農業活動と製品の直接販売

サービス税

ポーランドの法律には、農業の生産プロセスを定義する統一された概念がありません。動物の飼育や繁殖から収入を得たい場合は、動物を正しく分類する方法と、農家やブリーダーが直接販売できる時期と時期を知っておく価値があります。農業活動、これは何を理解すべきですか?答えます!

経済活動-定義

個人所得税法の意味における経済活動は、合計6つの条件を満たす活動です。

  1. それは利益を生み出す活動、つまり利益志向です(実際に利益を得るのではなく、利益を得ることに焦点が当てられていることを強調する必要があります)。
  2. 活動は、上記のタイプの1つに属します(製造、建設、貿易、サービス活動、鉱床からの鉱物の検索、識別、抽出からなる、または無形および合法的な資産と資産の使用からなる)。
  3. それは自分のために行われる活動です。
  4. それは組織的に行われる活動であり、
  5. それは継続的な活動です。 2012年1月18日の判決でグリヴィツェの州行政裁判所によって説明されたように、I SA / Gl 818/11:
    「継続性を維持するには、すべての状況で、お金を稼ぐことを目的とした特定の活動の特定のセットを繰り返す意図を示すだけで十分です」
    ;
  6. この活動からの収入は、非農業経済活動以外の収入源には含まれていません。

農業活動とは何ですか?

アートに準拠。 2節個人所得税法の規定の1ポイント1は、農業生産の特別部門からの収入を除いて、農業活動からの収入には適用されません。アートに準拠。 2節上記2秒の意味の範囲内での農業活動に関する行為の。 1ポイント1は、種子、苗床、繁殖および生殖材料の生産、野外での野菜生産、温室を含む、自家作物または繁殖または繁殖からの未処理(自然)状態の植物または動物製品の生産からなる活動です。箔の下で、観賞用、栽培および果樹園の菌類の植物生産、動物、鳥および商業昆虫の種子材料の繁殖および生産、産業および家畜の生産および魚の繁殖、ならびに購入した動物を最小限の期間保管する活動および生物学的成長が起こる植物は、少なくとも次のとおりです。

  1. 月-植物の場合、
  2. 16日-ガチョウやアヒルの非常に集中的な特殊な肥育の場合、
  3. 6週間-と畜用の他の家禽の場合、
  4. 2ヶ月-他の動物の場合、

購入日から。

アートに準拠した農業生産の特別部門。 2節上記の3法律は、温室と加熱されたホイルトンネルでの栽培、キノコとその菌糸の栽培、「in vitro」植物、屠殺と産卵家禽の農場繁殖と飼育、家禽孵化場、毛皮と実験動物の繁殖と飼育、ミミズの繁殖、昆虫食動物の繁殖です。 、シルクワームの繁殖、家禽の飼育、農場外での他の動物の繁殖と飼育。

未処理状態とは、製品の製造直後の状態と本質的に変わらない状態のことです。

加工製品は、それに適用された技術プロセスの結果として新しい機能と特性を獲得したものです(2014年8月28日のビドゴシュチュの税務署長の個別の解釈、ITPB1 / 415-618 / 14 / WMを参照) )。

同様に、2017年2月20日のワルシャワの税務署長の個別の解釈では、refを提出してください。 1462-IPPB1.4511.1135.2016.1.RK、私たちは読むことができます:

「申請者が自分の農場から入手したザワークラウトとキュウリの生産は、農業生産の特別な部門を構成するものではありません。サイレージの生産と販売は、個人所得税法の意味の範囲内での農業活動を構成するものではありません。

1996年10月11日のSA / Lu 2526/95の判決において、最高行政裁判所は次のように述べました。

「芸術の意味の範囲内での農業活動。 2節個人所得税に関する1991年法の1ポイント1は、動植物の生産です。家畜生産には、豚の繁殖、屠殺後の解体を含む肥育豚の屠殺などの活動が含まれます。この作品には、いわゆるこれらの活動は商業活動であるため、肉の包装または小売販売。

農家による直接販売を分類するにはどうすればよいですか?

2016年1月1日から、他の収入源からの収入の中に新しいタイプの収入が現れました。それは、自社の栽培、繁殖、または繁殖から得られた非工業用加工動植物製品の販売からの収入です。

アートに準拠。 20段落個人所得税法の1cでは、他の収入源からの収入として分類された加工農産物の販売は、以下の条件が満たされている場合、経済活動を構成しません。

  • 雇用契約、委任契約、特定の特定の契約、および同様の性質の他の契約に基づいて人々を雇用する場合、動植物製品の処理およびそれらの販売は行われません。
  • 販売台帳が保持されます。
  • 農民が生産した製品の販売による個人所得税のない収入額は40,000ズウォティです。
  • 問題の製品の生産に使用される自社の栽培、育種、または飼育からの植物または動物製品の量は、水を除いて、その製品の少なくとも50%に相当します。

農業小売業の一環として販売される食品の量的制限は、農業小売業で販売される食品の最大量とその文書化の範囲と方法に関する2016年12月16日の農業農村開発大臣の規則で指定されています。年間制限は、たとえば、次のとおりです。

  • 野菜サイレージ-5000kg、
  • イチゴ-14トン、
  • 生乳-52,000l、
  • カバーの下のキュウリ-m2あたり35kg。

農産物の直接販売から収入を得ている納税者は、動植物製品の販売の記録を(課税年度ごとに別々に)保管する必要があります。レコードには、次のデータが含まれている必要があります。

  • 次のエントリの番号、
  • 収入を得た日、
  • 収入額、
  • 年初からの累積収益。

毎日の収入は販売日に記録する必要があります。販売記録は、加工された動植物製品の販売時点で入手可能である必要があります。問題の販売を行う農家は、上記の請求を行う必要はありません。セール。

農民による年間40,000ズウォティまでの動植物製品の直接販売は免税です。 PLN 40,000の制限を超えた後、所得税は2%になります。

紐を付けずに30日間の無料試用期間を開始してください!

直接販売の一環として、農家はとりわけ、生乳、クリーム、卵、未加工の蜂製品、新鮮な肉、肉製品(ハム、パテ、ソーセージなど)、複合製品であるデリケートセン製品(肉、チーズ、キャベツロール、野菜、肉のサラダなど)。植物製品の販売に関して、最も売れているのは、野菜原料、ジャム(フルーツジュース、ジャム、ドライフルーツ、サイレージ、ピクルス、野菜ジュースなど)、シリアル調製品(小麦粉など)、パン、オイル、惣菜です。 (例:非肉餃子、シレジア餃子と餃子、フルーツ餃子、ポテトパンケーキ)。

直接販売の法的側面

直接販売者は、消費者にとって読みやすく目に見える方法で、農業小売業内の食品の各販売時点で「農業小売業」という言葉を表示する義務があります。これには以下が考慮されます。

  • 農業小売業を行う事業体の名前と名前または名前と座席、
  • 食品が生産されている場所の住所
  • 農業小売業者の獣医識別番号(動物由来の食品および複合食品用)。