収入記録-あなたが知る必要があるすべて

Webサイト

収入記録-基本情報

収入の記録を保持する義務は、記録された収入の一括払いの形で口座を決済する納税者に適用されます。これは、収入の記録と固定資産および無形資産のリストの保持に関する2002年12月17日の財務大臣の条例に記載されています(Journal of Laws No. 219、item 1836、修正済み)。収益記録とは何か、そしてそれを維持する方法をご覧ください。

実施する活動の種類に応じて、一時金の形で所得を決済する場合、税金は適切な税率で支払われます。私たちは5つの率を区別します:3%; 5.5%; 8.5%; 17%と20%。

収入源に応じた一時金

割合

収入源

3%

  • 1.5%を超えるアルコール含有量の飲料の販売からの収入を除いて、美食活動から。

  • 貿易の分野でのサービス活動から、

  • 動物生産に関連するサービスの提供から、

  • 漁獲物からの魚やその他の原材料の販売における海や氾濫原の漁師の活動から。ただし、漁獲物からの魚やその他の原材料の缶詰やジャムの販売は除きます。

  • 非農業事業活動で使用される動産の支払いに対する売却から。

5,5%

  • 製造活動、建設工事、または2トンを超える容量の車両を使用した貨物輸送の分野から、

  • 単回使用の公共交通機関の切符、月額切符の切手、切手、トークン、自動販売機の磁気カードの販売における商業活動から得られた手数料から。

8,5%

  • 1.5%を超えるアルコール含有量の飲料の販売におけるケータリング活動からの収入を含むサービス活動から、

  • 消防および防火に関連して、

  • 植物園および動物園の活動、ならびに自然保護地域および対象物に関連するサービスの提供のために、

  • 発注者から委託された材料からのオブジェクト(製品)の生産からなる活動から、

  • コミッション契約に基づく販売からコミッションエージェントが取得したコミッションから、

  • プレスの販売契約に基づいてプレス販売業者が取得した手数料から。

17%

  • サービスの提供から:

    • コンピュータ情報キャリアの複製、

    • 卸売りの仲介、

    • 海と内水での駐車と操縦、

    • ホテル業界と組織された旅行や休日の組織に関連して、

    • ゲームおよびソフトウェアパッケージの発行に関連して、

    • コンピュータハードウェアの分野でのコンサルティング、

    • 情報処理、

    • 賃貸と良好な技術的状態の維持の両方の観点からの契約財産管理、

    • 車やその他の交通手段のレンタルとリース、

    • 従業員の雇用における調停、

    • 写真、

    • 教育上の問題を抱える子供たちのためのカウンセリングサービスの組織、

    • 高齢者、障害者、失業者のための社会的支援。

20%

  • リベラルな職業で稼いだ収入。

このようにして、次のようなエンティティがあります。

  • 前年に15万ユーロを超える収益を達成した場合、この制限は、その年に事業を開始する企業には適用されません。

収益記録は課税年度ごとに個別に保持され、事業からの収益のみが記録されます。税額を決定する際に考慮されないため、費用は記録されません。収入記録のすべてのエントリは、税務署による検査の際に保持されなければならない適切な文書によってサポートされなければなりません。ただし、事業を行っていない自然人に請求書や請求書を発行する義務はありません。この場合、収益レコードへの入力は、1日の終わりに発行された内部バウチャーに基づいて行われます。

サブスクリプションは、以下に基づいて行われます。

  • 発行されたVAT請求書、

  • 請求書と訂正メモ、

  • 手形、

  • 税関書類。

重要!

納税者はパンフレットを提出し、ページに番号を付ける必要があります。

税務署との納税前払いおよび決済方法

納税額は次のように計算されます。社会保障拠出金、社会的目的のための寄付、およびリハビリテーション救済の対象となる費用の価値は、和解期間全体の総所得から差し引かれます。税務署との決算義務は、毎月、または条件を満たしている場合は四半期ごとに事前に通知した後に行うことができます。所得が25,000ユーロ相当を超えない場合、納税者は四半期ごとの申告書を使用できます。

毎月20日までに、前月の前払金を支払って税務署に決算する必要があります。最終納税は前年の1月31日までに行われ、PIT-28の確定申告を行うと同時に、12月の未払金は同日までに支払う必要があります。

事業体が申告書に含まれていない他の源泉からの収入を持っていた場合、4月30日までに適切な納税申告書を提出する義務があります。これにはPIT-28納税申告書に示されている収入は含まれません。

重要!

自然人が稼得した特定の収入に対する定額所得税に関する1998年11月20日の法律に従い、事業所得は、実際に受領されていなくても、返品の価値を除いた後、未払い額と見なされます。割引とリベートが付与されます。 VATの対象となる商品やサービスを販売する納税者の場合、この販売からの収入は、収入から出力VATを差し引いたものと見なされます。

収入記録-維持する方法

納税者は、信頼できる欠陥のない方法で記録を保持する必要があります。公平性とは、実際の状況に従って記録を作成することを意味し、欠陥のないこととは、関連する法規制に従って記録を保持することを意味します。

紐を付けずに30日間の無料試用期間を開始してください!

次の場合にも、収益記録は信頼でき、欠陥がないと見なされます。

  1. 不正確または未記入の収入額は、課税年度に表示された収入の0.5%を超えないか、税務署長または管轄当局による検査と誤りの発見まで、

  2. 納税者がエントリを作成することを妨げたランダムなイベントまたは事故に起因する適切なエントリの欠如、

  3. エントリまたは修正は、コントロールの開始前に完了しました。

  4. エラーは明らかな間違いの結果であり、納税者は収入の証拠を持っています。

収入記録-独立して、または会計事務所によって保持されます

手動と専用プログラムの両方を使用して記録を保持することは可能ですが、適切な表形式の構造を維持する必要があります。エントリーは、前月の月の20日までに時系列で行われます。

記録の保持の開始について税務署に通知する義務はありません。例外は、収益の記録を保持するように会計事務所に委託する場合です。この場合、会計事務所との契約締結日から7日以内に、記録の保管場所に関する情報を税務署に報告する必要があります。収益の記録を保持する場合は、事業所に保管するか、会社の議席として表示する必要があります。

収益記録の誤った保管に対する制裁

刑事制裁は、不正確または欠陥のある収益記録を維持または維持できないことから生じる可能性があります。所得の記録を保持していない、または保持していない納税者は、税務署が自分の所得を見積もり、通常の所得の一時金の5倍の一時金を決定することを考慮に入れることができます。ただし、収入の75%を超えることはできません。他の事業体への収益記録の転送に関する情報義務を遵守しないこと、および欠陥のないことや信頼性を損なう行動も犯罪ですが、罰則は低くなります。