を管轄の税務署に報告することを要求します。相続の権利が法廷で確認されたのか公証人の事務所で確認されたのかは関係ありません。

相続を取得する際の税務手続きは、空の相続を取得した場合と、債務のみを含むミサの両方の場合に表示されます。これは、税金の支払いを免除されている人にも適用されます。

相続人はSD-3宣言を提出するための短い期限があります。免税者の場合は6ヶ月、納税義務者の場合は1ヶ月です。いずれの場合も遅延が発生すると、延滞税の利息が請求され、場合によっては追加の罰金が科せられます。当該納税申告書の提出期限の回復を申請できないことが重要です。相続人が申告に遅れた場合、何もできません。

相続を取得する際の税務手続きは法律自体によって行われることを覚えておく必要があります。税務署は、全国の相続財産の取得について継続的に裁判所や公証人から通知を受けます。ただし、これは、直接納税申告書を提出する相続人の義務に代わるものではありません。