プロフォーマインボイスと分割支払い-知っておく価値があります

サービス税

義務的な分割支払いメカニズムの導入は、実際的な問題に関して多くの疑問と疑問を提起します。そのような問題の1つは、分割支払いを使用してプロフォーマインボイスを支払う可能性です。プロフォーマインボイスと分割払い、お答えします!

分割払いのメカニズムはいつ義務付けられますか?

まず、2つのレシピの内容を分析してみましょう。アートによると。 108a段落。 VAT法の1aは、法の付属書15に記載されている購入した商品またはサービスの支払いを行う際に、請求書に記載されています。請求書には、支払われるべき合計金額がアートで言及されている金額です。起業家法(PLN 15,000)の19ポイント2では、納税者は分割支払いメカニズムを適用する必要があります。

ただし、アートに準拠。 108a段落。 VAT法の1bでは、「分割支払いメカニズム」という注釈が付いた請求書を発行する義務のある納税者は、分割支払いメカニズムを使用して、この請求書に基づいて支払われるべき金額の支払いを受け入れる義務があります。

上記の両方の規定において、立法者は請求書の概念を使用しています。結果として、分割支払いメカニズムは、請求書に記載されているトランザクションにのみ適用されます。 分割支払いメカニズムは、請求書に記載されている取引に適用されます。その他の書類の場合、分割払いは適用されません。

プロフォーマインボイスステータス

最初に、プロフォーマインボイスはインボイスではないという論文を作成しましょう。これは一種の商業的提供である文書ですが、適用される規制に照らして、商品およびサービスに対する税の規定の意味の範囲内で請求書と見なすことはできません。オファーの提出または実行のための注文の受諾のプロフォーマ確認。

アートに準拠。 VAT法の2ポイント31では、請求書は、法によって要求されるデータとそれに基づいて発行された規制を含む紙または電子形式の文書として理解されます。さらに、アートに準拠していることに注意してください。 106b段落。法第1条では、請求書を発行する義務は、別の納税者への売却が行われた状況に適用されます。一方、プロフォーマインボイスは販売を文書化しません。これは、すでに示したように、これは商用オファーであるためです。 見積請求書は、付加価値税法の規定で規定されている請求書ではありません。 VAT課税の対象となる取引が行われたことを証明するものではありません。

プロフォーマインボイスと分割支払い-分割支払いでプロフォーマを支払うことは可能ですか?

分割支払システムでの支払は、特別な転送メッセージを使用して行われます。アートで読むことができるように。 108a段落。 VAT法の3では、分割支払いメカニズムを使用した支払いは、銀行または協同組合の貯蓄信用組合が提供する転送メッセージを使用してポーランドのzlotysで行われ、分割支払いメカニズムでの支払いを目的としています。納税者は次のように示します。

  1. 分割支払いメカニズムを通じて支払われる請求書から生じる税額の全部または一部に対応する金額。
  2. 総売上高の全部または一部に対応する金額。
  3. 支払いが行われる請求書の番号。
  4. 商品の供給者またはサービス提供者が税務上識別される番号。

したがって、プロフォーマインボイスはVAT法の意味の範囲内のインボイスではないため、分割支払いメカニズムを使用して支払いを行うことはできません。分割払いが義務付けられている条件と技術的側面の両方に関連する規定により、請求書が必要であることが明確になります。

これは財務省にも当てはまり、分割支払いメカニズムの適用に関する2018年6月29日の税務説明で次のように示されています。

「分割支払いメカニズムの使用は、支払いに関連する請求書の所持に依存します。ただし、商品の配送やサービスの提供の前に、一般に「プロフォーマ」請求書と呼ばれる文書を受け取った場合、分割支払いメカニズムを適用することはできません。この文書は、VAT法の規定の意味の範囲内の請求書ではありません。 分割支払メカニズムを使用して、見積請求書を決済することはできません。 ただし、「分割支払いメカニズム」という注釈がプロフォーマインボイスに表示されることに支障はないようです。繰り返しになりますが、プロフォーマは商業的なオファーであり、その内容と内容は税法によって規制されていないことを思い出してください。したがって、出展者はプロフォームに注釈を付けることができます。

もちろん、上記は分割支払いメカニズムではプロフォーマを決済できないという事実を変えるものではありません。見積請求書のこのような注釈は、販売を文書化した実際の請求書を分割支払いの形で決済する必要があるという情報としてのみ扱うことができます。

紐を付けずに30日間の無料試用期間を開始してください!

プロフォーマインボイスと前払い

前払いとプロフォーマ支払いの違いについて納税者の間で疑問があるかもしれません。前払いは分割払いの形で行うことができますのでご注意ください。アートの内容から続く。 108a段落。 VAT法の1c。分割支払いメカニズムは、当技術分野で言及されている支払いに応じて適用されると読みました。 19a段落。 8.8。

しかし、アートによると。 19a段落。法第8条、商品の配達またはサービスの実行の前に、支払いの全部または一部が受領された場合、特に:前払い、前払い、前払い、分割払い、建設または住宅の寄付の確立前別の目的のための住居または建物に対する協力的権利である場合、納税義務は、受領した金額に関連して受領時に発生します。

上記の場合、転送メッセージには「前払い」という単語が含まれている必要があります。 VAT法の規定により、分割支払いメカニズムを使用して前払いを行うことができます。 ただし、販売前に受け取った前払いは、アートの内容に直接起因する前払いの請求書で文書化する必要があることに注意してください。 106b段落。 VAT法の1ポイント4。これは、前払い請求書で文書化された前払いの支払いは、プロフォーマ請求書の支払いと同一視できないことを意味します。

前払いの受領はVATの対象となる活動であることを強調しておく必要があります。ただし、プロフォーマインボイスの支払いではありません。

例1。

納税者は、通常の請負業者から、全額が記載された商品の購入の申し出を含む見積請求書を受け取りました。納税者は、見積額を支払うことにしました。この場合、分割払いのメカニズムを適用することはできません。これには請求書が必要です。

例2。

納税者は、通常の請負業者から、全額が記載された商品の購入の申し出を含む見積請求書を受け取りました。彼はその申し出を受け入れることにした。彼は受け取った前払いの請求書に基づいて前払いをしました。この場合、分割支払いメカニズムを使用することが可能です。 前払いは、プロフォーマとは異なり、分割支払いメカニズムを使用して支払うことができます。事前の請求書で文書化されています。 上記を要約すると、見積請求書は取引の証拠ではなく、VAT法の意味の範囲内で請求書として分類される場合があることに注意してください。その結果、分割支払いメカニズムを使用して見積請求書を支払うことはできません。これは、売上請求書と事前請求書を文書化した請求書を対象としています。