約束手形の宣言-それは何であり、それをどのように適用するのですか?

サービス

約束手形の宣言は、空白の約束手形の不可分の要素です。この約束手形は、債権者の債権の担保として広く使用されており、ほとんどの場合、起業家間の商取引で使用されます。実際には、空白の約束手形は発行者の署名に限定されています。このタイプの文書は、当事者間で合意された状況、すなわち交換請求書の宣言が履行された場合に、交換請求書の受領者がそれを完了することを許可する当事者の追加の合意を締結する必要性を生じさせます。

約束手形の宣言は、約束手形を発行するための基礎です。それは、それを履行する権利が依存する条件を示し、約束手形が発行される可能性のある最大額を決定し、また約束手形が割り当てられる可能性のある支払日の種類を示します。この合意はArtで規制されていました。為替法案第10条(以下、為替法案といいます)。

約束手形とは正確には何ですか?

約束手形は、当事者間で締結された合意を保証する一種の証券です。この文書では、一方の当事者が、指定された日付までに指定された為替手形の金額を他方の当事者に無条件で支払うことを約束します。原則として、約束手形は、約束手形法で厳密に定義された形式で作成された文書であり、発行者が指定された場所と時間に指定された人に指定された金額を支払うことを約束する無条件の約束が含まれています。さらに、この文書は署名者に無条件の責任を課します。

特別なタイプの約束手形は、空白の約束手形です。このドキュメントは、ほとんどのコンポーネントにマークを付けずに意図的に発行されており、通常、フォーム上の発行者の署名に限定されています。空白の約束手形は、当事者の追加の合意を伴う、いわゆる、引き出される場合があります請求書の宣言。

約束手形宣言の推定

空白の約束手形の発行は、約束手形の宣言の存在の推定に関連しています。これは、そのような約束手形の義務的要素がその補足に関する合意であることを意味します。したがって、各空白の約束手形には、暗黙的であっても、独自の宣言があると結論付けることができます。 1929年3月5日の最高裁判所のまだ有効な判決(ファイル参照番号:IIIRW。182/ 29)によると、発行者が空白の約束手形を発行した場合、彼は約束手形の受領者にそれに従ってそれを完了することを許可しました。合意に基づいて。

これは、紙の形式で行われた宣言が約束手形の有効性の条件ではないことを意味します。それ自体は、約束手形の宣言の存在に依存していません-それを発行するという事実自体が、発行者が約束手形の受領者にそれを記入することを許可したという推定を作成します。また、約束手形の発行自体が債務者の一方的な行為であることは間違いありません。ただし、約束手形の宣言は、当事者間、つまり、義務のある当事者と約束手形に基づく債権者(送金者)との間で締結された合意の結果である必要があります。

約束手形宣言の形式

約束手形法には、約束手形宣言を作成する形式に関する要件は含まれていません。したがって、この問題は当事者の意志に依存することを認識しておく必要があります。契約は、書面、口頭、黙示を問わず、あらゆる形式で締結できます。宣言自体の内容は、アートで規制されている契約の自由の制限によって決定されます。民法の353。これは、1998年5月28日の最高裁判所の判決(ファイル参照:III CKN 531/97)によって確認されており、これによれば、約束手形の合意にも暗黙的に達する可能性があります。

上記にもかかわらず、2004年2月13日の最高裁判所の判決にも留意する必要があります(ファイル参照:IV CK62 / 03)。最高裁判所は、その判決において、合意が暗示される場合でも、約束手形の責任の特定の性質により、約束手形の合意は、付随する状況に照らして、この法律の内容によってカバーされる法的効果を十分に理解可能で疑う余地のない方法で生み出す意志。 約束手形契約を作成する際の完全な自由にもかかわらず、最も有利な形式は、書面による約束手形宣言です。当事者間で法的な紛争が発生した場合、それは議論の余地のない証拠です。

書面による約束手形の宣言

書面による形式が最も安全であり、したがって約束手形契約の最も一般的な形式でもあります。通常、約束手形の宣言は、約束手形に署名する人からの書面による声明の形式を取ります。ただし、約束手形の発行者またはその約束手形の保証人と、送金者、つまり約束手形の債権者との間の合意の形をとる場合もあります。

約束手形を受け入れる人が宣言に署名する義務を負わないことが重要です-彼または彼女はそうすることができますが、そうする必要はありません。約束手形契約の締結に関する宣言は、宣言を単に受け入れることによって行われます。しかし、最高裁判所は、2011年2月4日の判決(ファイル参照番号:III CSK 196/10)で、宣言が両当事者によって署名されることに障害はなく、保護するという点で有利であると判断しました。契約内容の信憑性に関する紛争の可能性に対して。

為替手形の金額

理論的な観点からは、債権者が受け取った空白の約束手形に記入できる最大金額を宣言で指定する必要はありませんが、実際にはまったく異なって見えます。 空白の約束手形が有効であるためには、宣言で約束手形を完成させることができる金額の上限を指定する必要はありません。 約束手形契約には、受取人が約束手形を補足できる最大金額に関する規定が含まれている必要があります。これにより、契約の両当事者の利益が最適に保護されます。通常、これは為替手形によって保証された契約から生じる債務の金額です。これは、1964年9月15日の最高裁判所の判決(ファイル参照番号:I CR 103/64)によって確認され、最高裁判所は、空白の約束手形の記入条件に関する合意がない場合、 、保有者は、発行された約束手形を確保するために、債権に対応する任意の金額を記入することができます。

宣言の非常に重要な要素は、約束手形の支払い日を指定することでもあります。これにより、債務者は、約束手形が履行される前に、いつ義務を履行できるかを正確に知ることができます。

約束手形宣言の解釈

約束手形の宣言は、アートに従って、一般原則に基づいた評価と解釈の対象となる契約です。民法の65。裁判所の紛争が発生した場合、裁判所は、当事者の全会一致の意図と約束手形契約の目的を確立する義務があります。私は契約の文字通りの文言に導かれるだけではありません。

これは、約束手形宣言の解釈は、契約の条項を文字通り読むことによってのみ行われるのではないことを意味します。裁判所は、約束手形の証券の発行を取り巻く状況を包括的に理解できるようにするために、当事者の聴聞会から証拠を取得する必要があります。 2006年6月22日の最高裁判所の判決(ref。法:V CSK 70/06)は、当事者の遺言宣言の解釈に関する規則は、提出された遺言宣言の内容を決定するだけでなく、当事者の行動が遺言の宣言を構成するかどうかを決定するためにも適用されるべきであると述べました。当事者の顕著な行動とその文脈を考慮に入れて、意志。

紐を付けずに30日間の無料試用期間を開始してください!

為替責任の請求書

約束手形の宣言は約束手形なしでは存在できませんが、約束手形自体は宣言なしでも有効です。合意の欠如または宣言に違反する約束手形の記入は、約束手形の責任の存在に影響を与えません。さらに、債務者は、合意に反して約束手形を補足したとして債権者を非難する可能性があり、これは約束手形自体の範囲に影響を与える可能性があります。上記の状況を回避するために、約束手形は、発行者によって署名された約束手形宣言とともに注文されます。

約束手形で担保された債務の金額よりも高い金額が空白の約束手形に入力された場合、それに署名した人は、約束手形の内容が約束手形の宣言と一致する範囲で責任を負います。つまり、空白の約束手形は債権者を確保することを目的としていますが、約束手形の金額を請求する可能性を制限するため、債務者(約束手形の発行者)の観点からは約束手形の宣言がより重要です。宣言で指定されています。ただし、締結された合意に反して約束手形が記入されたことの立証責任は、約束手形の債務者の肩にかかっていることを忘れてはなりません。

約束手形申告の取消し・譲渡

原則として、約束手形の発行者は、約束手形の受領者の利益のために付与されたものであるため、約束手形契約に含まれる承認を取り消すことはできません。これは、約束手形の発行者が宣言を変更する自由がないことを意味します。彼はまた約束手形の合意から撤退することはできません。発行者が約束手形債権者に約束手形宣言を終了する宣言を送ったとしても、この宣言は約束手形保有者を拘束するものではありません。

約束手形および付随する約束手形宣言は譲渡される場合があります。約束手形は一種のセキュリティであり、持ち運び可能です。空白の約束手形を受け取った人だけでなく、その後の約束手形の購入者も記入することを許可します。元の約束手形の宣言は、約束手形を譲渡するときに変更できないため、約束手形の後続の各購入者を拘束することに注意してください。

概要

約束手形の宣言は、空白の約束手形の不可分の要素です。ほとんどのコンポーネントにマークを付けずに発行され、通常は発行者の署名のみがあります。そのため、当事者の規定、つまり約束手形宣言の規定に従って記入することが非常に重要です。空白の約束手形は、債権者の利益を確保することを目的としています。債権者はいつでも約束手形に記入し、それに入力された金額を債務者に要求することができます。一方、約束手形の宣言自体が債務者の権利を保護します。これは、約束手形の債務の最大額と、債権者が約束手形に記入する権利を得るまでの期限を定義します。