出口税、つまり未実現利益に対する税-2019年からの新規。

サービス税

租税回避を防ぐために、ポーランドの立法者は、未実現利益に対する税金をポーランドの法制度に導入することを決定しました。一般に「出口税」として知られる新しい税は、2019年1月1日に発効する予定です。このタイプの納税義務は、他のEU加盟国ですでに実施されています。以下の記事では、ポーランドの規制の形を分析します。

出口税-課税の対象は何ですか?

未実現利益に対する税金、出口に対する税金、移民に対する税金、出口税-これらは新しい税制の定義のほんの一部です。したがって、まず第一に、何が課税されるか、言い換えれば、未実現利益に対する課税の対象は何かを示すことは価値があります。

新しく追加されたアートによると。 PIT法の30daでは、未実現利益からの所得に対する課税は次の対象となります。

  1. ポーランド共和国の領土外への資産の譲渡。その結果、ポーランド共和国は、譲渡された資産が同じエンティティ。

  2. ポーランド共和国の納税者による居住地の無制限の納税義務への変更。その結果、ポーランド共和国は、その納税者が所有する資産の全部または一部の売却による所得税の権利を失います。彼の居住地の別の国への移転との関連。

ご覧のとおり、新しい出口税規制を導入する目的は、主に、資産の売却が減税の対象となるか、まったく免税される国への資産の人為的な譲渡による租税回避を防ぐことです。

居住地の変更の概念は大きな疑問を提起せず、明確にする必要はありませんが、立法者はポーランド共和国の領土外に資産を譲渡する問題を明確にすることを決定しました。

この法律は、ポーランド共和国の領土外への資産の譲渡には、特に次のような状況が含まれることを示しています。

  1. ポーランドの税務上の居住者である納税者は、以前はポーランド共和国の領土で行われた経済活動に関連する資産を外国の事業所に譲渡します。

  2. 非居住者である納税者は、居住地の州またはポーランド共和国以外の州に移り、外国の事業所を通じて事業活動を行っています。これは、以前はその地域で行われた経済活動に関連する資産です。外国の設立によるポーランド共和国;

  3. 非居住者である納税者は、ポーランド共和国の領土にある外国の事業所を通じてこれまでに行われた経済活動の全部または一部を別の州に移します。

出口課税ベース

課税基準は、個々の資産の未実現利益からの収入の合計です。一方、所得とは、譲渡日または居住地変更日の前日に決定された資産の時価を税額上上回った剰余金です。新しい規制では、市場価値と税額の両方の定義が導入されています。

出口税の改正は、市場価値がアートに基づいて決定されることを示しています。 19段落PIT法の3。引用された条項は、物または財産権の市場価値は、特にそれらの状態および摩耗の程度を考慮に入れて、同じ種類および種の物または権利の取引に使用される市場価格に基づいて決定されると述べています支払いに対する販売の時間と場所として。

一方、資産の税額は、資産が検討のために売却された場合に納税者が税控除対象費用として想定する形式で、以前は税控除対象費用に含まれていなかった値です。別の規則に従い、所得税による課税の目的で、この資産の処分にかかる税控除可能な費用が含まれていない場合、資産の税額は決定されません。

例1。

ポーランドの起業家は、金属の元素組成をテストできる最新の機械の所有者です。機械の購入価格はPLN10,000,000でした。減価償却費は3,000,000ズウォティになります。生産台数が少ないため、この機械の現在の市場価値は17,000,000ズウォティです。地元の規制ではこの取引に税金が課されていないため、起業家は機械をバミューダに移動してそこで販売することを決定しました。その結果、新しい規制の下で、ポーランドで出口税を支払う義務があります。機械の市場価値は17,000,000ズウォティ、税額は7,000,000ズウォティです。その結果、課税ベースはPLN10,000,000にもなります。

また、新しい規制では、資産の市場価値が400万PLNを超えない場合、未実現利益の課税、つまり出口税は発生しないことにも注意してください。

例2。

ポーランドの起業家は、配達用トラックの艦隊を英国に移動します。全車の時価は120万ズウォティです。この場合、税額に関係なく、出口税は適用されません。

さらに、2つの免税があります。第30dc条は、未実現利益からの所得に対する課税は、ポーランド共和国の領土外に指定された期間、ただし12か月以内に譲渡された資産には適用されないことを規定しています。

  1. この資産の譲渡は、ポーランド共和国の領土および別の州の領土にある納税者の企業の流動性管理方針に直接関連しています。

  2. 譲渡は、債権を確保するために所有権譲渡契約に基づいて行われます。

支払い期限、料金、および出口税の払い戻し

立法者は、未実現利益に対する税金の支払いの非常に短い期限を規定しました。さて、出口税は、収入が発生した月の翌月の7日までに支払われる必要があります。関連する税申告書は、同じ期限内に提出する必要があります。

未実現利益の課税は、次の2つの税率で適用されます。

  1. 19%-税額が設定されているコンポーネントの場合。

  2. 3%-税額が決定されていないコンポーネントの場合(これは、税額が決定されていない定額の課税形態に適用されます)。

さらに、特定の状況では、納税者は未実現利益に対して支払われた税金の還付を求める場合があります。つまり、納税者が特定の資産をポーランド共和国の領土に再譲渡するか、永久にポーランドに戻り、ポーランドに居住地を設立した場合、納税者は出口で以前に支払った税金の払い戻しを申請できます。