ファクタリングと商品およびサービスに対する税金

サービス事業

原則として、ファクタリングは3つのエンティティを区別できます。ファクター-通常は銀行です。ファクター、つまり、ビジネスの一環として商品を販売したり、後払いでサービスを提供したりする起業家。債務者、つまりファクターの顧客。債務者からの支払いを受け取る前に、ファクターはファクターから債権を購入します。

このため、ファクタリングは起業家の活動に資金を提供する方法の1つです。売掛金からのファクター購入は、その金融流動性をサポートし、追加のサービスを提供します。

ファクタリング契約は名前のない契約です。これは、売掛金の譲渡や委任契約など、民法のさまざまな契約の要素を組み合わせたものです。その枠組みの中で、ファクターは、割り当て自体に直接関係しない追加の活動を実行することも約束します。

ファクタリングとVAT

アートに準拠。 43秒VAT法の1では、ほとんどの金融サービスは付加価値税(VAT)を免除されています。次に、段落から。この記事の15ポイント1は、VAT免税がファクタリングを含む債権回収活動をカバーしていないことを示しています。結果として、このタイプの取引には23%の基本VAT率で課税する必要があります。

上記の立場は、同様の事件で発行された税務当局の解釈によって確認されています。 2012年8月7日のワルシャワの税務署長の個別の解釈(参照番号IPPP1 / 443-528 / 12-2 / EK)に従って:

(...)申請者が提供する上記のファクタリングサービスを考慮に入れると、締結された契約に従って、商品およびサービスは基本税率23%で課税されます。これは、これらのサービスが免税対象から除外されているためです。上記のアート。 43秒法第15条、および課税基準は、ファクタリング利息、ファクタリング手数料、および締結されたファクタリング契約に基づいて申請者が取得した追加サービスの料金の形で取得した報酬で構成されます。上記の結果として、申請者は上記に発行する必要があります基本税率、つまり23パーセントのVAT請求書サービス

納税者はまた、ファクタリングサービスの課税基準を決定する際に問題を抱えていることがよくあります。この時点で、公開されている解釈を参照することも価値があります。彼らは、課税ベースが手数料であることを示しています。この立場は、参照番号の解釈においてソスノビエツの最初のシレジア税務署によって採用されました2005年4月4日のPSUS / PPO I / 443/120/05 /ŁG:

ファクタリングサービスの場合、ファクタリングによる提供のために、アートの意味の範囲内で売上高を構成します。 29秒付加価値税法の1では、ファクターがファクターから取得した手数料は、債務者の破産のリスクを引き受け、債務を回収するものと見なされるべきです。 (...)。

 

基礎を決定する際の複雑さは、売掛金の購入時に割引が請求される場合、つまり、売掛金の名目価値とファクタリング会社が売掛金に支払った価格との差が発生する場合に発生します。この問題に関する見解は、2011年12月1日の解釈においてポズナンの税務署長によってとられました(参照番号ILPP2 / 443-1274 / 11-3 / AD): (...)照会に記載されている債権の購入からなる活動の課税基準は、債権の名目価値と当社が元の債権者に支払った価値との差額から税額を差し引いたものです。期限。課税対象の取引の当事者がその価格を決定した場合、それがVATを追加する必要のある正味価格であることを示さずに、常に税込みの価格(いわゆる総価値)と見なす必要があります。いわゆる納税額を決定することができます「100分の」請求書。

以上のことから、割引も課税ベースに含める必要があります。