一括請求書-2014年からの使用方法は?

サービス税

2013年の初めに、継続的以外のサービスや商品の供給について一括請求書を発行する可能性が、特定の納税者への税金の還付に関する財務大臣規則の改正とともに、請求書の発行、保管および商品およびサービスの免税が適用されない商品およびサービスのリスト。ただし、2014年1月1日に施行される規制には、一括請求書を使用するオプションが明示的に含まれていません。古いルールに戻るという意味ですか?

2013年の一括請求書

2013年以前は、起業家は実行された各トランザクションを個別に文書化する必要がありました。唯一の例外は、レンタルや広告サービスなどの継続的なサービスでした。このルールは、1つの請負業者に対して1つの期間に大量の請求書が発行される状況では負担でした。

起業家を容易にするために、とりわけ、財務大臣の改正された規制は、請求書の準備、パー。 9秒図3によれば、請求書は、商品が発行された、またはサービスが実行された月の最終日までに発行された場合、月の間に行われた商品またはサービスのいくつかの別々の配達を文書化することができる。

したがって、起業家が1か月に特定の請負業者と多数の取引を行った場合でも、それぞれを個別の文書で文書化する必要はありませんでした。すべての決済は、特定の月末までに発行される1つの一括請求書に含めることができます。

2014年からの変更後の一括請求書

2014年1月1日をもって、前述の大蔵大臣の請求書発行条例は適用されなくなります。この件に関して納税者にとって重要となる規定は、VAT法で実施されます。

この変更により、一括請求書の発行の可能性に関する規定は規制から削除されます。幸いなことに、これらの文書の利便性にすでに慣れている起業家にとって、そのような直接的な表示がないことは、1つの請求書でより多くの経済的出来事を文書化する可能性を排除するものではありません。

アートに準拠。 106i段落。 VAT法の1、2014年の初めから、納税者は請求書を発行するのにかなり長い時間がかかります。法律で指定されているいくつかの例外を除いて、請求書は、商品が配達された月またはサービスが実行された月の翌月の15日までに発行する必要があります。したがって、起業家は来年1月から、販売ごとに個別の請求書を発行したり、遅くとも翌月の15日までに発行された1つの集合文書に1か月のすべての取引を含めることができるようになります。トランザクションが行われた。

例:

起業家は、月に数回、1月5日、1月12日、23日、31日に請負業者に商品を販売します。これまでのところ、彼はこれらのトランザクションのそれぞれを、商品の配達から7日以内に発行された個別の請求書(つまり、それぞれ1月12日、19日、30日、2月7日)で文書化するか、毎月の販売全体をこの請負業者は、月末日(1月31日)までに発行された1つの一括請求書に記載されています。

現在、起業家には選択肢もあります。取引ごとに個別の請求書を使用して販売を文書化できますが、すべてを1つの文書に含めることもできます。ただし、どのオプションを選択しても、販売が行われた月の翌月の15日まで、つまり2月15日まで請求書を発行する時間があります。

要約すると、ビジネスで一括請求書を使用する起業家は、今後の修正を恐れる必要はありません。さらに、請求書の発行日の変更により、起業家がそのような集合文書を発行しなければならない期間が、今月の最終日から翌月の15日までさらに延長されます。