20,000ズウォティまでの従業員の請求の立証-法律の改正

サービス

改正後、正式な用紙に請求書を提出する義務がありますか?この日付以降にフォームを使用すると、従業員に悪影響がありますか?

アートに準拠。労働法第300条では、労働法の規定で規制されていない事項については、労働法の原則に抵触しない限り、民法の規定が雇用関係に応じて適用されるものとします。これは、民法および民事訴訟の規定の改正が、適切な範囲の従業員関連の問題にも適用されることを意味します。

従業員の主張の追求-規制の改正

念のため、2017年以降、紛争の対象の価値が20,000 PLN(以前は10,000 PLN)を超えなかった契約に起因する請求について労働裁判所に提訴された事件は、標本の決定および民事訴訟における公的な形式の訴状へのアクセスを提供する方法に関する2012年4月5日の法務大臣。

2019年11月7日からの民事訴訟の規定の改正により、フォームに訴状を提出する義務はなくなりました。また、請求書だけでなく、請求書への回答、デフォルトの判決への反対、支払い命令への反対にも適用されるため、従業員だけでなく雇用者にとっても重要な情報です。これまでに公式フォームに提出された支払い手続きおよびその他の手紙の令状。

多くの従業員にとって、2019年7月11日以降にフォームに請求を提出した場合はどうなるのかという疑問が生じます。彼らはこのアカウントに悪影響を及ぼしますか?

まあ、このタイトルから結果を引き出す理由はありません。そのため、その内容の公式フォームでは、フォームなしで請求を提出するために義務付けられているのと同じデータ/情報を入力する必要があります。

立法者は、アートに記載されているクレームの特定の正式な要件を概説しました。民事訴訟法第187条は、請求の陳述は訴状の要件に準拠し、追加の要件も満たす必要があると述べています。したがって、最初のコメントはアートに値します。裁判所に提出された訴状の一般的な条件を指定する民事訴訟法の126。

訴えかける

各訴えには以下が含まれている必要があります。

  1. 対象となる裁判所の指定。

  2. 当事者の姓名または氏名、その法定代理人および代理人。

  3. 書き込みの種類の指定;

  4. 申請または宣言の根拠;

  5. 申請または宣言を決定する必要がある場合-当事者がその申立てまたは宣言の根拠となる事実の表示、およびこれらの各事実を証明する証拠の表示。

  6. 当事者またはその法定代理人または弁護士の署名。

  7. 添付ファイルのリスト。

ここで、訴えが事件の最初の手紙である状況では、紛争の主題の指定も含めるべきであることを明確にする必要があります。

1)居住地または登録事務所の指定と当事者の住所、または当事者が中央登録簿に入力された起業家である場合および経済活動に関する情報-中央登録簿に入力された通信アドレスおよび経済活動に関する情報、

11)居住地または座席の指定、および当事者の法定代理人および代理人の住所、

2)自然人である請求者のユニバーサル電子システム人口登録(PESEL)または納税者番号(NIP)の番号(所有する義務がある場合、またはそのような義務なしに所有している場合)、または

3)国内裁判所登録簿の番号、およびそれがない場合は、関連する登録簿に入力する必要のない、自然人ではない請求者の別の適切な登録簿、記録、またはNIPの番号、彼がそれを持っている義務がある場合。

次に、クレームに直接関連する規制、すなわちアート。民事訴訟法の187。請求書に含めるべき注文:

1)正確に指定された要求、および財産権の場合は、事件の主題が指定された金額でない限り、紛争の主題の価値の表示。

11)請求の裁定の場合の請求の期日の表示。

2)申立人が彼の主張の根拠となる事実の表示、および必要に応じて、裁判所の管轄権も正当化する。

3)当事者が調停またはその他の法廷外での紛争解決を試みたかどうかの情報、およびそのような試みが行われなかった場合は、それらを行わなかった理由の説明。

さらに、請求の陳述には、請求を確保し、判決を直ちに執行可能にし、請求者の不在下で聴聞会を実施するための動議、ならびに聴聞会を準備するための動議、特に以下の要求が含まれる場合があります。

  1. 申立人が公聴会に示した証人および専門家を召喚する。

  2. 検査を行う;

  3. 被告に、彼が所持し、証拠または検査の対象をとるために必要な文書を聴聞会に提出するよう命じる。

  4. 裁判所、事務所、または第三者に証拠を要求するとともに、当事者がそれを自分で入手できないことを立証する。

上記は、2万ズウォティ未満の従業員の請求を追求するために労働裁判所に請求を提出することを示しています。 2020年7月11日以降、公式フォームを使用しても、当事者に不利な影響が及ぶことはなく、裁判所は、所持している文書に基づいて事件を審理する必要があります。さらに、相手方当事者は、本件の請求書に対する回答を提出する際に、開始当事者がフォームを使用したにもかかわらず、被告は公式フォームで回答を提出する義務を負わない。

紐を付けずに30日間の無料試用期間を開始してください!

例:

従業員は、雇用主に対して6,000ズウォティの未払い賃金の支払いについて独自に請求を作成しました。公式フォームに記載され、2019年11月15日に裁判所に提出されました。数日後、彼は規則の変更と2019年7月11日からフォームに請求を提出する必要がないことに関する情報を読みました。従業員は、請求書が提出された日に効力を失ったフォームで提出されたため、裁判所が彼を容認できないとして却下することを恐れています。

従業員は、裁判所がフォームに提出したために彼の主張を却下することを不必要に恐れています。

アートに準拠。民事訴訟法の199裁判所は請求を却下します:

1)裁判所のルートが許容されない場合。

2)同じ当事者間の同じ請求について、訴訟が係属中であるか、すでに法的に判断されている場合。

3)いずれかの当事者に司法能力がない場合、原告に手続き上の能力がなく、法定代理人が代理人として行動しない場合、または原告である組織単位の機関の構成に欠陥がある場合、その操作を妨げる欠陥があります。

上記の規定の分析は、そうする法的根拠がないため、裁判所が請求を却下することはできないことを示しています。公式フォームに正しく記入され、申立人が訴状および請求の陳述に必要なすべてのデータを入力した場合、裁判所は請求の陳述に基づいて事件を認識する必要があります。

法的根拠:

  • 美術。 1974年6月26日の労働法の300(Journal of Laws 2019.1040、すなわち)

  • 美術。 126、アート。 189、アート。 1964年11月17日の法律の199、民事訴訟法(Journal of Laws 2019.1460、すなわち)。

  • テンプレートの指定および民事訴訟における公的な形式の訴状へのアクセスを提供する方法に関する2012年4月5日の法務大臣の条例。