自己組織化コンピュータの登録-特殊なケース

Webサイト

自己組織化されたコンピューターの正しい在庫は、コンピューターがビジネス目的で使用されている企業で通常表示されるパスワードです。自己組織化コンピュータが部品の交換または改善を必要とする場合、問題が発生します。また、セカンドモニター、マウス、キーボードなどの追加の機器を購入することもよくあります。 KPiRで適切に説明する方法を確認しましょう。 自己組織化コンピュータの減価償却と初期値の正しい決定の問題は、記事「自己組織化コンピュータの税額への登録」に記載されています。

コンピューターの部品交換を予約するにはどうすればよいですか?

コンピュータが部品の物理的摩耗に苦しんでおり、コンピュータをそれ以上使用できない状況では、摩耗したコンポーネントの交換は修理費用として扱われる必要があります。 改修とは、摩耗した部品の交換など、元の技術的および運用上の状態を復元することを目的とした活動です。ただし、これらの活動により、改修された固定資産の性質および機能が変更されることはありません。 KPiRの改修費用は、費用の決済方法に関係なく、税控除の対象となる費用、つまり列13「その他の費用」に直接認識されます。

スペアパーツが摩耗した場合、自己組織化されたコンピューターの記録は修正されないことを強調しておく必要があります。ただし、清算プロトコルを作成する必要があります。

清算プロトコルの無料モデルは、記事「固定資産清算プロトコル-議論のあるテンプレート」にあります。 コンピュータ部品は、このタイプの機器のリサイクルを扱う専門会社が廃棄する必要があります。その場合、処分にかかる費用は納税者の税控除可能な費用となり、請求書または請求書に基づいてKPiRに含めることができます。 要約すると、ユニットがコンピュータセットの部品(リノベーションと見なされる)を交換した場合、コンピュータの使用価値は増加せず、摩耗により失われた元の値に戻るだけです。 。

コンピューターのアップグレードを確認するにはどうすればよいですか?

改善は、変換、拡張、再構築、適応、または近代化と見なされます。固定資産の改善を記録する方法は、改善の価値によって異なります。以下の表は、改善値の記録方法へ​​の依存性を示しています。

アップグレード値

記録

10,000未満のアップグレードPLN固定/低価値固定資産。

税控除の対象となる費用、つまりKPiRの13列目の「その他の費用」に直接入力できます。

10,000を超えるアップグレードPLN固定資産。

資産の強化の形で記録する必要があり、減価償却の価値を高める必要があります。

10,000を超えるアップグレード低価値の固定資産のPLN。

改善時に、固定資産をレコードに入力する必要があります。つまり、改善によって増加したコストに含まれる値に対応する値のコンピューター単位です。コストはアップグレード値のみにすることができます。

以前に税額に含まれていた改善額が、特定の課税年度に10,000PLNを超える場合PLN、納税者は、エントリを修正し、すべての買収を固定資産の改善として扱い、時間の経過とともに減価償却を行う義務があります。

例1。

スタニスワフ氏は、2017年8月に固定資産「A」を購入して会社の資産に紹介しました。その初期値は90,000PLNでした。減価償却費の償却は、2017年9月から定額法を使用して行われました。 2019年4月、スタニスワフ氏は固定資産「A」を6,000ズウォティで改善しました。その価値が10,000PLNを下回っていたという事実のために、スタニスワフ氏は改善のための費用を直接税費用に含めました。同年11月、スタニスワフ氏は6,000 PLNの更なる改善を行い、固定資産「A」の改善費用の合計は10,000 PLN(12,000 PLNに相当)を超えた。したがって、改善は固定資産の初期値の増加という形で認識されるべきである。したがって、スタニスワフ氏は、コストを調整し、固定資産の初期値の増加という形で改善を説明する必要があります。この場合、スタニスワフ氏は、コスト調整のために一定期間の前払所得税の額が増加した可能性があるため、4月から11月の期間の前払金を所得税に変換することを余儀なくされます。 固定資産の価値の増加の形で記録される改善は、資産が記録に含まれているのと同じ年に発生した場合、1回限りの最小限の援助として減価償却される可能性があります。 -オフ減価償却が適用されました。

コンピュータユニットのマウス、キーボード、モニター

マウス、キーボード、モニターは、コンピューターに接続しないと独立して機能できないデバイスです。完全性と使いやすさの条件を満たしていないため、個別の固定資産を構成することはできません。 紐を付けずに30日間の無料試用期間を開始してください!

上記を考慮すると、マウス、キーボード、モニターなどの購入したデバイスは、自己組織化コンピューターの記録に含める必要があります。 原則として、マウス、キーボード、モニターなどのデバイスは、購入後に1台のデスクトップコンピューターに割り当てる必要があります。 2台目のマウスまたはキーボードまたは2台目のモニターを購入し、それらを特定のデスクトップコンピューターに割り当てることができた場合、それぞれの値がPLN10,000未満の場合。 PLNの場合、請求書または請求書に基づく購入(使用される費用決済の方法に関係なく)は、税控除可能な費用、つまり列13「その他の費用」で直接認識できます。

wfirma.plシステムの自己組織化コンピューターの記録

自己組織化されたコンピューターをwfirma.plオンライン会計システムに登録するのは簡単です。組み立てられたコンピューター用に購入した部品の請求書は、次のスキームに含まれています。支出»会計»追加»請求書/請求書(付加価値税なし)。支出の種類を選択する必要があります。

  • 「事業活動に関連するその他の費用」-その価値が10,000PLN未満の場合ズウォティ。
  • 「固定資産の購入」-納税者が自発的にコンピューターを固定資産台帳に入力したい場合、またはコンピューターの価値が10,000PLNを超える場合ズウォティ。

10,000未満の改修または改善がある場合PLN(アクティブなVAT納税者の場合は純額、VAT免税納税者の場合は総額)の場合、その費用は次のスキームによってシステムに認識されます。支出»会計»追加»請求書/請求書(VATなし)。支出の種類は「経済活動に関連するその他の費用」である必要があります。

一方、1万を超える改善を説明します。ズウォティは次のように行われます。

  1. コンピューターが固定資産台帳に入力されている場合、予約は次のスキームに従って行われます。支出»会計»追加»請求書/請求書(付加価値税なし)ここで、「固定資産の改善」を支出の種類として選択する必要があります。 。

  1. コンピューターが税控除の対象に直接含まれている場合、アップグレードの転記は2つのパスを使用して行われます。

    • VATを含めるために、スキーム:RECORDS VAT REGISTER OFPURCHASE»ADDENTRY、請求書に従ってデータを完成させ、[ADVANCED]タブで[PERMANENTASSET]オプションをマークします。

    • 記録»固定資産»固定資産を追加します。ここで、コンピューターユニットのデータを完成させます。初期値は、改善により増加したコンピュータユニットの値である必要があります。 [詳細]タブで、[別の会社からの固定資産の転送]オプションを選択し、以前に税額に直接含まれていたコンピューターユニットの値を[変更]項目に入力する必要があります。結果として、その改善に関連する価値の減価償却償却のみがコストになります。