輸送サービスの請求書と為替レート

サービス税

外貨で発行された輸送サービスの請求書

輸送サービスの支払いが外貨で決定され、輸送サービスの請求書が同じ通貨で発行される場合、VAT目的のPLNの課税対象額は芸術に基づいて決定されます。 VAT法の31a。この規定に従い、請求書に外貨で表された金額のズウォティへの変換は、通常、税の前日の最終営業日にポーランド国立銀行が発表した特定の外貨の平均為替レートに従って行われます。義務が発生します。納税者は、その日に欧州中央銀行が発表したユーロの為替レートを使用することもできます(VAT法第31a条(1))。

納税義務が発生する前に請求書が発行される状況では、請求書の発行日の前の最終営業日にポーランド国立銀行が発表した特定の外貨の平均為替レートに応じたズウォティへの変換の原則(VAT法第31a条(2))が適用されます。

輸送サービスの場合、規則は納税義務の瞬間を決定する際に適用されるべき特別な規則を指定していないことに注意する価値があります。したがって、一般規定-アート。 VAT法の19a。これによれば、サービス提供時に納税義務が発生します。サービスが実行される前に前払いが行われる状況では、VATに基づく納税義務はその受領時に発生します。ただし、さまざまな理由により、時間の経過とともに輸送サービスの請求書が発行される状況では、外貨での値のPLNへの変換は、納税義務の日の前日から適切なレートになります。輸送サービスの提供。

外貨で請求書を発行する場合、VATの金額は常にズウォティで表現する必要があることに注意してください(VAT法第106e条(11))。

PLNの輸送サービスの請求書

輸送サービスの注文額が外貨で指定されているが、最終的に請求書がPLNで表され、請負業者がこの通貨で支払う場合、この注文額はPLNに変換されます。 VATおよび所得税の目的-当事者が自由に決定した税率に従って実行されます。これは、たとえば、ロード日のレートまたは請求書の発行日のレートである可能性があります。

ポーランド国立銀行が発表した特定の外貨の平均為替レートである必要はありません。たとえば、銀行の為替レートである場合があります。報酬が決定される金額の換算率については、請負業者と自由に合意することができます。ただし、売掛金の金額についての誤解を避けるため、契約書に明記することは価値があります。