EU諸国との仲介モデルのドロップシッピング

サービス事業

電子商取引業界は急速に成長しており、毎年何千もの新しいエンティティを集めています。確かに、オンラインストアが消費者のライフスタイルの未来であり、買い手と売り手の両方にとって非常に便利であることを否定する人は誰もいません。しかし、現実の変化により、トレーダーは活動に新しいプロセスを導入する必要があります。私たちは正確に何について話しているのですか?
毎日、数百万または数十億ものトランザクションがインターネットを介して締結されています。需要は供給を構築し、電子商取引はますます多くの国で認識を得ています。販売者が、多くの時間とエネルギーを節約するなど、販売プロセスを改善できるソリューションを探しているのも不思議ではありません。この記事では、ドロップシッピングとは何かを紹介します。

eコマースの利点

私たちのほとんどすべてが電子販売の利点を利用しました。オンラインストアで商品を注文すると、家を離れることなく、世界の最果てから商品を手に入れることができます。これらのタイプの購入は、購入のセキュリティ、迅速で簡単な支払い、および製品配送の洗練されたロジスティクスにより、以前よりも優れた、ますます新しい技術ソリューションによって支持されています。実際、顧客は対応する作用メカニズムを幅広く選択できます。彼らは彼らに最適な支払いと配達を選ぶことができます。時間とお金の節約-これらはeコマースの最も重要な利点です。

営業担当者にとっての課題

買い手の需要の高まりと市場での激しい競争は、売り手が絶えず発展しなければならないことを意味します。最大の課題の1つは、ロジスティクスモデルを簡素化および改善することです。これは、店舗への商品の供給と販売組織の両方、特に注文の配送と配送に適用されます。これらの各段階は、面倒なことなくスムーズに実行する必要があります。最も重要なことは、特定の営業担当者が自分の仕事をどのように整理するかに興味がない顧客です。このため、eコマースの起業家はドロップシッピングなどのソリューションを試します。この概念は何を意味し、どのような利点がありますか?それについては本文の後半で。

ドロップシッピングとは何ですか?

これは一種の電子販売ロジスティックモデルであり、注文出荷プロセスを特定のサプライヤに転送することに基づいています。このおかげで、売り手は商品を別のエンティティに配送する責任を移します。オンラインストアは、このコンテキストでは、注文が収集されるプラットフォームとしてのみ機能します。したがって、実際には、店舗を通じて製品を販売する会社は、物理的に自宅に製品を持っていません。商品はサプライヤーに残ります。これにより、コストが削減され、販売プロセス全体が容易になります。売り手は商品を保管するために倉庫スペースを借りる必要はなく、支払いの行き詰まりもありません。店長が取得したデータに基づいて販売を管理するのはサプライヤーです。 あなたは記事でドロップシッピングについてもっと学ぶことができます:
-ドロップシッピング-このロジスティクスモデルで売上を決済する方法は?
-所得税のドロップシッピングと納税義務
-ドロップシッピング-所得税収入を表示する方法は?
-ドロップシッピング-領収書を購入者に渡す方法

ドロップシッピングの恩恵を受けることができるのは誰ですか?

現在、多くの企業がこのソリューションを使用しています。これは、大小のオンラインストアの両方のニーズに合わせて作成されたモデルです。それぞれの側が利益を得る。店主は家に商品を置く必要がないので、ビジネスを運営する他の側面に集中することができます。さらに、彼は顧客が注文の代金を支払うときにのみ商品の代金を支払います。これにより、市場で一般的な現象である支払いの行き詰まりが解消され、企業の財務流動性が失われます。これらの2つの理由は、特定の利息の清算の理由の文脈で最も頻繁に言及されます。

すべての人のためのソリューション

特に小規模な店舗は、一度に大量の商品に投資することを恐れているため、ドロップシッピングを確信しています。彼らの多くはまた、顧客による注文の支払い後にのみ資金を受け取るため、そのためのお金を持っていません。このソリューションは、売り手に保管するのがロジスティック的に難しい大型製品の場合にも理想的です。このモデルを使用することの欠点は、ストアの所有者が、サプライヤが時間どおりにデューデリジェンスで注文を履行することを確信できないことです。注文を送信した後、サプライヤーを管理することはできません。したがって、それはすべて相互のコミュニケーションと信頼に依存します。

紐を付けずに30日間の無料試用期間を開始してください!

EUでのドロップシッピング-何を知っておくべきですか?

EU諸国との仲介モデルのドロップシッピング-この問題はますます使用されています。それでは、EUでのドロップシッピングが規制されている規則を詳しく見てみましょう。結局のところ、ポーランドの法律はこの問題の枠組みを定義していません。国内外でこのモデルに関する規制がないことは、このタイプのメカニズムに適切な一般規定を参照する必要があることを意味します。この文脈では、それは所得税と付加価値税についてです。

ドロップシッピングと課税方法

サプライヤー、セラー、顧客の場所は非常に重要です。これは、欧州連合に居住する事業体の税モデルが国境の外とは異なって見えるためです。法律の受け入れられた解釈によると、彼のオンラインストアでの商品の売り手は、ドロップシッピングの場合の仲介者にすぎません。税金は購入者の責任です。ただし、地域内貿易では、税率が0%となる場合があります。これは、たとえば、購入者がEU内取引の有効な識別番号を持っている場合、または納税者が納税申告書で特定の供給を示していると同時に、EUVAT納税者として登録されている場合に発生します。

欧州連合外への配送

購入者がEU外にいる場合はどうなりますか?このような状況では、サービスが提供される場所、つまり課税対象となる場所が、顧客が設立される場所であるという規則が適用されます。したがって、ポーランドの起業家がたとえばインドから商品を配達する場合、税金は購入者が支払う必要があります。