活動停止期間中の和解宣言と従業員

コサイス変更

2か月間(5月と6月)、私の会社は停止されました。この間、2020年5月31日まで育児休業を取得していた従業員が1名おり、2020年6月1日から育児休業を取得しています。このような状況では、活動停止期間中に和解宣言を提出する必要がありますか?

Sławomir、レグニツァ

従業員が雇用されていない場合、活動の停止中にDRA宣言はZUSに提出されません。ただし、従業員が親子関係に関連して休暇を取っているときに活動が中断された場合、博士の宣言は、関連するレポートとともに毎月社会保険機関(ZUS)に提出する必要があります。

活動の停止と従業員の雇用

アートに準拠。 22秒2起業家の権利、経済活動の遂行を停止する権利は、従業員を雇用している起業家が行使することができますが、それは彼らが休暇中の場合に限ります。

  • マタニティ、
  • 産休の条件で、
  • 教育的、
  • 育児休暇。育児休暇の使用と、この休暇を付与する雇用主の仕事の遂行を組み合わせないでください。

活動停止期間中の和解宣言

情報の流れの原則に従い、経済活動が中断されると、ZUSはCEIDGから提供された情報に基づいて起業家の登録を解除します。したがって、起業家は登録抹消宣言をZUSに提出する必要がなくなりました。 ZUSの拠出金は、経済活動の停止中は起業家に支払われないため、停止の1か月間は起業家に文書が提供されません。

ただし、育児休業中に活動が停止された場合は、その従業員の氏名報告書を記載した、停止月数のDRA申告書を提出する必要があります。

したがって、議論されたケースでは、以下をZUSに提出する必要があります。

  • 5月のDRA宣言とZUSRSAレポート(0110xx)および特典コード

2020年5月1日から2020年5月31日までの期間で311を破る。

  • 6月のDRA宣言とレポート:
    • ZUS RCA(1211xx)は、PLN620の社会保険および健康保険の基礎です。

    • ZUS RSA(コード0110)、2020年6月1日から2020年6月30日までの期間の休憩給付コード121。

2018年4月30日以降、企業が現在産休、教育、育児、産休を取得している従業員のみを雇用している場合、活動が停止される可能性があります。ただし、雇用主は、活動が停止されているにもかかわらず、これらの従業員の名前レポートとともにDRA宣言を毎月提出する必要があることを覚えておく必要があります。