レジにヒントを登録する-必須ですか?

Webサイト

事業活動を行う納税者の義務の1つは、税額に影響を与える経済的出来事を正確かつ合法的に記録することです。これに関連して、顧客から受け取ったチップをレジに記録する必要があるかどうかという疑問が生じます。レジのチップレコードに答えます。

ヒントとVAT

レジの問題は必然的に商品やサービスに対する税金に関連しているので、まず、VAT法の規定によってヒントがどのように修飾されるかを考えてみましょう。

一般的に知られているように、VATは支払いに対するサービスの提供の対象となります。ただし、重要なことに、サービスの提供は、プロバイダーと受信者の間の二国間の法的関係から生じる必要があります。さらに、当事者間の法的関係は、実行されるサービスと予測される報酬を示さなければなりません。

2019年6月12日の解釈で国税情報局長が示したように、No。0115-KDIT1-1.4012.236.2019。

「提供されるサービスとそのために送金される報酬の間には直接的なつながりがなければなりません。これは、サービスの実行に基づく特定の法的関係が、サービスプロバイダーに明確で直接的な利益をもたらす必要があることを意味します。さらに、受け取った支払いと提供されたサービスとの間のリンクは、そのサービスの見返りに支払いが行われたと言えるほど明白でなければなりません。」

上記の説明に照らして、納税者は顧客と未定義の金額でチップを支払うことを義務付けるような法的関係を結んでいないため、自発的なチップは提示された基準を満たしていないことに注意する必要があります。そのため、チップについては当事者間で合意がないため、有料サービスも認識できません。チップの金額は、提供されるサービスにまったく依存しません。

ヒントは、サービスの価格に強制的に追加された場合にのみVATの対象となります。この状況では、それらは提供されたサービスの報酬の一部を構成し、報酬に含まれます。アートの内容から明らかなように。 29a段落。付加価値税法の1、課税基準、段落の対象2-5、アート。 30a-30c、アート。 32、アート。 119とアート。 120段落4および5は、商品の供給者またはサービスプロバイダーが、購入者、受領者、または第三者から販売のために受け取った、または受け取る予定のすべての支払いであり、受け取った補助金、補助金、および同様の性質の他の支払いを含みます。納税者が提供する商品またはサービスの価格に直接影響を与える。

例1。

納税者はレストランを経営しています。提供するサービスについては、お客様が任意の金額でチップを提供します。受け取ったヒントはVATの対象ではありません。一方、納税者が、例えば契約額の10%の義務的なチップが各サービスに追加されることを示した場合、この種のチップはすでに価格の計算要素であり、VATの対象となります。 お客様がご希望の金額で提供する自主的なチップは、提供されるサービスの対価とは見なされないため、付加価値税の対象にはなりません。

レジのヒントの記録

アートによると。 111秒付加価値税法第1条では、事業活動を行わない自然人や定額農民に販売する納税者は、レジを使用して販売の記録を保持する必要があります。しかし、アートによると。 VAT法の2ポイント22、販売とは、国内の領土内での支払いに対する商品の供給および支払いに対するサービスの提供、商品の輸出およびコミュニティ内の商品の供給を意味するものとします。したがって、自主的なチップは有料サービスではないため、販売カテゴリにも分類されません。結果として、ケータリングサービスの価格に含まれていないヒントはレジに記録されるべきではありません。

ただし、事前に注文に追加するヒントについて話している場合は、その価値を当然のことながら領収書に反映させる必要があります。このヒントは課税ベースの一部です。

2019年4月29日の財務大臣規則の内容をレジで分析することにより、同様の結論を導き出すことができます。 §2ポイント16は、会計領収書が購入者のレジを使用して発行された会計文書であり、販売を確認することを示します。一方、規則第3条に従い、納税者は、レジが機能を果たしていることの確認の有効期間中に取得したレジを使用して、免税売上を含む各売上の記録を保持します。アートに記載されています。 111秒6aまたはアート。 145a段落。法第2条およびレジの技術的要件(基準および技術的条件)。このレジの財政的運用モードにおいてのみ、財政化後。

さらに、領収書の「A」から「G」の文字は、上記の規則の§6(1)(5)のように、商品およびサービスの名前に割り当てられた税率または免税に割り当てられていることに注意してください。 )::

  1. 文字「A」-22%または23%の基本税率が割り当てられます。
  2. 文字「B」-7%または8%の減税率が割り当てられます。
  3. 文字「C」-5%の減税率が割り当てられます。
  4. 文字「D」-0%の減税率が割り当てられます。
  5. 文字「E」-免税が割り当てられ、
  6. 文字「F」および「G」-アートで言及されている課税対象の売上の場合の0%(テクニカルゼロ)の値を含む、他の税率が割り当てられます。 119段落。 1またはアート。 120段落法の4。

その結果、レジでは、義務的な記録は、適切なVAT率で課税される活動、または非課税の活動のいずれかの対象となります。ただし、課税対象外の活動はレジに記録されません。

紐を付けずに30日間の無料試用期間を開始してください!

例2。

納税者は、クライアントに100ズウォティ相当の美食サービスを提供しました。さらに、彼はフレンドリーなカスタマーサービスのためにPLN10のヒントを与えました。この場合、PLN 100ネットの金額と、VATのレートと金額のみを会計領収書に含める必要があります。 自発的なチップはVATの対象ではなく、顧客の領収書に記載する必要はありません。

納税者は自主的にレジにチップを記録できますか?

規制の分析では、非課税活動を領収書に表示する必要はないことが示されていますが、税務当局はレジにチップを自主的に記録する可能性を認めているようです。

これに関連して、2018年9月20日、No。0113-KDIPT1-3.4012.538.2018の国税情報局長の解釈の内容を示しましょう。

「VAT目的の納税者は、割り当てられた文字Eで0%の税率で領収書のヒントを示します。関連するエントリは、この項目の下に記録されているレジのサービスブックにあります-レジの制限のため、レートn / pでチップを記録することはできません(対象外)。税務当局はこの操作方法に疑問を呈しませんでした。これにより、領収書はVATの対象または免税の売上を認識するために使用されますが、付加価値税、税法は、そのような税の対象とならない活動の領収書と請求書への文書化を禁止していません。これらの理由から、財政領収書にチップの金額を含めることは可能であるようです。」

VAT法の規定と施行規則は、領収書に記載する必要のある必要な情報のカタログを定義しています。ただし、これはクローズドカタログではありません。つまり、すべての必須情報と追加情報(この場合はVATの対象とならない売上高)を含むこのような領収書は正しい文書です。 利用可能な解釈の分析は、領収書に自発的なヒントを示すことが可能であることを示しています。ただし、このアクティビティは情報提供のみを目的としており、チップの金額は課税対象ではないことに注意してください。 上記を念頭に置いて、自発的なヒントは商品やサービスに課税されないことを強調する価値があります。これは、それらが課税ベースに含まれていないことを意味します。したがって、チップの金額は、情報提供のみを目的としてレジに(0%の割合で)記録される場合もありますが、その必要はありません。