税申告-オフィスへの配達方法は? -NS。 II商品およびサービスに対する税金(VAT)

サービス税

商品とサービスに対する税金-VAT-7申告(VAT-7K)

所得税とは別に、アクティブなVAT納税者として登録されている起業家も、商品やサービスに対する税金を決済します。したがって、このアカウントで支払うべき金額を個別に計算する必要があります。 VATの場合、所得税の前払金の定期的な決済とは異なり、起業家は各期間(VAT-R登録申請書で選択したフォームに応じて月または四半期)の申告書を提出する義務があります。定期的なVAT申告は、VAT-7(月次期間の場合)またはVAT-7K(四半期ごとの決済の場合)です。

VAT申告の提出と支払いの期限:

  • VAT-VATが計算された月の翌25か月までのVAT-7、
  • VAT-VATが計算される四半期の翌25か月までの7K。

VAT申告の場合は、売却または費用控除がなかった期間についても提出する必要があります。これは、VATの場合、いわゆるゼロリターンは、法定期限内に納税者の管轄事務所に提出する必要があります。

申告書の提出方法:

  • 電子輸送:
    • 電子署名なし(承認の目的で、前の税年度に提出された申告書からの収入額が提供されます)、
    • 証明書コードを提供することによる電子署名付き、
  • オフィスへの手渡しと適切な窓口への提出-オフィスの従業員は、申告書の提出の確認を発行する義務があります。
  • 郵送による発送-起業家が発送日とともに郵送の証明を持っていることが重要です。

コミュニティ内取引-VAT-EU、VAT-9M、VAT-8宣言

VAT-EU

コミュニティ内取引を行う起業家も、定期的な申告を提出する義務があります。 VAT-EU納税者として登録されているアクティブなVAT納税者は、コミュニティ内で商品を取得したり、コミュニティ内で商品を供給したり、供給場所が購入者の居住地として決定されるサービスを提供したりします(VAT法第28b条)上記の取引をVAT-EUで行った期間の申告書を提出する義務があります。

EU-VAT申告の提出期限:

  • 15ヶ月までに紙版で、
  • 25か月目までの電子版(ここでは、電子署名を使用してのみ出荷)で、

取引が行われた月の後-納税義務が発生しました。

したがって、サービスの輸入は、それがコミュニティ内取引であるという事実にもかかわらず、VAT-EU宣言には示されていません。その完了により、起業家はコミュニティ内の目的で登録する必要があります。

VAT-EU宣言は、主に情報提供および統計目的で提出されます。 VAT-7の返品とは異なり、税金の支払いは必要ありません。

定期的なVAT-7申告とVAT-EU申告の違いは、起業家がコミュニティ内取引が行われなかった期間に「ゼロ」申告を提出する義務がないという事実でもあります。ただし、今後6か月または2四半期連続でVAT-EU申告書を提出しなかった場合、VAT-EUからの登録が自動的に解除されることに注意してください。

VAT-9M

コミュニティ内取引の場合、VAT免税の恩恵を受ける納税者も、場合によっては、商品やサービスに対する税金に関連する申告書の提出を求められることがあります。これは、免税のVAT納税者が、VAT規則に従って、購入者としてVATを計算し、税務署に支払う必要があるサービスを輸入する場合に当てはまります。

サービスの輸入に関連してVAT-9M申告書を提出し、非VAT納税者が税金を支払う期限は、取引が行われた月の翌月の25日です。サービスのインポート。

VAT-8

VAT免税納税者は、コミュニティ内の目的で登録できます。 VAT-EU。場合によっては、この登録が義務付けられることもあります。たとえば、コミュニティ内での商品の取得が50,000ズウォティを超える場合などです。この金額を超えるか、VAT-EUの目的で非VATを自主的に登録した後、彼はVAT-8宣言のVAT-8宣言に基づいて商品の購入を証明し、それに応じて税金を支払う義務があります。

コミュニティ内での商品の取得に関連して、VAT-8申告書を提出し、非VAT納税者が税金を支払う期限は、取引が行われた月の翌月の25日で期限切れになります。コミュニティ内での商品の取得に対する納税義務

VAT-9M申告とVAT-8申告はどちらも、起業家が適格な署名を持っている場合にのみ、従来の形式(紙または電子版で、ただしVAT-EUの場合と同様)で税務署に提出できます。 。