KPiRの前の税年度からの請求書

Webサイト

おそらく、事業を営む人々のほとんどは、サプライヤーからの請求書がかなり長い遅れで企業に到着する状況に精通しています。この場合、課税年度中に大きな問題はありませんが、その終了後、多くの納税者は何をすべきか疑問に思います。主な問題は、受け取ったドキュメントに基づいて、経費をコストとして含める正しい瞬間を決定することです。前の税年度の請求書をKPiRに含める方法を確認してください。

費用を税控除の対象となる費用として含める瞬間

最初に、実施された活動の一部として発生した費用が税控除可能な費用として分類される可能性があるかどうかを判断する価値があります。まず第一に、彼らは得られた収入と不可分な関係(直接的または間接的)を持たなければなりません。アートに準拠。 22秒個人所得税法(PIT)の1では、税金費用は、収入を得るため、またはその源泉を維持または確保するために発生する費用です。重要なことに、与えられた費用は、アートで規定されている税控除可能な費用からの除外のカタログに含めることはできません。上記23法律。

そして、法的に税控除の対象となる費用として認識できると判断した場合は、発生日を設定する必要があります。アートに定められた主なルール。 22秒PIT法の4は、税控除の対象となる費用は、それらが発生した課税年度にのみ控除できることを示しています。これは、税収と経費の元帳の形で会計を続けるすべての納税者に適用されます。 上記を考慮して、納税者は、原則として、請求書(請求書)または費用の予約(認識)の基礎を構成するその他の証拠を発行した日に費用を認識する必要があります。書類の受領が遅れたが、同じ課税年度にある場合は、受領日に費用を計上することができます(商品を除く)。 ただし、起業家は人だけであり、ご存知のように、すべての人が意図せずに間違いを犯すことを忘れないでください。見落としや売り手が単に忘れたために、請求書は実際に費用が発生した期間の後に買い手が受け取る場合があり、場合によっては1年以上の大幅な遅延が発生することもあります。その場合はどうすればよいですか?

前会計年度の請求書-転記

個人所得税の規定により、基本的な会計期間は暦年です。したがって、得られた収益および発生した費用は、その年の間に累積的にKPiRに認識され、最終的に年次申告で決済されます。しかし、実際には、得られた所得から生じる税務署の口座に所得税の前払いを支払うことは、すべての納税者の義務です。上記の理由により、決算期に遅れて請求書を受け取ったが、1年以内にまだ決済されていない場合は、発生日に応じて費用を認識することができます。 前年の請求書が商品の購入に関するものである場合、購入した商品の詳細な説明を提供する必要があります。購入した商品が会社に配達され、請求書が予約されていない場合、詳細な説明がKPIRへの入力の基礎になります。 さらに、KPiRを維持している納税者は、現金または見越としても知られる2つの簡略化されたコスト記録方法から選択できることに注意してください。簡略化された方法を使用する納税者は、発生日に応じてKPiRにコストを含める必要がありますが、発生主義の場合、コストは直接と間接に分けられます(商品や材料の購入など)。直接費は、対応する収益が得られた年に記録する必要があり、間接費は、請求書またはその他の会計文書の発行日として理解され、発生した日に記録する必要があります。間接費が課税年度を超える期間に関連していて、どの部分が特定の年に関連しているかを判断できない場合は、関連する期間の長さにコストを比例的に分割する必要があります。 紐を付けずに30日間の無料試用期間を開始してください!

例1。

Jan氏は、2020年12月12日に配達された商品を購入しましたが、売り手が翌月の15日までに請求書を発行する時間があるため、12月に請求書を受け取りませんでした。彼はこの費用をどのように記録する必要がありますか。

購入請求書を受け取る前に商品を配達する場合、購入者は商品の範囲の詳細な説明を準備する義務があります。 Jan氏は、彼の根拠に基づいて、KPiRの列10にコストを含める義務があります-商品と基本的な材料の購入。 

また、発生主義を使用して費用を決済する状況で、年の変わり目に発生した費用をカバーする請求書にも特に注意を払う価値があります。実際には、このような状況は、電気通信サービスへの支出の場合に発生します。つまり、請求書が発行された期間にサブスクリプションが請求されますが、通話料金は前月を参照します。その場合、支出を関連する課税年度に適切に分割する必要があります。

なぜ年次確定申告の提出期限がこんなに長いのですか?

納税者の大多数は、なぜ年次確定申告書(PIT-36またはPIT-36L)を提出するのに4か月もかかるのか疑問に思いました(4月30日の提出期限)。さて、これの理由は正確に納税者が遅れて受け取った請求書であり、年次和解宣言が提出されるまで、彼らは前の税年度に自由に入力することができます。

ただし、年次確定申告後に会社が請求書を受け取る場合は、訂正が必要になります。 2019年から、納税者は2月15日から4月30日までの前の税年度の年次納税申告書を提出する必要があります。

wfirma.plシステムの前の税年度からの請求書

独立した会計のためのプログラムwfirma.plの助けを借りて、あなたは迅速に経費を転記し、売上請求書を発行し、会計記録を保持することができます。前の税年度の請求書を転記するには、[支出]»[会計]»[追加]»[付加価値税の請求書]タブに移動し、正しい種類の支出を選択して、次のフィールドに入力します。

  • 請求書の発行日-請求書が発行された実際の日付、
  • KPiRへの転記日-当月の1日(請求書が発行された課税年度内)、または年末以降に請求書が見つかった場合は12月31日。
  • VATへの転記日-VATを控除する月の1日(VATを控除する権利を制限する規則を考慮)。

転記によると、請求書はKPiRへの転記日として示された日付にKPiRに送られます。ただし、VATに基づいて、VATへの転記日として示された日付に購入のVAT登録簿に移動します。さらに、実際の請求書の発行日はJPK_V7ファイルに示されます。