電子入札と執行手続の変更

サービス

2020年12月、閣僚評議会は、不動産の電子オークションの導入を規定する法改正案-民事訴訟法を採択しました。

この解決策は、COVID-19のパンデミックの際に特に重要であるように思われますが、問題は、誰が負け、誰がそれから利益を得るのかということです。

公売による執行手続における不動産売却の現在の手続き

申請書に記載された資産に対する執行を開始するという債権者の要求の結果として、廷吏は、説明と評価を進めるのに苦労して、2週間以内に債務を支払うよう債務者に要求します。召喚状を債務者に送ると同時に、廷吏は、土地と住宅ローンの登録を維持する権限のある裁判所に、執行を開始するためのエントリの申請、または文書のコレクションへの申請の提出を、支払いのための召喚。

差し押さえは、不動産法の規定に基づいて不動産および住宅ローンの対象となるすべてのものを対象としています。差し押さえ後の不動産の処分は、その後の手続きに影響を与えません。債務者の債務返済要求で指定された期限の後、執行吏は、債権者の要求に応じて、押収された資産について説明し、見積もります。

占有された不動産は公売で売られます。オークションの日付は、説明と見積もりが確定してから2週間以内、または実行が開始された根拠となる判断が確定する前に設定することはできません。債務者の住宅ニーズを満たすために使用される、住宅または住宅用建物で開発された土地のオークションの締め切りは、債権者の要求に応じて設定されます。 オークションの発表は、その日付の少なくとも2週間前に、ウェブサイト、不動産の執行を監督する裁判所の掲示板、不動産の場所を管轄するコミューン当局の敷地内、および執行吏の全国評議会のウェブサイト。 応募者は、入札の前日までに、見積り総額の10分の1の保証を提出する義務があります。最初のオークションで物件を購入できる最低額(開始価格)は、見積もり総額の4分の3です。入札決定が確定した後、保安官は、入札を受け取った入札者(買い手)に、受領日から2週間以内に、購入価格から現金で提出された保証を差し引いた金額を財務大臣の預金口座に提出するよう呼びかけます。召喚の。買主が代金の支払いに関して入札条件を遵守しなかった場合、買主は保証を失い、裁定の効力は失効します。

オークション自体は、裁判官または裁判所の司法行政修習者の立会いのもと、監督下で公の場で行われます。入札の対象は、オークション中に執行吏が発表した変更を考慮した、説明と評価の対象となる状態の不動産です。入札は口頭で行われます。

入札単価の増分は、通話料金の1%以上で、完全なズウォティに切り上げられます。別の入札者がより高い価格を提示した場合、提示された価格は拘束力を失います。執行吏の停止後、執行吏は、3回目の発表後、それ以上の入札は受け付けられないことを出席者に通知し、最後の提示価格を3回発表し、入札を終了し、最高入札者を交代させます。

不動産eオークションの前提

電子執行吏の不動産のオークションは、この方法で動産の販売を可能にするすでに証明された規制のプロトタイプに基づいて開発されました。 これは、全国執行吏評議会が、動産の電子オークションおよび簡易不動産オークションに現在使用されているプラ​​ットフォームのシステムを拡張することを意味します。 簡略化された不動産オークションは、施行開始の申請を提出した時点で建設完了の通知が行われなかった場合、または申請が行われた場合、未開発の土地および住宅または商業ビルで開発された不動産の実行に関係することを思い出してください。建設法の意味の範囲内での居住許可は提出されなかった。 このモードでの不動産の購入は、最初のオークションが失敗した場合、2番目の開始価格が見積もり額の半分になるため魅力的です(通常の不動産オークションの2/3ではありません)。 法務省は、電子オークションによる不動産の売却を促進することで、手続き活動への参加者の安心感を高め、執行手続き全体のコスト削減に貢献すると考えています。

さらに、多段階の性質と潜在的に多数の参加エンティティのために特に長続きする不動産の実行のスピードアップに大きく貢献します。

電子的手段による入札は、債権者の要請があった場合にのみ行われるものとします。そのような入札の形式が示されない場合、それは以前と同じ方法で開催されます。電子的手段による入札の申請は、オークションの第1日と第2日の両方で提出することができます。入札はICTシステムで行われます。執行吏は、全国執行吏評議会のウェブサイトでオークション通知を利用できるようにします。

省が発表したように、電子オークションの例に従って、電子入札は1週間続きます。このソリューションは、情報に基づいた意思決定を行うためのより優れた快適さと条件を入札者に提供します。

不動産オークションについての反対意見

不動産の電子オークションの概念の創始者は、執行吏の全国評議会でした。法務省はまた、保安官評議会の概念を賞賛し、その考えは良いとの意見であり、同省によると、不動産の電子オークションを実施することは利点のみをもたらすため、パンデミックな状況と従来のオークションでは、立法作業を実行するための措置が講じられました。支持者は、新しい解決策が入札の透明性を高め、公売ではそれほど珍しくなかった共同入札者の排除に貢献することを強調します。

しかし一方で、e-オークションはいくつかの留保を引き起こします。まず第一に、オークションの過程に対する裁判所の監督は見えません。つまり、裁判所は引き続きその過程を監視しますが、それが電子的に開催される場合、それは彼が確認を与える目的でのみプロトコルをレビューする裁判所になります。苦情は賞に対して提出される可能性があり、したがって、オークションに技術的な問題が発生した場合、苦情は手続きを延長するために使用されるより頻繁な方法になる可能性があります。

法的根拠:

1964年11月17日の法律、民事訴訟法、Journal of Laws 2020.1575、すなわち

「TakPrawnik」のチームによって準備された資料。

ブランド「TakPrawnik」のオーナーはBZGroupSpです。 z o.o.