配偶者の共同財産からの寄付と寄付税?

サービス税

特定の法定条件を満たすと、完全な免税を受けるため、近親者間の寄付は送金の有利な形態です。興味深いのは、配偶者の共同財産からの寄付です。そのような場合、誰が取引の当事者であるか、そしてそれが完全な免税の恩恵を受けるために寄付をどのように提出するかという疑問が生じます。

近親者間の寄付の場合の免税

最初に、どのような条件が満たされているかを説明しましょう。その条件を満たせば、受取人は全免税を利用することができます。まあ、アートによると。 4a段落。相続税および寄付税に関する法律の1、配偶者、子孫、子孫、継子、兄弟、継父および継母による財産または財産権の取得は、次の場合に免税されます。

  1. アートに従って納税義務が発生した日から6か月以内に、財産または財産権の取得を税務署の管轄長に報告します。 6秒1項目2-5、7、8および秒。 2、および相続による取得の場合-第2項の規定に従い、相続の取得を確認する裁判所の判決の検証日から6か月以内。 2と4、および
  2. 寄付または寄付者の注文による取得の対象が現金であり、最後の取得が行われた年の前の5年間に同じ人物から共同で取得された資産の価値が、最近取得した財産および財産権の価値に加えて、アートで指定された金額を超えています。 9秒1ポイント1-領収書を、購入者の支払いアカウント、支払いアカウント以外のアカウント、銀行、貯蓄信用組合、または郵便為替への送金の証明とともに文書化します。

上記を寄付契約に移すことにより、寄付が近親者間で行われ、銀行振込または送金の形で行われた場合、受領者はこの事実を税務署長に報告することを示すことができます。寄付の受領日から6か月以内にSDフォームにオフィスを設置します。-Z2、このような寄付は完全に非課税です。

配偶者の共同財産からの寄付

受け取った寄付の通知を送信する場合は、SD-Z2フォームに寄付者のデータを入力してください。この時点で、多くの納税者は、配偶者の共同財産からお金が送金された場合に、誰がドナーとして参加するかというジレンマに直面しています。そのような場合、2つのSD-Z2通知を提出する必要があるかどうかという問題もありますか?

疑念を払拭するためには、まず夫婦関係を参照する必要があります。アートによると。家族および後見法の31§1では、結婚が完了すると、両方の配偶者または一方の配偶者(共同財産)。法定コミュニティでカバーされていない財産項目は、各配偶者の個人財産に属します。

共有財産の管理方法に関する規定については、アートを参照する必要があります。 KROの36§1-2。ここでは、両方の配偶者が共同財産の管理に協力する義務があり、特に共同財産の状態、共同財産の管理、および共同財産を妨げる義務について。以下の規定が別段の定めをしない限り、各配偶者はそれを独立して管理することができます。管理の行使は、共同財産の保存を目的とした活動を含む、共同財産に属する財産に関連する活動を対象としています。

また、アート。 KROの37は、とりわけ、他の配偶者の同意が必要であると述べています。少額の慣習的な寄付を除いて、共同財産からの寄付。必要な他の配偶者の同意なしに一方の配偶者によって締結された契約の有効性は、他方の配偶者による契約の確認に依存します。相手方は、同意が必要な配偶者に、契約を確認するための適切な制限時間を与えることができます。所定の期間が満了すると、無効になります。他の配偶者の必要な同意なしに行われた一方的な法的行為は無効です。 結婚中に取得した資金は、配偶者の共同財産です。それぞれが独立して寄付をすることができますが、そのような契約の有効性は他の配偶者の同意に依存します。 以上の結果、配偶者の一人のみが寄付契約の当事者である場合に対応することができます。他の人がそのような寄付に同意する場合、契約は有効で有効です。このような状況では、他の配偶者は寄付契約の当事者にはなりません。つまり、SD-Z2アプリケーションでそれを示す必要はありません。

上記は、2017年11月9日、No。0111-KDIB4.4015.158.2017.2.PBの解釈において、国税情報局長によって確認されました。

寄贈されたアパートの所有者が申請者の娘であり、彼女の夫であるという事実は、免税の適用とは無関係です。この状況は、アートに準拠しているため、家族法の分野でのみ効果があります。 37§法の1ポイント4-家族および後見人法(2017年法律ジャーナル、項目682)、少額の慣習的な寄付を除いて、共同財産からの寄付を行うには、他の配偶者の同意が必要です。アートで。上記の37§4法典のうち、立法者は、他の配偶者の必要な同意なしに行われた一方的な法的行為は無効であると決定しました。ただし、議論された条項の§2の結果として、一方の配偶者が他方の同意を必要とせずに締結した契約の有効性は、他方の配偶者による契約の確認に依存します。家族および後見人法の引用された規定は、行為の主題が共同財産である場合、他の配偶者の一方的な行為の有効性を確立するために配偶者の同意が必要であることを示しています。

しかし、この事実から、そのような同意を表明することにより、他の配偶者も寄付契約の当事者となることを推測することはできません。申請書で分析した状況では、寄付者は申請者の娘のみであるため、寄付としてフラットを購入すると課税が免除されます。したがって、申請者はこの口座に相続税や寄付を支払う義務はありません。.
紐を付けずに30日間の無料試用期間を開始してください!

提示された条項の内容をよりよく理解するために、2つの状況を提示しましょう。

例1。

母親は息子と寄付契約を結び、その下で彼女は彼に100,000PLNを与えました。父は彼女に同意した。この場合、寄付契約の当事者は母と息子です。その結果、息子は1つのSD-Z2申請書を提出し、そこで母親と寄付金の全額を寄付者として示します。

例2。

両親は息子と寄付契約を結び、その下で息子に100,000PLNを寄付しました。この状況では、両親と息子の両方が契約の当事者です。その結果、息子は2つのSD-Z2申請書を提出し、それぞれが親の1人を寄付者として示し、それぞれ50,000PLNの寄付を示しています。 寄付契約の内容によって人の範囲が異なり、SD-Z2申請書に寄付者として提示する義務があります。 結論として、配偶者からの寄付が一般的であることは間違いありません。免税を利用するために、受領者はSD-Z2申請書の正しい提出に関連する正式な義務を履行する義務があります。ある場合に誰がドナーであるかを示すために、まず、当事者間で作成された寄付契約の内容を分析する必要があります。