現金方式-少額納税者の請求書決済

サービス税

現金法を使用した請求書の決済は、少額納税者と見なされるための基準を満たす起業家を対象としています。原則として、VATの現金による方法は、売上請求書の支払いを受け取り、購入請求書の支払いを行った後にのみこの税金を支払うことです。この形式の和解を使用するには、納税者がそれらを使用する予定の期間の前月末までに、税務署の管轄長に事前に書面で通知する必要があります。

小さな納税者は誰ですか?

アートに準拠。 VAT法の2ポイント25では、少額の納税者はアクティブなVAT納税者として理解されています。

a)売上高(税額を含む)が前の税年度に1,200,000ユーロ相当のズウォティで表された金額を超えなかった場合。 2021年には、少額納税者の地位を認める限度額は5,418,000ズウォティです。

b)仲介会社、投資ファンドマネージャー、代替投資ファンドマネージャーを運営し、代理人、請負業者、または手数料を除いて同様の性質のサービスを提供するその他の人物である-手数料の額またはその他の形態の報酬の場合提供されたサービス(税額を含む)は、前の税年度で45,000ユーロに相当するPLNで表された金額を超えませんでした(2021年にはこの制限は203,000 PLNです)

-ユーロで表された金額の換算は、前の税年度の10月の最初の営業日にポーランド国立銀行が発表した平均ユーロ為替レートに従って行われます。ł”.

例1。

ヨゼフ氏は2020年に事業を開始し、その年の売上高は2,000,000PLNを超えませんでした。起業家はVAT現金法を使用できますか?

はい、前年の売上高は5,418,000ズウォティの制限を超えていなかったため、ヨゼフ氏は少額納税者の地位にあり、現金法を使用してVATを決済することができます。

現金法と納税義務

VATの決済に現金による方法を選択した納税者の場合、納税義務が発生します。

  • 支払いの全部または一部を受領した日に、有効なVAT納税者として登録された納税者に商品が配達された場合またはサービスが提供された場合。

  • 支払いの全部または一部を受領した日。ただし、他の事業体に関連する場合は、商品の配達またはサービスの実行日から180日以内。

一方、売掛金の一部のみが支払われた場合、その部分のみに関連する納税義務が発生します。

例2。

Rafał氏は現金法を使用してVATを決済します。 2月2日、彼はXYZ社に正味1,000ズウォティ(230ズウォティ)の請求書を発行しました。 2月9日、XYZはPLN 700(PLN 131 VATを含む)の請求書の一部を支払い、残りのPLN 530(PLN 99 VATを含む)は3月1日に支払いました。 Rafał氏はどのように取引のVATを決済しますか?

VAT義務は支払いの受領日に発生するため、(販売時の)VATを表示する必要があります。

  • 2月9日-PLN131;

  • 3月1日-PLN99。

所得税に基づく所得は、請求書の発行日、つまり2月2日に発生します。

例3。

例2のRafał氏は、2月に自然人に請求書を発行しました。何度もリクエストがあったにもかかわらず、彼は販売日から180日以内に請求書の支払いを受け取りませんでした。 Rafał氏は個人への販売に対するVATをどのように決済する必要がありますか?

現金ベースのアプローチでは、納税義務は支払いの受領日に発生しますが、この規則には例外があります。個人との取引の場合、VATは、支払いに関係なく、商品の配達日またはサービスの実行日から180日以内に決済する必要があります。したがって、2月に個人に発行された請求書の場合、支払いがないにもかかわらず、VATは180日後、つまり8月に表示される必要があります。 VATで現金ベースの方法を使用している少額の納税者が、アクティブなVAT納税者である請負業者から特定の取引の支払いを受け取らない場合、このアカウントに税金の義務はありません。一方、小規模納税者がアクティブなVAT納税者以外の事業体(非VAT納税者、自然人)に対して活動を行う場合、納税義務は金額の全部または一部の受領日に発生しますが、遅くとも発生します。商品の配送またはサービスの提供から180日目。 したがって、次の2つの条件が共同で満たされる場合、支払いに関係なく、VATを計上する必要があります。

  • 取引は、アクティブなVAT納税者ではない個人または企業の利益のために行われます。

  • 商品の配送日またはサービスの実施日から180日が経過しました。

VATチェックアウト方法は、顧客がアクティブなVAT納税者である場合に限り、会社と会社の関係でのみ制限なしで機能します。その場合、上記の180日間の制限はそのような販売には適用されません。 上記からわかるように、VATで現金法を使用する場合、出力VATは、顧客からの支払いが得られた期間に決済されます。この日付より前は、JPK_V7およびVATレジスタに含める義務はありません。同じ原則が購入請求書にも当てはまり、支払いが行われた実際の日に仮払消費税を差し引くことができます。

例4。

ドミニカさんはVATを現金で決済します。 3月9日、彼女は購入した商品の請求書を受け取りました。彼女は4月5日まで請求書を決済しませんでした。ドミニカはいつVATを控除できるようになりますか?

支払いは4月5日に行われたため、今月のみDominikaが購入請求書からVATを差し引くことができます。

現金による方法と請求書のデータ

現金による方法を使用する場合、発行されるVAT請求書には、アートで指定されたデータが含まれている必要があります。 106e段落。 VAT法の1。これらの要素には、とりわけ次のものが含まれます。

  • 請求書の日付。
  • 商品またはサービスの納税者および購入者の姓名または名前とそれらの住所。
  • 商品の配達または配達の完了日、サービスの実行日、または支払いの受領日(この日付が指定されており、請求書の発行日と異なる場合)。
  • 商品またはサービスの名前(タイプ)。
  • 税額のない商品またはサービスの単価。
  • 取引に関連して提供された商品または提供されたサービスの正味価値。
  • 税率;
  • 個別の税率の対象となる売上と非課税の売上に分割した純売上額の合計。
  • 個々の税率に関連する金額に分解された、純売上高の合計に対する税額。
  • 売掛金の合計。
  • 「現金法」という言葉。

請求書に「現金方式」と表示

原則として、少額の現金ベースの納税者が発行する請求書には、「現金方式」という言葉を含める必要があります。請求書にそのような指定をする義務は、アートに従って納税義務が発生する活動にも適用されます。 19a段落。 VAT法の5ポイント1、つまり、次の支払いの全部または一部を受け取ったとき。

  • コミッション契約に基づくコミッショナーによる商品のリリース。

  • 補償の見返りとして、商品の所有権のそのような権限に代わって行動する公的機関または団体の命令による譲渡。

  • アートで言及されている、実行の過程で実行される商品の配達。 18;

  • 個別の規定に基づいて、共通の行政裁判所および軍事裁判所または検察庁の要請に応じて、芸術の対象となるサービスを除き、裁判所または準備手続に関連するサービスを提供する。 28B、これはサービスの輸入です。

  • アートに従った免税サービスの提供。 43秒1ポイント37-41。

キャッシュ方式とJPK_V7宣言

事業を立ち上げる納税者は、事業開始初日から現金法で付加価値税を納付することができます。また、登録月から12ヶ月間、毎月の頻度で納税する必要があります。これは、2019年1月4日の個別判決0114-KDIP1-3.4012.643.2018.2.MTで国税情報局長によって確認されており、次のように読むことができます。(...)申請者は、現金決済方法を使用して、「少額納税者」の定義を満たし、(...)付加価値税の観点からアカウントを満たします。アートに準拠していることに注意してください。 99秒3a VAT法のポイント1では、申請者は事業を運営してから最初の12か月間に毎月VAT申告書を提出する義務があります。申請者は、辞任していないか、現金決済方式の権利を失っていないため、現金方式で決済することができます。上記の状況に関連して、分析されたケースでは、申請者は毎月のVAT申告書を提出する義務がありますが、彼女は現金会計の権利を失うことはありません。”.

事業開始から最初の12か月が経過し、JPK_V7M構造に基づく月次頻度でVATが決済された後も、納税者が引き続き現金法を使用してVATを決済したい場合は、Artに従ってください。 99秒VAT法第2条では、JPK_V7Kファイルに基づいて四半期ごとにVATを決済することが義務付けられています。 現金法の場合、VATは四半期ごとに決済されます。唯一の例外は、事業活動を開始し、最初の12か月間毎月VATを決済する起業家です。 したがって、事業を開始してから1年後、現金法を使用する場合は、VATの四半期会計モードに切り替える必要があります。さらに、月次決済から四半期決済に切り替える場合、起業家はVAT-Rフォームを更新する必要があります。

VAT現金方式を使用する場合、VATの決済は、新しいJPK_V7Kフォームで毎月行う必要があります。このフォームの提出期限は変更されておらず、JPKが送付された月の翌月の25日まで有効です。

新しいJPK_V7の導入により、VATを四半期ごとに決済する場合、特定の四半期の最初の2か月間、納税者はJPK_V7Kファイルのレコード部分のみを入力します。四半期の終了後、彼は四半期の3か月目の登録部分と四半期全体のJPK_VAT申告部分の両方を完了して送信する義務があります。記事の新しい構造での四半期ごとのVAT決済の詳細:JPK_V7K-いつ適用されますか?

紐を付けずに30日間の無料試用期間を開始してください!

チェックアウト方法を使用する権利の辞任または喪失

アートに準拠。 VAT法の21ポイント3:

少額の納税者は、現金ベースの方法を辞任することができますが、12か月以内に、税務署長への事前の書面による通知の後、彼/彼女がこの方法を解決した期間の終わりまでに辞任することができます。この方法を使用しました。”.

したがって、納税者がこの方法で決済を行った12か月後に、現金方式からの引き出しが可能になります。ただし、このフォームを辞任するには、税務署長に通知を提出するとともに、現金による方法が使用される四半期または月末までにVAT-Rを更新する必要があります。

例5。

Bogusław氏は、事業の開始時、つまり2021年1月1日からVATを決済し、現金による方法を選択しました。彼はいつVATチェックアウト方法をオプトアウトできるようになりますか?

VAT現金法を辞任するには、Bogusław氏は書面による申告書を提出し、2021年12月31日までにVAT-Rを更新する必要があります。その後、2022年1月1日から、一般的な条件でVATを決済できるようになります。

現金ベースの方法に対する権利の喪失は、少額納税者の地位の喪失に関連しています。このような状況では、納税者はVAT-R更新通知を提出することにより、このイベントについて税務署長に通知する義務があります。この通知は、現金による使用権を失ってから7日以内に行う必要があります。

VATの決済方法が変更されたため、納税者は次のいずれかを選択できます。

  • 月次決済-現金決済の権利を失う結果となった金額を超えた四半期の翌月の決済から適用されます。

  • 四半期ごとの決済-この場合、納税者は、四半期ごとの申告書が提出されることを、四半期の2か月目の25日までに税務署長に通知する必要があります。

現金ベースの方法を辞任する納税者は、VATキャッシュデスク方法の有効期間中に発行および受領された販売および購入の請求書にVATをどのように計上すべきかを繰り返し疑問に思います。原則として、現金法を辞任した納税者、VAT決済の形式の変更にもかかわらず、その有効期間中に発行および受領された請求書は、引き続きそれで会計処理されるべきです。

例6。

2021年4月、マテウス氏はVAT現金法を辞任し、5月に請負業者は、2020年3月に発行された売上請求書の支払いを行いました。売上請求書はどの期間に決済されますか?

VAT現金法の使用期間中に発行された売上請求書については、以前の決済ルールを適用する必要があります。つまり、支払いが行われた期間に応じて、7月に提出されたJPK_V7Mに取引を表示する必要があります。支払った金額。

wFirma.plシステムで「Cashmethod」という注釈が付いた請求書を発行する

「現金法」という注釈が付いた請求書を発行するには、このVAT決済方法を選択した小納税者は、最初に[設定]»[税金]»[VAT税]タブに入り、[現金法]オプションを選択する必要があります。

次に、請求書を発行するには、[収益]»[販売]»[展示会]»[請求書]タブに移動します。このタブでは、システムが請求書を選択した方法に自動的に照合します。

その結果、プリントアウトに「現金方式」の注釈が表示され、支払いを受け取った後、VATに基づいて請求書が決済されます。