失踪の因数分解

サービス事業

企業は、財務の流動性を維持するために、失われた資本を迅速に取り戻そうとすることがあります。流動性の損失を防ぐために、ファクタリングやフォーフェイティングなどのオプションを検討する価値があります。

両方の概念が互いに混同されることは珍しいことではありません。ただし、類似した命名法を含むいくつかの類似性にもかかわらず、これらの操作は互いに大幅に異なります。

因数分解

ファクタリングは、銀行ローンと競合する一種の商取引です。それは、経済的な回復不能に対して起業家を保証します。そのおかげで、会社の財源は回転し、流動性が維持されています。 2つの主要なエンティティが商業活動に参加しています:ファクタリング-専門のファクタリング会社または銀行-ファクタリングエージェント、つまり企業から、起業家がサービス、消耗品、商品などの販売から受け取る権利のある債権を購入します。ファクタリングは、商取引に関連する債務にのみ関係する場合があります。購入者が家庭で使用する私物の販売に関連するものは考慮されていません。

言い換えれば、ファクタリングは、Faktorによる売掛金の購入、その資金調達、および管理に基づいています。ファクタリング(サプライヤー)は、販売直後に支払いを受け取り、商品の受領を確認する文書とともに請求書のコピーをFaktorに送信します。最初に、Faktorantは前払い(その金額はファクタリング契約の条件に依存し、総請求額の90%になる場合があります)と残りの部分(受取人がFaktorに支払いを支払うときの保証基金)を受け取ります銀行口座。受取人による支払いが遅れた場合、ファクターはファクターのサポートを頼りにすることができます。ファクターは彼に代わって支払いを要求します。

所定の会社は、債務者との決済期間が満了する前に資金を取得します。これにより、返済の遅延や回避の可能性から会社を保護します。購入した負債の価値に相当する金額は、要因による購入の報酬によって減額されます。

没収

一方、没収は、約束手形の形をとる外国取引における期間債権の購入であり、同時に、引き出された約束手形に対する償還請求権は除外されます。ファクタリングの場合と同様に、2つの主要なエンティティが決済操作に参加します。割引利息の形式。これらは、次に、購入した債務の価値と債務者の破産のリスクの評価に依存します。 Forfaiterはこのリスクを負い、Forfaiterは債務者が債務を返済するのを待つ必要がないため、会社内で無料の金融取引を維持できます。

ファクタリングとフォーフェイティング-類似点と相違点

ファクタリングと没収の両方で、3番目のエンティティである債務者がいます。しかし、彼は当事者ではなく、法的な関係の参加者にすぎません。両方の決済業務は、名前のない商業契約のグループに属し、大陸法の一般原則に従って締結され、ほとんどの場合、交渉を通じて署名されます。ただし、特定の契約に含めることができるクレームは1つだけであるため、没収契約は1回限りです。ファクタリングに関しては、契約は継続的かつ定期的であり、たとえば年次以上であり、既存の売掛金と将来の売掛金の両方をカバーします。ファクタリング契約は、オープン、セミオープン、そしてそれほど頻繁ではない秘密の形式で締結されます(債務者に通知されない場合)。没収契約は秘密です。

両方の清算業務の業務分野に違いがあります。 Forfaitingは実際には国際貿易にのみ焦点を当てているため、操作の余地は限られています。一方、ファクタリングは、国際的な売上高を考慮に入れて、サービスの範囲を国内の売上高にも拡大します。ただし、サービスの喪失のコストは、償還請求権の欠如とサービスの中長期的な満期(6か月から10年)のために高くなります。因数分解の場合、最大210日です。ファクターファクターは、期限が切れる前の最初の時点で、売掛金の70%から90%までのファクターを支払います。次に、没収者は、債務の価値から没収率を差し引いた金額の100%を前払いで没収者に支払います。

したがって、上記の契約のいずれかを締結することを決定した起業家は、最初にそれぞれの性質を考慮し、ルールを注意深く分析し、自分の能力とニーズに適応させる必要があります。