事前請求書-いつ発行する必要がありますか?

Webサイト

税法に従い、商品またはサービスの配送前に支払いの全部または一部、特に前払い、前払い、頭金を受け取った場合、VAT義務は受け取ったものに関連して受け取ったときに発生します。額。事前請求書は、そのような商取引を文書化するために使用されます。そのような請求書がいつ必要かを確認してください。記事で答えてください!

事前請求書-どのようなデータを含める必要がありますか?

前払いは、前払いの請求書とともに文書化する必要があります。次のような要素が含まれている必要があります。

  • 発行日、

  • 請求書を一意に識別する1つ以上のシリーズ内で割り当てられた連番。

  • 商品またはサービスの納税者および購入者の名前と名前または名前とそれらの住所、

  • 納税者と購入者が税務上の目的で識別される番号、

  • 商品のリリースまたはサービスの実行前の支払いの全部または一部の受領日(そのような日付が指定されており、請求書の発行日と異なる場合)、

  • 受け取った支払い額、

  • 課税額、

  • 注文または契約に関するデータ、特に商品またはサービスの名前、正味単価、注文された商品の数量、注文された商品またはサービスの正味額、税率、税額、および注文の総額または契約。

重要!

前払金を受領した翌月の15日までに前払請求書を発行するものとします。さらに、支払いを受け取る30日前までに発行できることを覚えておく必要があります。

アートに準拠。 29a段落。 1 課税対象額とは、商品の供給者またはサービスプロバイダーが、購入者、受領者、または第三者から販売のために受け取った、または受け取ると予想される支払いのすべてであり、受け取った補助金、補助金、および同様の性質の他の支払いを含みます。納税者が提供する商品やサービスの価格に直接影響を与えるもの.

事前請求書が発行されないのはいつですか?

また、売り手が事前請求書を発行しない場合は法的に規制されていることに注意する必要があります。これは、次の目的で受け取った前払金に適用されます。

  • 商品のコミュニティ内配送、

  • 電気、熱または冷却、ならびにラインガスの供給、

  • 電気通信および無線通信サービスの提供、

  • 給水ネットワークを介した水の処理と供給に関連するサービスの提供(商品とサービスに対する税法の付属書3の項目140-153、174、および175にリストされているサービス)、

  • レンタル、レンタル、リースサービスまたは同様の性質のサービスの提供、

  • 個人のセキュリティサービス、セキュリティ、監督、資産保管サービスの提供、

  • 恒久的な法律およびオフィスサービスの提供、

  • 電気、熱または冷却エネルギーおよびラインガス配給サービスの提供。

言い換えれば、上記の状況で前払いを受け取っても、税金の義務や前払いの請求書を発行する義務は発生しません。

重要!

上記の場合の前払金の受領は、課税の必要はありません。アートが適用されるサービスには例外が適用されます。 VAT法の28b、つまりサービスの輸入を構成します。

常に最終的な請求書を発行する必要がありますか?

アートで示されているように。 106f段落。 VAT法第3条では、前払請求書が全額をカバーしていない場合、商品またはサービスの配達後に発行される請求書では、商品またはサービスの価値の合計が、支払い、および税額は、部品の支払いの受領を文書化した請求書に示されている税額の合計によって減額されます。このような文書には、商品がリリースされる前、またはサービスが実行される前に発行された請求書の数も含まれている必要があります。

商品の配達またはサービスの実行の前に、売り手がいくつかの事前請求書を発行する状況がよくあります。次に、納税者は、前払いの受領を文書化した以前のすべての請求書の番号を前払いの最終請求書に含める必要があることを覚えておく必要があります。ただし、発行された前払金の合計が支払い全体をカバーする場合、前払金が支払い全体をカバーする限り、前払い最終請求書を発行する義務はありません。

例1。

2015年4月の起業家Nは、商品の将来の配達に対して30%の前払いを受け取りました。これに基づいて、事前請求書が発行されました。 5月には、契約金額の50%の前払いの別の部分(請求書にも記載されています)を受け取り、6月には残りの部分は20%でした。したがって、6月の最後の前払いの受領を文書化した請求書は、商品の配達を文書化した最後の請求書になります。したがって、以前に発行されたすべての事前請求書を含める必要があります。

事前請求書が取引全体をカバーしていなかった場合、サプライヤーは、商品がリリースされた後、またはサービスが提供された後に、最終(決済)請求書を発行する義務があります。請求書は、商品の配達日またはサービスの実行日から15日以内に発行する必要があります。

例2。

起業家M.は、2015年11月7日に、12月に行われる予定だったサービスの支払額の60%の前払いを受け取りました。このサービスは、2015年12月2日の契約に基づいて実施されました。したがって、2016年1月15日までに、サプライヤーは前払いの金額を記載した最終決済請求書を発行する義務があります。

重要!

税務当局は、前払請求書と最終請求書が同じ月に発行された場合、前払請求書を発行する必要がないという立場を取ります(商品の配送またはサービスの実行は同じ期間に行われます)。 。

そのような立場の例は、2014年5月15日のワルシャワの税務署長の個別の解釈です。No.IPPP3/ 443-186 / 14-2 / SM:

したがって、同じ決済期間(月)に当社が配達の前払いを受け取り、商品自体の配達を行う場合、前払いを文書化するために別個の請求書を発行する義務はありません(期限前払いと最終請求書の発行は同じです)。会社は、アートで言及されている要素を含む1つの請求書を発行する場合があります。法の106e-106f、それは配達の全体(前払いの金額を含む)に課税します.

また、売り手が注文全体の前払いを受け取る状況も考慮する必要があります。このような場合、取引は前払請求書に基づいて決済する必要があります。次に、起業家は受け取った前払いをVAT売上台帳にのみ表示し、収益は商品の配達時またはサービスの実行時にKPiRの列7に記録されます。操作の基本は事前請求書になります。