電子監視-それは何で、いつ申請できますか?

サービス

刑務所の罰は、犯罪者を社会から隔離することに加えて、教育的機能を果たすことになっていますが、これが犯罪理論家の夢であることは明らかです。ほとんどの場合、刑務所に送られた人々は、刑務所をより意気消沈させ、刑の執行前よりもひどい犯罪を犯すことができます。この問題は、人々が刑務所に入れられ、その行動が社会的に不適切であると見なされる可能性があるが、他の人々にとって危険であると見なされるほど有害ではない場合に発生します。例として、保守債務者を取り上げましょう。そのような状況では、これらの「犯罪者」はいわゆる電子監視。

電子監視は、文全体を確実に提供します。もちろん、この自由は適切に制限されていますが、囚人はコミュニティから完全に排除されているわけではありません。このおかげで、彼は間違いを正すと同時に、仕事に行く、家事をする、子供の世話をするなどの現在の職務を遂行する機会があります。裁判所が電子監視システムで判決を下す決定を下すには、受刑者はどのような条件を満たさなければなりませんか?

電子監視とは正確には何ですか?

電子監督の制度は、アートの規定によって規制されています。執行刑法(以下、執行刑法という)の43a-43zae。アートの提供。行政刑法の43bは、電子的監督を、刑事当局によって実施される技術的手段を使用した受刑者の行動の管理として定義しています。他方、電子監視システムは、電子監視を実行するために使用されるすべての実施方法および技術的手段を含む。問題のシステムのおかげで、関係当局は、判決の期間中、裁判所によって示された場所での有罪判決を受けた人による滞在を管理することができます。

電子監督は、教義と司法の両方で強く承認された機関です。この種の管理は受刑者にプラスの効果をもたらし、投獄、特に短期間の投獄の有益な代替手段であることが認識されています。さらに、それはポーランドの刑事制度の抑圧を減らし、閉鎖された施設に囚人を滞在させるための州予算から資金を節約する機会を与えます。

Kkwは、静止、移動、近接の3つの形式の電子監視を区別します。固定は、囚人が指定された時間に指定された場所にいるかどうかを確認するために使用されます。モバイル監視を使用すると、囚人がどこにいるかに関係なく、囚人の現在の場所を監視できます。近接監視は、有罪判決を受けた人が裁判所によって示された人から特定の最小距離を維持しているかどうかを確認するために使用されます。自由の剥奪の罰則は、定常的な監督、および近接または移動式の監督システムにおける懲罰的および保護的措置としてのみ実行されます。この記事では、定常監視の問題のみを扱います。

誰が電子監視を使用できますか?

刑務所の判決を電子監視システムで実行された判決に置き換えることは、いくつかの条件が満たされていれば可能です。この機関の場合、受刑者に関連する施設と技術的な可能性の両方を区別することができます。

技術的条件はアートに記載されています。執行刑法の43時間この規定に従い、特に利用可能な送信機と記録機の数と範囲、およびそれらの運用の組織的可能性を含む技術的条件が許せば、電子監視が可能になります。有罪判決を受けた人が成人と同居している場合、これらの入居者は、一般家庭の電子監視システムでの刑の執行に書面で同意する必要があることも覚えておく必要があります。同意には、監督機関が検査活動を実施できるようにすることに関する声明も含まれている必要があります。

技術的条件が満たされた場合、裁判所は電子監視の申請を承認する場合があります。裁判所はアートに従って決定します。執行刑法の43la違反者に上記の許可が与えられるためには、以下の累積条件が満たされている必要があります。

  • 有罪判決を受けた者は1年以下の懲役を宣告された。

  • 有罪判決が下された根拠となる犯罪は、複数の犯罪の条件下で行われなかった。

  • 罰の目的を達成することで十分です。

  • 有罪判決を受けた人は永住権の特定の場所を持っています。

  • 刑務所での刑期をまだ開始していない受刑者の場合-安全上の配慮と士気喪失の程度、およびその他の特別な状況が、閉鎖された施設で受刑者を投獄する必要性を正当化しない場合。

  • すでに刑務所で刑期を終えている受刑者の場合-受刑者の現在の態度と行動が許可の付与を支持している場合。

アートの提供。執行刑法の43ポンドは、犯罪または財政犯罪の代わりの懲役刑を与えられた囚人にも電子監視を適用することを認めています。 1年を超えない期間の自由の剥奪の罰則を宣告される要件に関して、この罰則は、アートの下での犯罪への復帰の条件では課せられないことを覚えておくべきです。刑法の64§2、すなわち、いわゆる複数の犯罪または複数の特別な再犯。以前に再犯の条件下で有罪判決を受けた加害者が合計で少なくとも1年の懲役に服し、最後の文の全部または一部を服役してから5年以内に、再び生命または健康に対して意図的な犯罪を犯した場合、私たちは複数の住居に対処します。暴力の使用またはその使用の脅威を犯した財産に対する強姦、強盗、強盗またはその他の犯罪の犯罪。複合ペナルティの場合は、電子監視を注文することもできます。 電子監視は、課された判決が1年以下の場合にのみ可能であり、申請書の提出時に犯罪者の懲役が1年未満の場合には不可能であることを覚えておく必要があります。

紐を付けずに30日間の無料試用期間を開始してください!

電子監視とコスト

電子監視システムで自由刑を宣告する許可の申請を提出するための訴訟費用はありません。これは、このシステムでのその後の文の提供にも当てはまります。したがって、電子的監督(申請、会議、判決の提供の両方)は完全に無料であると結論付けることができます(選択した専門弁護士の費用を考慮していません)。費用の免除を申請する義務がないことも重要です-法律自体から無料で結果が得られます。

費用に関しては、議論された機関は、受刑者自身(彼は彼の専門的活動を継続する権利を持っている)と国庫(州は有罪判決を受けた人の滞在)および有罪判決を受けた人の潜在的な債権者(例えば、維持債務の場合-有罪判決者は維持分割払いを支払うことができます)。

電子監視システムで文を提供するための別の重要な条件は、このタイプの文の実行が課された文の目的を達成するのに十分であるという確信です。これは、問題の機関の目的に関連しています-刑務所の隔離に伴う影響を引き起こさないために監督が導入されましたが、一方で、社会正義の仮定を満たすのに十分な痛みを伴うはずです。したがって、電子監視は、危険で意気消沈していないことを行動によって示す加害者を対象としています。実際には、裁判所は、課せられた個人の罰則または罰則の合計が1年を超えない場合、有罪判決を受けた人は社会に住むことができ、道徳的原則を遵守し、コミットしただけの人であると見なされるべきであると想定します「1回限りの」エラー。

申請および裁定手続き

電子監視システムで懲役刑を宣告する許可は、有罪判決を受けた人またはその弁護人、検察官、裁判所、保護観察官、または刑事施設の所長の要請に応じて、刑務所裁判所によって付与されます。この申請書は、受刑者が滞在している閉鎖施設の地区にある管轄の刑務所裁判所に提出する必要があります。

裁判所は、申請書の受領日から30日以内に決定(肯定的および否定的の両方)を発行する義務があります。裁判所の拒否に対して苦情が申し立てられる場合があります。上訴する権利を有する人々のグループは、申請を提出する資格のある人々のグループと同じです。受刑者、弁護人、検察官については、訴訟で申請書を提出していなくても、裁判所の決定に対して上訴することができます。保護観察官と工場長の場合、上訴する権利は、彼らが手続きを開始した(許可の申請を提出した)場合にのみ期限が到来します。 拒絶の発行日から3ヶ月以内に提出された、同じ場合の有罪判決を受けた人またはその弁護士の許可の繰り返しの申請は、審査されないものとします。

電子監視-要約

判決の執行の条件付き停止および判決の残りの条件付き早期釈放の直後の電子監視は、刑事行為で有罪判決を受けたにもかかわらず、有罪判決を受けた人が自由を享受できるようにする機関です。

もちろん、電子監視システムでの処罰の実行には、依然として刑務所の機能があります(それは報酬の形ではありません)が、それにもかかわらず、囚人は比較的自由を楽しむことができます-彼はまだ専門的に活動することができ、家の世話をしますまたは子供を育てます。ただし、受刑者は厳格な管理下にあり、指定された時間にのみ、金儲けや宗教儀式に出席する目的でのみアパートを離れることができることを覚えておく必要があります。刑を執行するそのようなシステムは、投獄よりもはるかに許容できることを認めなければなりません。